資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

人事評価に対する不満の解決方法とは?良い制度を活用し解決しよう

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビ for 360°」の詳細はこちら

「人事評価に不満を持つ社員が多い。どのようにすれば改善できるのだろうか」
「人事評価に関する不満を減らす方法について知りたい」
と気になっていませんか。
人事評価への不満を減らすためには、不満の根本的な原因を知り改善する必要性があります。
なぜなら、制度への不満と、評価者への不満どちらなのかをはっきりさせないと有効な対策が難しいためです。
また、評価制度はどのような制度を導入しても最終的には全員が納得する制度を作ることは難しいです。
この記事を読めば、人事評価制度への不満を解消する方法について理解することができます。
人事評価への不満を解消したいと悩んでいる方はぜひ、最後まで読んでいって下さい。

人事評価への不満が発生する原因は主に2つある

「人事評価への不満といっても、そもそもどのような部分が問題なのだろうか」
と気になりませんか。
人事評価への不満が発生する原因には、以下の2つがあります。
・人事評価制度そのものへの不満
・人事評価を行う上司などの評価者への不満
それぞれについて解説します。

人事評価制度そのものへの不満

人事評価制度への不満は、人事評価制度そのものへの不満があります。
例えば、年功序列の制度などはいまや過去の制度であり、若手が不満を抱いてしまう制度となっています。
しかし、一方で日本は労働基準法が厳しくこれまで待遇をアップさせてきた待遇を下げることは社員の同意なくしてほぼ不可能です。
つまり、制度を変えてもこれまで年功序列でアップしてきた賃金を下げることはできず、実力主義の制度に変えてもこれまでの待遇は引き継がれます。
制度そのものを完全に変えても過去の待遇を引きずるため、改革が難しいでしょう。

人事評価を行う上司などの評価者への不満

人事評価への不満が起こる原因には、人事評価を行う上司などの評価者への不満があります。
評価をする人と評価をされている人との間に信頼関係がないと不満が募りやすくなります。
評価をする人が積極的にフィードバックをすることで不満が解消される傾向にあります。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

人事評価への不満要因5つ

「人事評価への不満要因はどのようなものがあるのだろうか」と気になりませんか。
人事評価への不満要因として、以下の5つがあります。
・評価制度そのものが古い
・評価制度が自社の業務と相性が悪い
・評価者が信頼されていない
・成果と評価がリンクしていない
・評価されても給与など待遇が上がらない
それぞれについて解説します。

評価制度そのものが古い

人事評価への不満として、評価制度そのものが古いことがあります。
新しい人事評価制度を導入しなければ、時代についていけず、社員の信頼を得られません。
積極的に新しい評価制度を導入することが重要でしょう。

評価制度が自社の業務と相性が悪い

評価制度が自社の業務と相性が悪いと、不満が大きくなることがあります。
なぜなら、企業の実態と合わない制度では評価をすることが難しいためです。
営業職主体の会社であるにも関わらず、事務ばかりが優遇されるような制度では不満が大きくなります。
自社に合った制度を導入することが重要です。

評価者が信頼されていない

評価者が信頼されていない場合、評価制度への不満が大きくなります。
評価者が信頼されていなければ、評価された側は必ず不満を残すためです。
評価をする従業員は、評価される従業員に信頼を得ている必要性があります。

成果と評価がリンクしていない

成果と評価がリンクしていない場合、人事評価への不満は募ることになります。
なぜなら、努力して成果を出しても評価されていないと感じるためです。
金銭的な部分だけではなく昇進の可否などにおいては成果を正しく評価する必要性があります。
成果と評価はある程度の相関性を付けた方が良いでしょう。

評価されても給与など待遇が上がらない

評価されても給与などの待遇が上がらないケースでは、評価制度への不満が募ることになりがちです。
なぜなら、評価されても金銭面が改善されなければ、自分の評価が高いことが体感できない従業員も存在するためです。
従業員の成果次第では金銭面の待遇改善などを考えることが重要です。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

人事評価を行う目的

「人事評価を行う目的は何なのだろうか」と気になりませんか。
人事評価を行う目的として、以下の目的があります。
・会社の業績アップ
・従業員のモチベーションアップ
それぞれについて解説します。

会社の業績アップ

人事評価を行う目的は、会社の業績アップです。
なぜなら、人事評価を行うことで社員がしっかりと目標をもって働くことにつながるためです。
目標をもって社員が働き達成することで会社の業績が上向きます。

従業員のモチベーションアップ

人事評価を行う目的は、従業員のモチベーションアップです。
人事評価を通して社員のモチベーションを高め、会社全体を活性化することが重要なためです。
社員のモチベーションがアップすれば様々な経営課題をクリアすることが可能です。
従業員のモチベーションを上げることが人事評価の目的です。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

時代に合った評価を取り入れる方法

人事評価への不満を解消するためには、時代に合った評価を取り入れる方法があります。
なぜなら、時代に合った評価制度を導入することで会社内のマンネリ感を取り除き風通しの良い社風を築けるためです。
例えば、360度評価を導入し、フィードバック中心かつ透明感のある評価制度を入れるといった方法があります。
360度評価はフィードバック中心の評価制度のため、不満があれば、評価に対する不満なども理解できます。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

評価への不満を放置するリスク

「評価への不満を放置するリスクにはどんなものがあるのだろうか」と気になりませんか。
評価への不満を放置するリスクとして、以下のリスクがあります。
・社員が転職を選び退職していく
・評価が不当であると訴訟を起こされる
それぞれについて解説します。

社員が転職を選び退職していく

評価への不満を放置してしまうと、社員が転職を選び退職していくリスクがあります
なぜなら、終身雇用が崩壊し、転職をすることが前提の社会となりつつあるためです。
自分を高く評価してくれない、もしくは適正に評価してくれない会社からは転職をして見切りをつけようと考える社員が増えています。
評価制度への不満はそのまま社員の定着率の低下へとつながります。

評価が不当であると訴訟を起こされる

評価制度が機能不全なまま放置すると、不利な評価を下されたと感じる社員に訴訟を起こされる可能性があります
なぜなら、社員にとって評価は会社員人生を左右する一生の問題となるためです。
社員が不当な評価をされていると感じる場合、転職するよりも訴訟を検討する可能性があります。
仮に民事訴訟を提議されると、イメージダウンなど大きな代償を会社は支払うことになります。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、人事評価への不満を解消する方法について解説させていただきました。
人事評価への不満には制度そのものに対する不満と、評価者への不満があります
また、要因
・評価制度が自社の業務と相性が悪い
・評価者が信頼されていない
・成果と評価がリンクしていない
・評価されても給与など待遇が上がらない
360度評価など新しい人事評価制度を取り入れ、社員の不満を解消しましょう。


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。