資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

学習性無力感とは?問題点・克服方法・注意点

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

学習性無力感に陥っている社員がいると、個人のパフォーマンスが下がるだけではなく、周囲にも悪影響を与えます。また、そのような事態を放置することで、より事態が悪化する可能性がある点も問題です。
学習性無力感とはどのようなものか、問題点や克服方法、注意するべき点について解説します。学習性無力感の問題にお悩みであれば、ぜひ最後までご確認ください。

学習性無力感とは

学習性無力感は、マーチン・セリグマンが1967年発表した心理学理論で、抵抗や回避ができず、ストレスが大きい環境に長い間い続けた結果、不快な状況から脱却する行動ができなくなる状態です。
このような状態にあると、自発的な行動をしにくくなり、嫌な状況があっても無抵抗に受け入れてしまうようになります。
動物実験によっても証明されており、学習性無力感は生物一般に当てはまる状態だといえます。「ただの気持ちの持ちようだ」などと決めつけて対応してしまうと、より深刻な問題に発展しかねません。
どのような状態でなぜ起きるのか、そのメカニズムと対処法を知っておくことが大切です。

学習性無力感の実験

学習性無力感は動物実験も行われています。2匹の犬に電流を流し、片方にはスイッチで電流が止まるように、もう片方は何をしても止まらないような状態にして実験をしました。この実験の結果、後者の犬は何をしても抵抗せずの状態になりました。
それに加え、この後者の犬を柵を超えるだけで電流から逃れられる部屋に移したところ、後者の犬は簡単に飛び越えられるのに、飛び越えなくなったそうです。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

学習性無力感の問題点

学習性無力感を感じている状態は、仕事にもマイナスの影響を及ぼします。具体的には、以下の問題点が起きるでしょう。
・モチベーションが下がる
・自発的に動かなくなる
・周囲にもマイナス影響を起こす
・精神疾患の原因になる
次で具体的な問題点を解説します。

モチベーションが下がる

学習性無力感を感じている人はモチベーションが常に低い状態になります。ちょっとした課題に対しても「自分にはできない」と感じてしまいがちで、挑戦するのを躊躇しがちです。そのため、学習性無力感を感じている人の、仕事の生産性が低くなることが多いでしょう。

自発的に動かなくなる

学習性無力感の問題点は自発的に行動しなくなることです。自分がやることが失敗するという前提から始まっており、ちょっとしたことであっても、指示を出されなければ動かなくなります。

周囲にもマイナス影響を起こす

学習性無力感は周囲にもマイナスの影響を引き起こします。学習性無力感を感じている人は発言にもネガティブなものが多く、周囲の雰囲気にも悪い影響を与えます。その結果、パフォーマンスが落ち、新しい挑戦などもされなくなるでしょう。
特に管理職の人が学習性無力感を感じている場合、その組織全体が学習性無力感を抱えてしまう可能性もあります。
個人や会社のマインドセットについてはこちらの記事もご覧ください。

参照:マインドセットを変えてモチベーションアップ?企業のアプローチ方法や注意点

精神疾患の原因になる

学習性無力感は、精神疾患の原因にもなります。学習性無力感を感じる人が現在もストレスを感じるような状況にいることがあるためです。
精神疾患にかかってしまうと、長期間の休暇が必要になる可能性もあり、より回復に時間を必要としてしまいます。そのため、事態が深刻化する前に対処することが大切です。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

学習性無力感を感じる原因

学習性無力感に陥るのはいくつかの原因が考えられます。具体例としては以下の通りです。
・継続して否定され続ける
・行動の成果を実感できない体験が多い
・モラハラ・パワハラが多い環境
・学習性無力感に陥りやすい人もいる
次で詳しく解説します。

継続して否定され続ける

継続して否定され続ける環境にいる人は、学習性無力感に陥りやすくなります。仕事であれば何か新しいことを提案した際に、否定されるというケースがあります。
1回や2回であれば大きな影響はありません。また、フィードバックをしている状態であれば、「また改善して頑張ろう」と思えるでしょう。しかし、日常的に否定され続けるような場合、「どうせ何をしても批判されて終わる」と社員が思いはじめると、学習性無力感を感じるようになる可能性があります。

行動の成果を実感できない体験が多い

その人にとって、行動の成果を実感できないような体験が多い場合、学習性無力感を感じる原因になります。たとえば、資格の勉強をしたが、不合格で落ちてしまった、勉強したのに成績が上がらなかったという場合です。
この場合、そのような失敗があったことが問題ではなく、その失敗に対して、「頑張っても成果が出ない」と感じてしまうと学習性無力感に感じやすくなります。

モラハラ・パワハラが多い環境

モラハラやパワハラが多い場合、学習性無力感を感じる可能性があります。特に会社の職場でそのような事態がある場合、日常的にストレスを感じることになるため、その影響は小さくありません。
ストレスを感じる状況にずっと晒されていた結果、学習性無力感を感じることがあります。

学習性無力感に陥りやすい人もいる

学習性無力感を感じやすい性格の人もいます。学習性無力感を感じるかどうかは、失敗の数や内容が問題になるのではなく、その失敗をどのように受け取るかが影響します。
自分を責めてしまうような人の場合、失敗に対してネガティブな認識を持ちやすく、学習性無力感に陥りやすいです。また、完璧主義の人もちょっとしたことを失敗と認識し、学習性無力感を感じることがあります。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

学習性無力感の克服方法

学習性無力感の状態を放置すると、精神疾患に発展することもあり、どんどん状況が悪くなります。そのため、大きな問題になる前の対処が大切です。具体的には以下の方法があります。
・小さな成功体験を積み重ねる
・失敗の捉え方を変える
・コミュニケーションの機会を増やす
次で加しく解説します。

小さな成功体験を積み重ねる

学習性無力感の克服は小さな成功体験を積み重ねてもらうことが効果的です。学習性無力感に陥っている人に大きな成功体験をさせようとすると、失敗の可能性が高く、逆効果になります。行動に対するモチベーションが低いため、失敗の可能性も高いでしょう。
そのため、小さな成功体験を少しずつ積んでもらうことが大切です。成功体験や役に立てたという経験を踏んでいくことで、徐々に学習性無力感を克服できます。

失敗の捉え方を変える

学習性無力感の克服には、失敗の捉え方が関わっているため、失敗の捉え方を変えることも効果的です。本人が失敗だと思っていても、周囲からみると大きな失敗でないケースや、本人が成果を十分に認識できていない場合もあります。
たとえば完璧主義の人の場合であれば、周りの人が気にしていないような問題でも失敗と認識している可能性があります。また、自分ではどうしようもできない問題に落ち込んでいることもあるでしょう。そのような認識のズレに気づいたら、優しく伝えてみることも効果的です。

コミュニケーションの機会を増やす

学習性無力感に陥っている人に対して、積極的にコミュニケーションをとることが大切です。その際には、意識的にポジティブな声かけを行い、ささいなことでも、意識して褒めるようにしましょう。
ただし、何の根拠もなく褒めるのは逆効果になる可能性もあります。きちんとその人の行動や内面の動きを見た上で、褒めることが大切です。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

学習性無力感克服のための注意点

学習性無力感の克服は時間がかかり、対応が不適切だと逆効果になることもあります。ここでは学習性無力感を克服してもらうために注意するべき点を解説します。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

継続的な取り組みが重要

学習性無力感の克服はいきなりできるものではなく、継続的な取り組みが必要です。学習性無力感に陥っている人は、ちょっとした挑戦にも負担を感じることがあります。
そのため、大きな成功体験を積むことは難しく、少しずつの積み重ねが大切です。今できていることからほんの少しハードルを上げ、徐々にハードルをいくとよいでしょう。
時間がかかってしまいますが、急かしてしまうと、責任を感じ、逆効果になることもあります。そのため、長い目で見守る姿勢が大切です。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

適切にフォローとフィードバックをする

学習性無力感の克服には、周囲からのフォローやフィードバックが効果的です。学習性無力感に陥っている人は、ちょっとした失敗をクヨクヨしてしまう、自分でどうにもできないことを悩んでいるなど、周囲の認識と自分の認識がずれていることがあります。
第三者からのフィードバックを行うことで、自分の認識と周囲の評価が違うことに気がつけば、学習性無力感の克服につながっていきます。この場合はできるだけ多くの人からフィードバックをもらえるとより効果的です。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

まとめ

学習性無力感は個人の成長を妨げるだけではなく、周囲にも影響を与えてしまいます。また、放置しておくと、精神疾患の原因になる可能性もあるため、早い段階で気づき対処することが大切です。

会社で学習性無力感の問題にお悩みであれば、360度調査もお試しください。360度評価はある人に対して、上司や同僚など複数人からフィードバックをもらう調査方法です。客観的な評価を得られることで、学習性無力感を克服するきっかけになる、または学習性無力感に陥っている人をいち早く発見することにも役立ちます。

こちらの関連記事もご参照ください。
参考:360度評価とは?多面評価を採用するメリットとデメリット


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。