人事制度・評価に関する記事一覧

2017.06.19360度評価 , 人事制度・評価 6631-00102-1

業務遂行の意味と業務遂行能力(職務遂行能力)の評価方法

業務遂行の意味と業務遂行能力(職務遂行能力)の評価方法 適切な人事評価は社員のモチベーションを高め、企業活力を向上させます。適切な人事評価を行うためには、業務遂行の意味及び業務遂行能力について正確に把握しておくことが重要です。 そこで今回は、業務遂行の意味と業務遂行能力の評価方法についてご紹介します。

2017.06.12人事制度・評価 6631-00078-1

評価者向け人事評価シートの書き方と記入例

評価者向け人事評価シートの書き方と記入例 評価者と被評価者との認識のズレを減らし正しい評価を行うため、人事評価シートを使用した多面評価を取り入れている企業が増加しています。しかし、導入に踏み出せない企業が多いことも事実です。人事担当者や上司などの評価者が、絶対評価が必要となる評価制度に慣れていないことが主な理由です。 人事評価シートを有効に活用することは、従業員の向上心を高めることができます。しかし、人事評価シートに記入されている評価項目やコメントが適切でない場合、人事評価シートを使用する意義が薄くなるだけでなく、被評価者の仕事へのモチベーションを下げてしまう恐れがあります。そこで今回は、評価者向けに人事評価シートの書き方と記入例をご紹介します。

2017.04.05360度評価 , 人事制度・評価 6631-00071-1

360度評価にも使える!人事評価の英語例文・英語表現

●360度評価にも使える!人事評価の英語例文・英語表現 近年、人事評価の際に360度評価を実施する企業が増えています。直属の上司だけでなく同僚や部下、他部署社員、クライアントなどからの多面的な視点を取り入れることにより、客観的で公平な評価を実現します。 外資系企業や外国人社員が多く在籍する企業の場合、360度評価を英語で行う必要が出てきますので、今回は、人事評価に使える英語例文や英語表現をご紹介します。

2017.04.03人事制度・評価 6631-00082-1

目標管理制度(MBO)のメリットとデメリットとは

●目標管理制度(MBO)のメリットとデメリットとは 人事制度の1つに「目標管理制度(MBO)」があります。 目標管理制度では、まず従業員に自ら目標を設定させ目標が適正かどうかを上司と相談します。 適正と判断された場合、従業員は目標を達成するための活動を自己統制しながら進めていきます。 この目標達成に向けた活動を支援する制度が、目標管理制度です。 そこで今回は、目標管理制度(MBO)が持つメリットとデメリットについてご紹介します。

2017.03.27360度評価 , 人事制度・評価 360-advantages-and-disadvantages

今導入が進む、360度評価(多面評価)のメリット・デメリットとは?

●今導入が進む、360度評価(多面評価)のメリット・デメリットとは? 近年、成果主義を取り入れる企業の増加に伴い、人事評価制度についても積極的な見直しが行われる傾向にあり「360度評価」と呼ばれる新たな人事評価方法が、多くの企業から注目されています。 多面評価とも呼ばれる360度評価は上司、同僚や部下、また場合によっては取引先の担当者なども評価者になります。 今回は、360度評価(多面評価)のメリット・デメリットについてご紹介します。

2016.08.29人事制度・評価 6631-00105-1

成果主義とは?人事制度における成果主義のメリット・デメリット

成果主義とは?人事制度における成果主義のメリット・デメリット 近年では成果主義を基本とする人事制度が主流となりつつあります。これまで企業経営を圧迫してきた年功序列による人事制度に代わり、成果主義を採用する企業はこれからも増えるでしょう。しかし、成果主義にはメリットばかりではなく、デメリットもあります。 2007年の社会経済生産性本部の調査によると、成果主義的処遇を取り入れている企業は8割を超えていましたが、現在は見直しを進める企業もあると言われています。成果主義のメリット・デメリットの両方を把握し、自社に合った人事制度を構築しましょう。 今回は成果主義とは何か、そして成果主義のメリットとデメリットについてご紹介します。

2016.08.23360度評価 , 人事制度・評価 , 人材育成・能力開発 6631-00110-1

人事評価の面談に役立つ面接官マニュアルの作り方

人事評価の面談に役立つ面接官マニュアルの作り方 管理職に昇進した場合、人事評価の面接官を経験する機会があるでしょう。評価される立場から評価する立場になると、さまざまな迷いや不安が生まれるものです。 落ち着いて面接を行うために、事前に面接官用のマニュアルを作っておくと安心です。 ここでは、人事評価の面談に役立つ面接官マニュアルの作り方をご紹介します。

2016.08.23人事制度・評価 6631-00107-1

年俸制とは?年棒制を導入するときの評価基準の作り方と注意点

年俸制とは?年俸制を導入するときの評価基準の作り方と注意点 ベンチャー企業や成長企業には、給与体系として成果を反映しやすい年俸制を導入している企業が多く存在します。成果に応じた適切な評価に基づき給与を決定することによって、企業としての活性化が期待できます 年俸制を導入するときには、社内の評価基準を確立しておく必要があります。今回は、年俸制を導入する場合の評価基準の作り方と注意点をご紹介します。

2016.08.23360度評価 , 人事制度・評価 , 人材育成・能力開発 6631-00101-4

評価者研修は必要?360度評価の考課者訓練と教育について

評価者研修は必要?360度評価の考課者訓練と教育について 勤続年数や年齢によって評価する年功序列に代わり、現在は実力や成果によって評価する成果主義が浸透しています。人事評価の重要性が以前よりも高まり、多面的に人材を評価できる手法が求めらていることが現状です。そんな現在で注目されている評価方法の1つに、「360度評価」があります。 そこで今回は、360度評価の考課者訓練についてご紹介します。

2016.08.23360度評価 , 人事制度・評価 , 人材育成・能力開発 6631-00100-1

リーダー教育は早期から!次世代リーダー育成に360度評価を生かす方法

リーダー教育は早期から!次世代リーダー育成に360度評価を生かす方法 リーダーシップを発揮できる人材は圧倒的に不足しています。ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、企業におけるリーダー育成は急務です。次世代リーダーを育成する際の有効なツールとして、360度評価を活用しましょう。 今回は次世代リーダー育成に360度評価を生かす方法についてご紹介します。

2016.08.23360度評価 , 人事制度・評価 6631-00072-1

360度評価で部下が上司を評価するときのポイント5つ

おすすめ

360度評価で部下が上司を評価するときのポイント5つ 360度評価とは、直属の上司からだけではなく、同僚、部下、取引先などからも評価を受ける多面的な人材評価方法です。従来の評価方法では、直属の上司のみが部下を評価していました。しかし、上司とはいえ、部下のすべてのスキルやパフォーマンスを把握しているわけではありません。また、1人の人間の評価では評価の傾向に偏りが生じます。できるだけ多くの目線から意見を集めて正確な評価を下すことが、360度評価の目的です。 しかし、実際に自分が360度評価の評価者になり、部下として上司を評価する際に戸惑う方もいるかもしれません。これまで業務上で人の「評価」をしたことがない方であれば、なおさらです。今回は、360度評価で部下が上司を評価するときのポイント5つをご紹介します。

2016.08.23360度評価 , 人事制度・評価 , 人材育成・能力開発 6631-00070-1

360度評価後に行うべきフィードバック研修はなぜ必要なのか

360度評価後に行うべきフィードバック研修はなぜ必要なのか 360度評価とは、直属の上司だけでなく、関連部門の同僚、自分の部下、顧客など、仕事で関わりのある人たちからの評価を総合して行う評価方法です。あらゆる角度から評価されるため、「360度評価」の名が付いています。 人材育成や組織の活性化を目的として行われる360度評価は、今では多くの企業で導入されています。360度評価の効果を上げるためには、評価実施後の「フィードバック」がとても大切です。今回は、360度評価後に行うべき>フィードバック研修が必要な理由を3つご紹介します。

2016.08.23人事制度・評価 6631-00109-1

人事考課表の評価ウエイトはどうする?ウエイト配分の考え方

人事考課表の評価ウエイトはどうする?ウエイト配分の考え方 「人事考課表」は社員の賃金、賞与、昇格に影響を与える重要な資料です。適切な人事考課表の運用によって社員のモチベーションを上げ、会社の利益を最大化できます。そのため人事担当者にとっては、人事考課表における評価項目の作成・評価ウエイトの設定は難しい問題です。 今回は人事考課表のウエイト配分の考え方と具体的な設定方法についてご紹介します。

2016.08.22360度評価 , 人事制度・評価 , 人材育成・能力開発 6631-00096-1

リーダーシップの定義とは?360度評価で測るリーダーシップの評価項目

リーダーシップの定義とは?360度評価で測るリーダーシップの評価項目 新人社員のうちは研修や教育の機会があり、上司や先輩からの指導を受けることができます。しかし、チームのリーダーや管理職は周囲からアドバイスを受ける機会が減り、自分の長所や短所に気付くチャンスが少なくなります。 特にリーダーシップ力は自分1人で客観視することが困難であるため、「リーダーシップとは何か」「リーダーシップを高めるためには、どのようにしたら良いのか」と悩む方も多いでしょう。今回はリーダーシップの定義と360度評価におけるリーダーシップの評価項目についてご紹介します。

2016.08.22360度評価 , 人事制度・評価 6631-00083-1

定期的な個人面談で会社を繁栄させる!社員面談の質問内容について

定期的な個人面談で会社を繁栄させる!社員面談の質問内容について 多くの人事担当者が、個人面談に対して「業務に直接関係しない」「不平・不満ばかり言われる」などネガティブな印象を持っているようです。 種面談の中には、会社として必ず実施しなければならない考課面談があります。「考課面談だけ実施すれば十分」と考えている人事担当の方も多いのではないでしょうか。しかし、考課面談以外の面談も非常に重要です。面談を重ねることにより普段からの社員の行動が把握でき、考課面談を短い時間で済ませられるメリットもあります。 今回は、「どのようにしたら個人面談がうまくいくのか」と悩んでいる人事担当者に向け、上手に面談を進めるための質問内容や適切なタイミングなどをご紹介します。

25件中 1~15件を表示