2016.08.23モチベーション・組織活性化

帰属意識の向上を促す社員エンゲージメントサーベイ調査とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

employee-engagement

「社員エンゲージメント」という言葉をご存じでしょうか。社員エンゲージメントとは、「社員が会社に対して感じている満足度」のことです。社員が自分の会社や仕事に満足感を覚えていれば、会社に対する帰属意識や勤労意欲が保たれ、結果として企業利益にもつながるでしょう。反対に、仕事や上司に対して不満を感じている社員が増加すると、日々の業務効率に支障が出てしまいます。

そのため各企業は、自社が社員と良好な関係性を築けているか定期的に調査を行い、必要に応じて改善策を講じる必要があります。

そこで今回は、社員と会社の理想的な関係を築くためのサーベイ調査である「社員エンゲージメントサーベイ調査」についてご紹介します。

社員エンゲージメントサーベイ調査とは?

社員と会社の関係を良好に保つ施策を考える際は、何よりもまず、現状把握が必要です。素早く情報を収集するために、Webを利用したサーベイ調査を実施すると良いでしょう。

また、ヒアリングするべき具体的な内容については、以下のような項目が挙げられます。

【1】会社に対する「思い」

think-for-company各企業は、組織として一定の目標や理念を持っています。

会社が進もうとしている方向性や、今後どのように業務を拡大していくかという計画に対して、社員がどのように感じているか確認しましょう。会社の方向性に対する共感、理解がない状況では、社員間の帰属意識向上は困難となります。まずは、会社の「思い」と社員の「思い」に溝がないか確認することが必要です。

【2】会社に対する「愛着」

attachment-to-company会社に対する社員の帰属意識は、自社への「愛着」と同義です。自分の仕事に誇りを持っているか、人に自慢できるような職場であるかどうかを確認しましょう。安心して業務を進められる環境こそが、社員エンゲージメントを高めます。

【3】会社に対する「貢献意欲」

contribution-willingness最後に、社員が会社に対し、「自発的に利益をもたらそうとしているか」についても確認する必要があります。いくら「思い」や「愛着」があっても、行動が伴わなければ会社は存続できません。本当の帰属意識は、その会社を存続させたい、拡大させたいという気持ちにつながっていくはずです。各人に社員エンゲージメントに基づいて積極的に行動する意思があるかどうかは、会社の成長力を測るうえで大切な指標となるでしょう。

理想的な職場を創造するためには、ご紹介したような各項目について情報収集を行い、社員エンゲージメント向上に利用する必要があります。

調査結果を分析して、エンゲージメントを向上させるためには何が足りないのか、今後どのような取り組みをする必要があるのか検討しましょう。また、調査・分析を定期的に行う中で方法に改善を加えながら、社員エンゲージメントサーベイそのものの精度を高めていくことも大切です。

おわりに

帰属意識の向上を促す社員エンゲージメントサーベイの重要性や、具体的な調査項目例をご紹介しました。

このような調査は、会社の実態を把握するためにも、社員自身が自分の気持ちを見直す良い機会にもなります。

多様化が進む現代では、仕事に対する考え方も社員によってさまざまです。仕事を通じて社会貢献をしたい、あるいはより自分らしさを表現したいと考える社員も少なくありません。

個々の社員の帰属意識を向上させるための施策について、参考となる材料を調査で収集しましょう。現在主流となっているWebサーベイ調査ならば、大きな時間的・金額的コストをかけずとも調査することが可能です。

社員と会社がお互いを支えるような理想的な環境を実現するためにも、社員エンゲージメントサーベイを実施することをおすすめします。

ASP型360度評価支援システムならスマレビfor360°

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
人事評価ナビ編集部

人事評価ナビ編集部

人事考課の評価基準や人事面談や多角的な360度評価など、人事評価に関するお役立ち情報を発信しています。