2020.03.05海外HR情報

TechHRスタートアップ・プログラム 2020 in シンガポール:HRテックのスタートアップを対象に開催

o1_1

主要投資家との1対1のセッションから3,000人を超える人材とビジネスリーダー向けの製品展示まで、People Matters主催のTechHRスタートアップ・プログラム 2020では、世界中のHRテックやワークテックのスタートアップを次の資金調達ラウンドから、さらなる成功への早道に導くさまざまな機会を提供します。

Sierra Cedar社による『2018–19年度HRシステム調査』第21版には、アジア太平洋地域に拠点を置く組織の70%以上がHRテックへの支出を増やしたいと考えていることが示されています。現在アジア太平洋地域の組織では、北米やEMEAと比べて、HRアプリケーションの全体的な使用率が20%も少なくなっているものの、全てのHRテックのカテゴリーの採用はこの3年間で2桁増を示していることから、今後急増することが期待されます。

HRテックやワークテックのソリューションに対する需要が増加していることは、HRテック企業およびワークテック企業にとって大きなチャンスです。より革新的なソリューションへの需要が高まることで、さらに多くのスタートアップがこの分野に参入してきます。そこで、自分たちの方向性が正しいことを確かめるため、ソリューションに対するガイダンスと、多くのインプットが必要となります。さまざまな企業における人材面での課題とビジネスニーズを理解することが重要です。

People Mattersは、HRテックおよびワークテックのスタートアップにとって学習とネットワーキングが重要であるという点を重視して、毎年TechHRスタートアップ・プログラムと銘打ったユニークなプログラムを主催しています。

今年2月、48人のスタートアップが、People Matters TechHRスタートアップ・プログラムの初の国際版に参加しました。このプログラムでは、インドと東南アジア地域のスタートアップを支援しています。シンガポール、インドネシア、インド、スロバキア、米国、ロンドン、ベトナム、フィリピン、香港、マレーシア、日本、オーストラリア、ルーマニア、スペイン、ロシアなどの国々から集まったスタートアップは、自分たちの製品を、HRテックおよびワークテック分野の意思決定者、投資家、バイヤーに対して展示する機会を得ました。
o1_2

そして、People Matters TechHRスタートアップ・プログラムの第2回が、シンガポールで開催されます。2月20日、マリーナベイ・サンズで開催されるPeople Matters TechHRカンファレンスでは、世界中のHRテックおよびワークテックのスタートアップのために、見込みのある顧客から直接フィードバックを受ける機会が再び設けられます。スタートアップは、メンターとの1対1のセッションにより、ビジネスとその機会や成長について、著名な投資家と一歩踏み込んだ対話をすることができます。

シンガポールのPeople Matters TechHRスタートアップ・プログラム 2020に参加すると、次のようなメリットがあります。

3000人を超える人材とビジネスリーダーに対して自社製品を展示する

プログラムに参加する全てのHRテックおよびワークテックのスタートアップは、2020年2月20日にシンガポールのマリーナベイ・サンズで開催されるPeople Matters TechHRカンファレンスで、スタートアップ専用のゾーンに参加して製品を展示することができます。これは、スタートアップが一部の大手企業の人事部門のリーダーに対してソリューションを提示する機会であるだけでなく、現在のニーズや要求に応じてソリューションをその場で工夫し、革新していく上での洞察を収集する機会でもあります。

あなたの大きなアイデアや製品をトップの投資家やVCに売り込む

プログラムの参加者は全員、SPH VenturesのKevin Low氏、Golden Gate VenturesのFreddy Shen氏、Vertex VenturesのCarmen Yuen氏、Cento VenturesのChieh Suang Khor氏、Golden Equator CapitalのCindy Teoh氏などの投資家に対してアイデアやソリューションのプレゼンテーションを行うことができます。投資家にソリューションを提案するだけでなく、HRテックのスタートアップであれば、このような著名なメンターや投資家と対面して、メンターシップとガイダンスを受けることができます。

HRテックの専門家から学ぶ

この会議では、世界的に有名なHRテック専門家やアナリストによる没入型学習セッションを開催します。会議には、People Analytics Programマネージングディレクター、Insight222のピープルアナリティクスでマネージングディレクターを務める、グローバルインフルエンサーのDavid Green氏、コロンビア大学のエンジニアリングおよびデータサイエンス教授で、自己複製および自己反射ロボットの専門家であるHod Lipson教授、Googleの最高意思決定科学者、意思決定プロセス、AI戦略、およびデータ駆動型組織の構築に関するリーダーシップチーム顧問を務めるCassie Kozyrkov氏、LeapgenのCEO&共同設立者で、HRテックのアナリストとして世界第一人者であるJason Averbook氏などのオピニオンリーダーが参加します。

すぐにでも次の資金調達ラウンドへ進みたい方でも、起業したばかりだが、ワークテックやHRテックの世界を変革するビジョンを持っている方でも、TechHRスタートアップ・プログラムは最適なプラットフォームとなるでしょう。ワークテックとHRテックの世界に自分を印象づけるための、重要な機会の一つです。

HRテックやワークテックのベンチャーを次のレベルに引き上げる方法をご紹介します。登録するにはここをクリックしてください。

*執筆者Drishti Pant、People Matters に掲載

→原文はこちら

※「People Matters TechHRスタートアップ・プログラム 2020」は新コロナウイルスによる影響で延期となりました。
→詳細はこちら