新着記事まとめ一覧

2016.08.29その他ツール活用 credibility-high-questionnaire-660x464

信憑性が高いアンケートとアンケート有効回答率の関係

●信憑性が高いアンケートとアンケート有効回答率の関係 消費者ニーズや市場動向を把握し、効果的なマーケティングを行うためには、顧客の声を聞く必要があります。そのため、各企業はアンケートを実施していますが、結果の信憑性が疑われるような調査では意味がありません。信憑性が高いアンケート結果を得るためには、どのような点に気を付けてアンケートを実施すべきなのでしょうか。今回は、信憑性が高いアンケートとアンケート有効回答率の関係についてご紹介します。

2016.08.29その他ツール活用 phrases-of-questionnaire-1-660x440

よく使われるWebアンケート依頼文・挨拶文の例文集

●よく使われるWebアンケート依頼文・挨拶文の例文集 顧客の満足度や要望を知るためには、アンケートの実施が欠かせません。特にインターネットが普及して以来、Webアンケートを活用するケースが増加しています。 Webアンケートは低コストで素早く実施できるためとても便利です。ただし、訪問や電話などによるアンケートと比べて、回答率が低くなりやすいという問題点もあります。少しでも回答率を上げるためには、アンケート依頼時のメールの書き方にも注意しなければなりません。 そこで今回は、Webアンケートに関する依頼文や挨拶文の書き方のポイントについてご紹介します。

2016.08.29その他ツール活用 questionnaire-aggregation-method-1024x701

分かりやすいアンケート集計方法とは?効果が見えるアンケート集計の仕方

●分かりやすいアンケート集計方法とは?効果が見えるアンケート集計の仕方 通常アンケートの回答形式は、5段階評価、複数回答可、自由記入形式など多岐にわたります。 初めて集計作業をする方はどこから手を付ければ良いのか、呆然としてしまうかもしれません。 そこで今回は、アンケートを分かりやすく集計するための基本的な考え方をご紹介します。

2016.08.29その他ツール活用 asp-type-questionnaire-systems-1-1024x681

クラウドアンケートシステムを比較するときのポイント5つ

●分かりやすいアンケート集計方法とは?効果が見えるアンケート集計の仕方 通常アンケートの回答形式は、5段階評価、複数回答可、自由記入形式など多岐にわたります。 初めて集計作業をする方はどこから手を付ければ良いのか、呆然としてしまうかもしれません。 そこで今回は、アンケートを分かりやすく集計するための基本的な考え方をご紹介します。

2016.08.29その他ツール活用 internet-survey-1-1024x712

紙からWebへ、ネットリサーチ(インターネット調査)のメリット・デメリット

●紙からWebへ、ネットリサーチ(インターネット調査)のメリット・デメリット ネットリサーチは、インターネットを利用した市場調査方法です。 Webリサーチ、インターネット調査とも呼ばれています。それまで、市場調査は紙上に記入するアンケートが一般的でしたが、ネットリサーチに比べると調査対象の人数は限られ、また調査にかかる時間やコストも膨大なものでした。 現在、ネットリサーチの市場は拡大する一方です。今回は、このネットリサーチのメリットとデメリットについてご紹介します。

2016.08.23モチベーション・組織活性化 6631-00068-1

企業ブランドを社内に浸透させるインナーブランディングとは

●企業ブランドを社内に浸透させるインナーブランディングとは 皆さんは「インナーブランディング」をご存じでしょうか。インナーブランディングとは、「企業が企業ブランドの価値やビジョンを従業員に理解させる啓蒙活動」のことです。インナーブランディングにおけるブランドは、バッグや時計などの高級商品ではなく、企業理念やビジョンなどの形のない概念のことを指します。企業理念や会社が目指す姿を従業員に啓蒙する活動が、インナーブランディングです。 近年、インナーブランディングを重要視する動きが高まっています。今回は、企業ブランドを社内に浸透させるインナーブランディングについてご紹介します。

2016.08.23ストレスチェック・コンプラ調査・ハラスメント対策 web-contact-of-internal-reporting-system

内部通報制度などの社内調査の窓口をWebにするべき理由

●内部通報制度などの社内調査の窓口をWebにするべき理由 あなたがもし、社内の法令違反や不正行為を知ったらどうしますか。密告することは後ろめたい、と見なかったふりをすると答える方もいると思います。 しかし万が一、その不正行為が原因で事故が起こったり、行政機関やマスコミなどに知られたりした場合、企業は大きく信用を落とす恐れがあります。そのようなリスクを防ぐためにも、企業は不正をいち早く察知できるような社内調査のシステムを整備しておかなければなりません。 より効果的に社内調査を行うためには、どのようにするべきでしょうか。今回は内部通報制度などの社内調査を効果的に活用する方法についてご紹介します。

2016.08.23ストレスチェック・コンプラ調査・ハラスメント対策 in-house-compliance-education

社内コンプライアンスとは?コンプライアンス教育に使えるWebアンケート

●社内コンプライアンスとは?コンプライアンス教育に使えるWebアンケート 「コンプライアンス」とは、広義には企業が法律や社会の基本ルールに従って活動することを指します。今日では、CSR(企業の社会的責任)とともに非常に重要視されている概念です。 そして社内コンプライアンスとは、企業において全社員が、企業内のルールやリスク回避の規定についてコンプライアンスの意識をもって行動することを指します。 従業員の多い企業では、社内コンプライアンス教育の実施にコストがかかります。今回は社内コンプライアンス教育を進めるための、Webアンケートを利用した効率的なコンプライアンスの実施方法をご紹介します。

2016.08.23その他 6631-00112-1

賃金体系の見直しを!賃金制度の改革ポイント3つ

賃金体系の見直しを!賃金制度の改革ポイント3つ 多くの企業では、日々の業務に追われ、なかなか賃金制度を見直す機会がありません。創立以来、伝統的な賃金制度を維持し続けているという企業も少なくないでしょう。 しかし、賃金は社員のモチベーションにつながる重要なファクターです。賃金制度が現在の会社の実情に合っていない場合、社員のモチベーションが低下し、全体的な仕事の質が下がってしまう可能性もあります。もし、社内でそのような兆候が見られる場合は、賃金体系の見直しを考える必要があるでしょう。ここでは、賃金制度の改革ポイントを3つご紹介します。

2016.08.23その他 6631-00111-1

職能資格制度とは?職能資格制度のメリットと問題点

職能資格制度とは?職能資格制度のメリットと問題点 職能資格制度とは、職務遂行能力によって社員をいくつかの等級に分類し、賃金の管理を行う制度のことです。社員の能力に応じた賃金を支払い、人材を育成することを目的として、広く導入されてきました。 しかし最近では、早い段階で職能資格制度を導入した企業から、現行制度の限界を指摘する声もあがっています。 今回は、職能資格制度のメリットと問題点をまとめてご紹介します。

2016.08.23360度評価 , 人事評価 , 人材育成・能力開発 6631-00110-1

人事評価の面談に役立つ面接官マニュアルの作り方

人事評価の面談に役立つ面接官マニュアルの作り方 管理職に昇進した場合、人事評価の面接官を経験する機会があるでしょう。評価される立場から評価する立場になると、さまざまな迷いや不安が生まれるものです。 落ち着いて面接を行うために、事前に面接官用のマニュアルを作っておくと安心です。 ここでは、人事評価の面談に役立つ面接官マニュアルの作り方をご紹介します。

2016.08.23人事評価 6631-00107-1

年俸制とは?年棒制を導入するときの評価基準の作り方と注意点

年俸制とは?年俸制を導入するときの評価基準の作り方と注意点 ベンチャー企業や成長企業には、給与体系として成果を反映しやすい年俸制を導入している企業が多く存在します。成果に応じた適切な評価に基づき給与を決定することによって、企業としての活性化が期待できます 年俸制を導入するときには、社内の評価基準を確立しておく必要があります。今回は、年俸制を導入する場合の評価基準の作り方と注意点をご紹介します。

2016.08.23その他 6631-00104-1

役割等級制度・職務等級制度を構築するときの基準と事例

役割等級制度・職務等級制度を構築するときの基準と事例 「役割等級制度」「職務等級制度」は、社員一人一人の働きに応じて賃金を決定する等級制度です。職務等級制度の職務とは1人が担当する仕事を対象とした営業職や採用職などを指し、各社員が遂行する仕事のレベルや質により職務給が決定されます。一方役割による格付けが役割等級制度です。同一職務の社員でも担う役割によって役割給は変化します。 今回は役割等級制度・職務等級制度を構築する際の基準と事例についてご紹介します。

2016.08.23360度評価 , 人事評価 , 人材育成・能力開発 6631-00101-4

評価者研修は必要?360度評価の考課者訓練と教育について

評価者研修は必要?360度評価の考課者訓練と教育について 勤続年数や年齢によって評価する年功序列に代わり、現在は実力や成果によって評価する成果主義が浸透しています。人事評価の重要性が以前よりも高まり、多面的に人材を評価できる手法が求めらていることが現状です。そんな現在で注目されている評価方法の1つに、「360度評価」があります。 そこで今回は、360度評価の考課者訓練についてご紹介します。

2016.08.23その他 6631-00113-1

ポイント制退職金制度とは?制度の仕組みと計算方法

ポイント制退職金制度とは?制度の仕組みと計算方法 「年功序列」「終身雇用」を前提にした従来の退職金制度では、退職時に在籍した企業における勤続年数に応じて退職金が増えるシステムでした。しかし、成果主義導入による給与体系や人事評価制度の変化に伴い、新たな退職金制度として「ポイント制退職金制度」を導入する会社が増加しています。 『民間企業におけるポイント制退職金制度の実態に関する調査』(平成26年度内閣官房内閣人事局委託調査)によると、29.4%の企業がポイント退職金制度を採用済みです。 今回はポイント制退職金制度の仕組みと退職金の計算方法についてご説明します。

81件中 61~75件を表示