活用シーン

評価制度の見直し

妥当性と納得性の高い人事評価の構築

01

多面的な評価材料の
収集

一方的に上司が部下の評価をするのではなく、同僚や部下の声も集めることで評価の納得性を高めます。

02

専門スキルに関する行動も
評価

対人関係力、課題解決力をはじめ、専門的な領域についての行動評価も合わせて行えます。

03

フィードバックを繰り返すことで
納得性が高まる

定期的な評価実施とフィードバックを繰り返すことで、本人と他者の認識ギャップが一致し、納得性の高い評価に繋がります。

問題を解決するスマレビサービス