導入事例 株式会社ココト様

「スマレビ」の従業員満足度調査で
会社の環境改善と、進むべき方向性を確認する

株式会社ココト

会社の経営において、従業員の声を聞くことは重要です。多くの企業が窓口を開き、上司部下の垣根なく意見を採り入れる機会を設けています。しかし、いくら口頭で意見を吸い上げようとしても、本音のところを聞き出すのは難しいものです。
今回は、会社の立ち上げから1年以内に弊社の「スマレビ」を導入し、会社の環境改善と進むべき方向性を改めて確認したという株式会社ココト様に、従業員満足度調査から見えてきたもの、活用方法などを伺いました。

社員の声を拾い上げて、楽しく働ける組織を目指す。
常識にとらわれないチャレンジができる文化をつくりたい。

ーー株式会社ココト様の事業を簡単にご説明ください。

社長様:株式会社ココトは、2016年4月に株式会社クレオソリューションからアウトソーシング事業を分社化してできた会社です。従業員は170名弱で、そのうち150名ほどがエンジニアとして、ウェブ系の仕事に携わっています。

会社の運営にあたっては、常識にとらわれずチャレンジができ、楽しく働くことで社員の生活が潤っていく、ということを目指しています。そのため、社員の声を拾い上げることがとても大切になることから、これまでもさまざまな取り組みをしていました。

ーー従業員満足度調査をしようと考えられた理由は?

社長様:私もエンジニアだったので分かるのですが、この仕事はどうしても不満がたまってしまい、ときには爆発してしまうことがあります。そうなる前に社員の気持ちを調べたいという思いがありました。
加えて、当社は新しい会社ですから、文化を作り上げていくためには定期的に何らかの尺度を持った調査をしなければならないと感じていたことも、調査を行った理由です。

ーー以前も社内で従業員満足度調査を実施されたそうですが、
  何か課題があったのですか?

部長様:「スマレビ」を利用する前も、従業員満足度調査は社内で行っていました。エクセルで作ったフォーマットで社員に調査をして、結果を開示していたのです。 でも、「結果をどうするの?」「その先は何をするの?」という不満を感じていたところに、ちょうど「スマレビ」を展開しているシーベースさんを紹介されました。


業界分析ができるから、会社の状態が他社と比較できるのが魅力
課題もわかり、改善しやすい!

ーー「スマレビ」のどこが良いと判断され、ご利用を決められたのですか?

部長様:一番面白いと感じたところは、業界分析ができる点でした。アンケートを行って集計するだけなら自分たちでもできますが、満足度が「高い」「低い」を社内だけで出していても、それが良いのか悪いのかは、判断しづらいのです。

当社のある項目の評価が「高い」時、業界全体も「高い」のであれば、これは普通のことです。ところが弊社の評価が「低い」のに業界全体が「高い」という結果になれば、これは何らかの問題があって改善しなければいけないという判断ができると考えました。

ーー「スマレビ」の社員満足度調査は答えやすかったですか?

従業員様:人事の方からメールが来て、アクセスして回答していくだけなので、簡単にできました。質問の項目が多かったので少し大変だと思いましたが、途中で保存できるので、業務の合間を見つけて最後まで問題なく回答できました。

ーー「スマレビ」の運用に関して良かった点、あるいは改善してほしい点はありますか?

社長様:操作性が良いという評価を社員からよく聞きます。結果のアウトプットも、シンプルで見やすいところに好感が持てました。 ウェブで回答ができるので、社員がサクサクと答えやすいところは本当に良かったです。

ただ運用に関しては、たとえば管理画面を独自で設定変更できるなど、より有用性が高くなればもっとスムーズに調査が進められるのではないかと思います。

ーー従業員満足度調査を行うことで期待することは?

従業員様:社長や上司と話をする機会は多い会社なのですが、やっぱり直接言いにくいこともあります。
アンケート形式ですと回答もしやすいですし、私たちの意見が採り入れられて、より働きやすい環境になれば嬉しいですね。



従業員満足度調査で新たにわかった発見をすぐに還元。
新規企画の打ち出しも方向性や運用の率直な意見もきけた!

ーー「スマレビ」によって得られた結果をどのように活用されていますか?

部長様:事前に想定していたものに近い調査結果が出たので、信頼できるものだったと感じています。でも中には新しい発見があったので、これはみんなで共有すべきだと考え、すぐに還元しました。
私たちは、会社をより面白く運営していこうと考えています。例えば「何か日本一になろう!」という社長の言葉から、「小林採用」というアイデアが出て、一部の社員が中心になって企画を進めていました。これは社内に「小林姓」が最も多かったという理由で持ち上がった企画で、「小林日本一」を目指して「小林姓」採用を始め、さまざまな「小林企画」を打ち出していくものです。

社長様:ただ、本当にこの企画を進めて良いのか、他の社員はどう思っているのかといったリアクションがなかなかつかめずにいました。それが、今回の従業員満足度調査で、会社のベクトルは間違っていない、良い方向性だという一定数の意見があったので、自信を持って企画を進めることができました。

「スマレビ」を利用していなければ、「小林日本一」も「小林採用」も実現できなかったのではないかと思っています!


小林日本一を本気で目指す!

応募資格は苗字が「小林」であること。
待遇として書類選考を優遇!一次面接は社内の「小林」が行うなど、とてもユニークな企画です。 スマレビ導入によって新規企画や運営について社員の率直な意見を聞くことができます。

株式会社ココト様 小林採用ページはこちら >


Smart Review

導入希望・ご不明点がございましたら、
まずはお気軽にご相談ください