2016.08.23360度評価 , 人事制度・評価

360度評価で部下が上司を評価するときのポイント5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6631-00072-1

360度評価とは、直属の上司からだけではなく、同僚、部下、取引先などからも評価を受ける多面的な人材評価方法です。従来の評価方法では、直属の上司のみが部下を評価していました。しかし、上司とはいえ、部下のすべてのスキルやパフォーマンスを把握しているわけではありません。また、1人の人間の評価では評価の傾向に偏りが生じます。できるだけ多くの目線から意見を集めて正確な評価を下すことが、360度評価の目的です。

しかし、実際に自分が360度評価の評価者になり、部下として上司を評価する際に戸惑う方もいるかもしれません。これまで業務上で人の「評価」をしたことがない方であれば、なおさらです。今回は、360度評価で部下が上司を評価するときのポイント5つをご紹介します。

【1】目標設定・達成

6631-00072-2規模の大小に関わらず、組織には「目標」があるべきです。目標は「売上額」や「スキルアップ」かもしれません。内容に関わらず、組織の「目標」を部下たちに認識させ、達成するために必要な行動を考えさせることは上司の大事な役目です。

まずは、自分の上司から「目標」を聞かされているか、その目標の達成に向けての道筋を示してもらっているかをチェックしましょう。

【2】人材育成・評価

6631-00072-3部下を育成することは上司の大切な業務です。上司が自分たちの業務スキルの向上や、能力開発の機会を設けてくれているかどうかもチェックポイントになります。

また、部下に対して適切な評価を行っているかどうかも重要なポイントです。日ごろ自分たちが明確な判断基準で評価されているか、評価の基準を明示してくれているかどうかを考えましょう。

【3】タスク管理

6631-00072-4組織にはさまざまな担当業務があります。上司が業務の分担やスケジュールをうまく管理できているか、効率化の取り組みをしているかどうかをチェックしましょう。

例えば、一部の人だけ業務の負荷が大きく、毎日残業していることはないでしょうか。組織の人間に適切に業務を割り振れているかどうかも評価のポイントです。

【4】組織内外の調整

組織の内部では、良い雰囲気作りをしてくれているか、みんなのモチベーションが上がるように気を配ってくれているかどうかがチェックポイントとして挙げられます。また、他の部署との調整をうまく行い、自分たちの業務がスムーズに進むよう取り計らってくれているかという点も重要です。組織の内外で、上司がコミュニケーション能力を発揮しているかどうか観察しましょう。

【5】傾聴・伝達

人の話を聞くことも上司に求められるマネージメントスキルの1つです。きちんと部下の話を聞こうとしているか、内容や問題点を理解しようとしてくれているかどうかをよく考えましょう。また、部下によって態度を変えていないか、話を聞く際に偏見を持っていないか、という点も重要です。スキルと同時に、伝達するスキルも上司には求められています。必要な情報をきちんと話してくれているか、業務上の指示を的確に伝えてくれているか、よく思い返してください。

おわりに

360度評価の「評価」は、「点数を付ける」意味ではありません。むしろ「周りの人の認識を知らせる」という意味合いがあります。部下が上司を評価することは難しいと考えがちですが、評価のポイントを明確にすれば、身構えることはありません。ポイントに沿って素直な意見、素直な認識を提示しましょう。

また、上司に限らず、人を評価することは自分自身を見つめ直す契機にもなります。上司への評価を通じて、マネージメントとはどうあるべきかと考たり、自分だったらどうするだろうと考えたりする良い機会です。

ASP型360度評価支援システムならスマレビfor360°

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
人事評価ナビ編集部

人事評価ナビ編集部

人事考課の評価基準や人事面談や多角的な360度評価など、人事評価に関するお役立ち情報を発信しています。