資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

組織マネジメントとは?会社全体の業務効率が上げていく実践のポイントを解説

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

組織マネジメントとは何なのだろうか」
組織マネジメントとはどのようにすれば良いのだろうか」
と気になりませんか。
組織マネジメントとは会社全体の業務が円滑に流れ、業務運営を効率的に運営する方法論のことを指します。
組織マネジメントがしっかりと行えると会社全体の業務効率が上がります。
この記事を読めば、組織マネジメントについて理解することができます。
組織マネジメントについて気になっている方はぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

組織マネジメントとは

組織マネジメントとは会社組織を円滑に運営していくために以下の5つを管理することを指します。
・ヒト
・モノ
・カネ
・情報
・時間
上記の中でも最も重要な経営資源であるヒトのマネジメントを行うことは最重要課題であると言えます。
組織マネジメントをしっかりと行うことによってより良い組織体制を実現することができます。
特にヒトに関するマネジメントが最も難しいため、ヒトに関するマネジメントを徹底して行うことは最重要課題となります。
組織全体で利益をしっかりと上げられるように組織マネジメントを行いましょう。
また、昨今では同一労働同一賃金など、ヒトという経営資源に関しては大きな法改正も起こっています。
参考:株式会社しごとウェブ 同一労働同一賃金により派遣社員の影響はどうなる?人事がわかりやすく解説

派遣社員や非正規社員に関しても正社員と同じ仕事をしていると裁判等で判断されてしまうと当初の計画よりも人件費が大きくなる可能性もあります。
ヒトに関するマネジメントは重要性を持ちます。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

組織マネジメントで達成すべき目的とは

組織マネジメントで達成すべき目的とは、組織として掲げている経営目標を達成することです。
経営目標を達成するために組織マネジメントで経営資源を管理し続けて、会社としてなすべきことを達成していきます。
また、目標を達成すればそれで終わりではなくさらに改善点を見つけたら積極的に改善しもっと大きな目標を達成していくためにマネジメントの在り方を見直します。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

組織マネジメントが重要視される社会的背景

組織マネジメントが重要視されるようになった社会的な背景として、グローバル化や少子高齢化社会などより柔軟に資源管理を行う必要性が出てきました。
そのため組織マネジメントそのものは部署の仕事量に合わせた適切な人員配置など、全く新しい考え方ではありません。
しかし、グローバル化に伴い会社全体での適正な人員配置の重要性が上がったことや少子高齢化で労働力獲得が難しくなっていく状況下において組織マネジメントが適正になされていなければ企業は苦しくなっていきます。
組織マネジメントを適切に行い良い企業運営を達成する必要性があります。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

組織マネジメントではフレームワークが重要

組織マネジメントにおいては、フレームワークを行うことが非常に重要です。
なぜなら、フレームワークがなければ適切な組織運営が難しくなる可能性があるためです。
・どのような組織運営が理想的なのか
・どのような組織にしたいのか
上記のような理念が必要であり、理念をベースとして組織運営体制などを構築していく必要性があります。
また、経営理念をベースにおき具体化するために以下のようなフレームワークを考えておくことも重要です。
・そもそも会社全体で業務に必要な人員は何名なのか。人員表などの人員数は適切に管理されておりどの部署に何名の正社員・パート・派遣社員がいるか把握できているのか
・業務量は現在、どの程度なのか。売上高などは増進しているのか。今後成長見込みなのか
・海外支社の人員などは適切に把握できているのかどうか
特に海外支社採用に関しては本社人事部門が決裁権を保有しておらず各海外支社の支社長が採用決裁権を持っている企業もあります。
理念を固めたら足元を固めるために適切な資源管理をできる体制が整っているかどうかを見直しましょう。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

組織マネジメントの研修事例

「組織マネジメントを行っている企業にはどんな企業があるの」と気になりませんか。
組織マネジメントを行っている企業として、以下の企業があります。
・花王
・富士ゼロックス
それぞれについて解説します。

花王

花王は組織マネジメントの一環としてOKRを導入したとのことです。

参考:花王

OKRを導入し、社員がやりたい仕事を積極的に行えるような組織を開発するとのことです。
旧来は業績連動のMBO型の評価制度の先駆者でしたがOKRを導入し、組織全体を活性化させるとのことです。
利益成長を目指しながらも社員がワクワクして活気のある職場を目指すとのことです。

富士ゼロックス

富士ゼロックス株式会社はお客様の経営課題を解決するため、品質・情報・セキュリティシステムの一体化を進めるとのことです。

お客様の課題解決に貢献するために、システムを統合してマネジメントしやすい体制をとることでより経営力が強化される可能性があります。
お客様のために努力する姿勢が素晴らしいです。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

360度評価で組織マネジメント活性化

360度評価で組織マネジメント活性化を狙いましょう。
360度評価は上司部下共にお互いを評価しあうシステムになっているため、情報共有が活発化しやすくなるためです。
お互いに良い評価を得るために積極的に意見を出し合うことに期待が持てます。
また、360度評価を行うことで組織全体が活発化するため健全で働きやすい組織を目指すことが可能です。
360度評価で組織マネジメントを円滑にしましょう。

360度評価につきましては、下記の記事をご参照ください。
参考:360度評価とは?多面評価を採用するメリットとデメリット

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、組織マネジメントについて解説させていただきました。
組織マネジメントとは、経営資源を効率よく運用することによって最大の利益を得るために重要な仕事です。
重要な経営資源とは以下の5つを指します。
・ヒト
・モノ
・カネ
・情報
・時間
特に本文中でも解説させていただきましたが、組織マネジメントを行うにあたっては、どのような組織にしたいのかなど理念から考えフレームワークを行う必要性があります。
特にどれだけの人員が必要なのかなどの状況把握は必須です。
適切な人員把握を行うためには決済手段の見直しなども必要なためです。
海外支社長と国内人事部で採用決済が分裂していると、どこに何名の社員がいるのかを把握しにくくなることもあります。
最初にフレームワークを行い、人員計画などを見直すようにしましょう。
また、業務量の予測も重要です。
今後売り上げ増加が見込まれないのに人員を増やしてしまうと固定費が増加してしまうことにもつながっていきます。
業務量の予測など様々なデータを用いて組織のあるべき姿を考え抜き、組織マネジメントを行うようにしましょう。


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。