活用シーン

ダイバーシティ対応

日本人社員の外国人材へのフィードバック力を高める

01

外国人材との
共通認識化ツールとして活用

文化的な違いから、認識のギャップが起きやすい外国人材とのフィードバックとして360度評価を活用、改善が必要な行動を知ることができます。

02

外国人材を部下に持つ
マネジメント層の育成

個人のサーベイ結果を比較することで、適正のある人材を発見したり、定期的なチェックでマネジメント方法を見直す機会となります。

問題を解決するスマレビサービス