2016.08.22その他

仕事のモチベーションを上げる会社のユニークな社内表彰制度4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6631-00103-1

業績アップを実現させるためには、社員のモチベーションを高めることが重要です。モチベーションを上げる取り組みとして、ユニークな社内表彰制度を導入している企業もあります。社内表彰制度を導入することにより、社員のやる気が上がり、社内が活性化するでしょう。

そこで今回は、モチベーションアップにつながるユニークな社内表彰制度についてご紹介します。営業成績や貢献度に応じる表彰だけではない、一風変わった社内表彰制度ばかりです。

【事例1】「大失敗賞」太陽パーツ株式会社

6631-00103-2「大失敗賞」は太陽パーツ株式会社で導入されている、仕事で大きな失敗をしてしまった社員を表彰するユニークな制度です。

受賞者には金一封と賞状が贈られます。失敗を恐れてなかなか積極的に動けない方も、このような制度があれば難しいことにも自分から手を挙げチャレンジできるのではないでしょうか。

「失敗は成功のもと」と言いますが、失敗をネガティブにとらえず、次に生かそうとする会社の前向きな考え方がこの制度に表れています。

【事例2】「セクシー賞」スターフェスティバル株式会社

6631-00103-3スターフェスティバル株式会社の「セクシー賞」毎月頑張ったスタッフをたたえて贈られる賞です。スタッフの投票により受賞者を選びます。

例えば、仕事に対する姿勢が素敵な社員や周囲のスタッフに良い影響を与えた社員に対し、理由を添えて投票する社内表彰制度です。

また、セクシー賞に選ばれた社員の中から1名に「プラチナ・セクシー賞」が与えられます。「プラチナ・セクシー賞」を受賞した社員は仕事中に高級ラグジュアリーチェアーに座れたり、有料ドリンクが無料になったりするなどのメリットがあります。

全スタッフによる投票制のため、選ばれた喜びはひとしおです。周囲から「頑張っている」と認めてもらうことがモチベーションアップにつながります。

【事例3】「サイコロ残念賞」株式会社カヤック

6631-00103-4株式会社カヤックは社員が毎月給料日前にサイコロを振り、出た目によって給料が変わるユニークなシステムを1998年の創業当時から実施しています。

「サイコロ給」と呼ばれるこの制度は「基本給×サイコロの出た目%」が給与にプラスされる仕組みです。1年間で最もサイコロの目のアベレージが低い社員には「サイコロ残念賞」が贈られます。

上司の評価で決定される給料は、上司のその時の気持ち次第で変化する可能性もあります。そのため、給料にふれ幅を持たせようと生まれた制度が「サイコロ給制度」です。

これまではサイコロを振った社員が出目を入力していましたが、2014年5月からデジタル化されました。カードリーダーに社員証をかざしてセンサー内蔵のサイコロを振ると、出目が自動で記録されます。

【事例4】「ホメホメメール」小林製薬株式会社

自分の仕事を評価して欲しいという社員の欲求に応えることは、社員のモチベーションアップにつながります。1996年から実施されている小林製薬株式会社の「ホメホメメール」は、業績アップに尽力し会社に貢献した社員や新しい取り組みを実行して成果を上げた社員に、社長から仕事ぶりをたたえるメールが届く制度です。

ある日突然社長からメールが届くため、送られた社員は驚くと同時に「社長は自分のことを見てくれていたんだ」と感激する社員が多いようです。ホメホメメールが届いた社員には「ホメホメプレート」と呼ばれる盾が贈られます。

おわりに

今回はユニークな社内表彰制度を設けている企業をご紹介しました。どの企業の社内表彰制度も社員のモチベーションアップアップのための工夫が凝らされています。

社員の仕事に対する高い意欲は、企業が存続・発展するための大きな原動力です。会社に貢献してくれた社員をたたえる社内文化を定着させることにより、社員の仕事に対する意識は良い方向へと変わっていくのではないでしょうか。

ASP型360度評価支援システムならスマレビfor360°

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
人事評価ナビ編集部

人事評価ナビ編集部

人事考課の評価基準や人事面談や多角的な360度評価など、人事評価に関するお役立ち情報を発信しています。