2020.03.24海外HR情報

人と仕事が作るエコシステムが、People Matters TechHRに集合!

People Matters TechHR

シンガポール – アジア最大のHRテックとワークテックの会議であるPeople Matters TechHR が、シンガポールに帰ってきました。2度目となる今回は、2020年2月19日から21日まで、マリーナベイ・サンズのコンベンションセンターで開催されます。

People Matters TechHRカンファレンスは、40か国以上から3,000人以上の参加者、200以上の技術パートナー、60以上のスタートアップ、50人以上の投資家、100人以上の講演者をお迎えします。この3日間は、基調講演、著名人を交えたパネルディスカッション、マスタークラス、認定ワークショップ、スタディツアーを通じて、全くユニークな、集中的かつ革新的な学習とネットワーク体験とが提供されます。

またPeople Matters TechHRアイデア・フォー・ザ・フューチャーは、People Mattersスタートアップ・プログラムに参加している世界中の200を超える技術製品パートナーと、50以上のキュレーションされたスタートアップとが参加する、東南アジア最大のHRテックおよびワークテック専門の展示会となるでしょう。

今年の会議のテーマについて、最高経営責任者兼編集長のエステル・マルティネスは次のように述べています。「現代における人材変革の旅は、改善だけでなく、事業の運営方法、仕事の進め方、顧客と従業員に対してシームレスな体験を提供する方法を一から考え直すという状況にあります。

変革を成功させるには、これまで以上に、目的、集中、創造性、規律が不可欠となってきます。People Matters TechHR 2020のテーマである『全てはデザインによる – デザインによるデジタル、デザインによる経験、そしてデザインによる影響』の基礎を作っているのは、この哲学です。」

People Matters TechHRは、出席者が人々の機能におけるデジタルとテクノロジーの変革から生まれる新たな価値観を最大限に活用できるように企画されています。

People Matters TechHRシンガポール2020では、次の点に期待してください

人材とテクノロジーの世界で活躍するトップの意見

People Matters TechHRは、常に世界中からトップクラスの講演者を招いています。今年も次にご紹介する素晴らしい講演者の皆さんから、人と仕事の分野における現在の課題や将来の傾向に関する業界の最新の洞察を提供します:

Casey Kozyrkov氏(GoogleCloud 最高意思決定科学者)

Casey Swails氏(NASA(米国航空宇宙局) エグゼクティブサービス担当ディレクター)
Sola Osinoiki(ASEANアクセンチュア マネージングディレクター兼人事部長)
Jason Averbook(LeapGen CEO&共同設立者)
Luigi Maria Fierro(ING HR戦略&変革グローバル部長)
Nora Manaf(メイバンク グループ最高人事責任者)
Nadiah Tan Abdullah(SPセティア 最高人事責任者)
Ferran Raurich(シュナイダーエレクトリック 人事担当上級副社長)
David Green(Insight222のピープルアナリティクスプログラム マネージングディレクター)ほか多数が登壇。

仕事に関する世界中のコミュニティが集合

世界中の人事、デジタル、その他の専門機関、大手多国籍企業、新興のHRテックやワークテックのスタートアップが一堂に会して、People Matters TechHRとの提携により、コミュニティ全体に対して素晴らしい学習体験を創出します。People Matters TechHRシンガポールは、IHRP、HCLI、SHRI、日本HRソサエティ、EuroCham Vietnamなどのパートナーとともに、世界の仕事に関するコミュニティ全体が集合する場所です。

認定ワークショップ

2020年2月19日水曜日には、このイベントで特に著名な講演者数名による、一線級の認定ワークショップが終日行われます。没入型学習セッションは、データ分析、デジタル従業員体験の構築、デザイン思考、人事変革におけるAIの活用に基づいて実施されます。参加者は、Constellation Researchの副社長兼主席アナリストであるHogan Mueller氏、Recruitingdaily.comの社長であるWilliam Tincup氏、3MのKevin Gilboe氏などのリーダーから、これらの新しいテーマに関する知識を得られるでしょう。

スタディツアー

People Mattersは、特に人気が高かったPeople Mattersスタディツアーを、2020年2月21日に再開する予定です。ツアーには、OCBC、SUTD、Wildlife Reserves Singapore、INSEAD、Boeing、GEなど、シンガポールで最も活動的かつ進歩的な企業の多くが参加しています。ディスカッションを促すために企画された今回の訪問では体験型のグループ円卓会議が開かれ、対話、観察、ネットワーキングを行うことができます。

TechHRナイトフェスト

People Matters TechHRは、シンガポールを象徴する都市の中心部であるクラブ・ストリートでのネットワーキングや、娯楽や、パブ巡りなど、学習に明け暮れた参加者がリラックスできるユニークな体験も用意しています! 
People Matters TechHRは、CEO、CHRO、CIO、ビジネス部門長、デジタル部門長などにとって重要な学習ニーズを取り上げることで、これらのステークホルダーそれぞれが答えになることができるように企画されています。継続的な生涯学習がビジネスの差別化のための重要な要因になった時、経営幹部は、急速な変化に対処して、効果的に戦略を立てていかなければなりません。そのようなものを、TechHRのような経験を通じて手に入れてください。

People Mattersとは

People Mattersは、地域全体で30万人以上のメンバーが参加している、アジアで急成長している人と仕事のためのコミュニティです。People Matters TechHRは知名度も評価も高く、仕事とテクノロジーとの交差点における現在のトレンドの概要に関しては、他の追随を許しません。People Matters TechHRはこれまでにインドとシンガポールの両方で開催されており、世界中のリーダーが参加して、アジアで特に進んだ人材慣行、スタートアップ、トップクラスのHRテックおよびワークテック製品に関する内部からの見方を身につけています。People Matters TechHRは3日間にわたって開催され、ユニークな体験と、デザインによって完全に実現された目的重視の旅をお約束します。

→原文はこちら