活用シーン

理念浸透

自社の目指す状態への理解と共感を醸成

01

理念浸透度の実態把握を
定期的に実施

テレワークで一緒に働く時間の共有が減り、企業理念は益々重要性を増しています。ミッションやビジョンがどこまで組織に浸透しているのか、定期的に測る必要があります。

02

理念を具体的な行動に落として
チェック

組織の浸透度と合わせ、個人レベルでもいかに理念に基づいた行動ができているかが大切です。定期サーベイで理念を行動に具体化してチェックし、行動改善を促すことが重要です。

問題を解決するスマレビサービス