活用シーン

離職防止

定期的な組織課題の可視化、改善への取組みで離職傾向改善

01

何に不満があるのか?を
可視化

従業員満足度調査やエンゲージメント調査によって、組織のどこに不満要素があるのかを可視化します。また日々簡単なサーベイを行うことで、離職傾向の早期発見、素早いフォローアップが可能です。

02

人事評価の妥当性と納得性を
高める

評価や報酬へ不満は離職傾向に大きく影響します。多面的な評価が得られる360度評価の活用や改善アクションへのプロセスを明確化することで、不公平感のない人事評価の構築が必要です。

問題を解決するスマレビサービス