その他に関する記事一覧

2017.06.26その他 人事考課の基本「業績考課」「能力考課」「情意考課」とは

人事考課の基本「業績考課」「能力考課」「情意考課」とは

人事考課の基本「業績考課」「能力考課」「情意考課」とは 人事考課を行う際は、適切な考課項目を設定し、項目に則った評価をする必要があります。重要な考課項目として挙げられる項目は、成果や業績に関する「業績考課」、知識や能力に関する「能力考課」、そして行動や態度に関する「情意考課」です。 ここでは、人事考課の基本である「業績考課」「能力考課」「情意考課」の解説とともに、公平で正確な評価を行う方法をご紹介します。

2017.04.24その他 6631-00103-1

仕事のモチベーションを上げる会社のユニークな社内表彰制度5選

●仕事のモチベーションを上げる会社のユニークな社内表彰制度5選 業績アップを実現させるためには、社員のモチベーションを高めることが重要です。モチベーションを上げる取り組みとして、ユニークな社内表彰制度を導入している企業もあります。社内表彰制度を導入することにより、社員のやる気が上がり、社内が活性化するでしょう。 そこで今回は、モチベーションアップにつながるユニークな社内表彰制度についてご紹介します。

2017.04.03その他 6631-00108-1

人事考課に使用する目標設定の例と目標の立てさせ方

●人事考課に使用する目標設定の例と目標の立てさせ方 人事考課とは、各社員がどれだけ会社に貢献したか評価をすることです。四半期、半年、あるいは1年毎に実施される人事考課は、賃金や役職を決める際に非常に重要な役割を果たします。 今回は、人事考課に使用する目標管理制度における、目標設定の例や目標の立てさせ方についてご紹介します。

2016.08.29その他 hybrid-research-1024x1024

定性調査と定量調査を融合し成果を最大化させたハイブリッド調査の手法

●定性調査と定量調査を融合し成果を最大化させたハイブリッド調査の手法 ハイブリッドという言葉には、「異種同士を組み合わせたもの」という意味があります。ガソリンと電気の両方をエネルギー源とするハイブリッドカーが登場して以来、この言葉は世間一般にも広く浸透していきました。 そして現在では、アンケート調査の手法の中にも「ハイブリッド」が登場しています。 ハイブリッド調査とは、その名のとおり複数の手法を組み合わせて行う調査方法です。一種類の調査方法だけを利用する場合よりも、質の高い情報を得られる可能性が高まります。 今回は、定量調査と定性調査という2つの手法を組み合わせたハイブリッド調査の手法についてご紹介します。

2016.08.29その他 how-to-choose-web-questionnaire-system-1-1024x764

アンケート回収率の向上が期待できるWebアンケートシステムの選び方

●アンケート回収率の向上が期待できるWebアンケートシステムの選び方 世間の潜在的なニーズを探りたい場合、または自社のサービスに対してどのような要望があるのか知りたい場合は、アンケートを利用して「生の声」を集めることが効果的です。 最近ではWebアンケートを作成するシステムやサービスも増加し、以前よりも簡単にアンケートを行えるようになりました。 今回は、アンケート回収率の向上が期待できるWebアンケートシステムの選び方のポイントをいくつかご紹介します。

2016.08.23その他 6631-00112-1

賃金体系の見直しを!賃金制度の改革ポイント3つ

賃金体系の見直しを!賃金制度の改革ポイント3つ 多くの企業では、日々の業務に追われ、なかなか賃金制度を見直す機会がありません。創立以来、伝統的な賃金制度を維持し続けているという企業も少なくないでしょう。 しかし、賃金は社員のモチベーションにつながる重要なファクターです。賃金制度が現在の会社の実情に合っていない場合、社員のモチベーションが低下し、全体的な仕事の質が下がってしまう可能性もあります。もし、社内でそのような兆候が見られる場合は、賃金体系の見直しを考える必要があるでしょう。ここでは、賃金制度の改革ポイントを3つご紹介します。

2016.08.23その他 6631-00111-1

職能資格制度とは?職能資格制度のメリットと問題点

職能資格制度とは?職能資格制度のメリットと問題点 職能資格制度とは、職務遂行能力によって社員をいくつかの等級に分類し、賃金の管理を行う制度のことです。社員の能力に応じた賃金を支払い、人材を育成することを目的として、広く導入されてきました。 しかし最近では、早い段階で職能資格制度を導入した企業から、現行制度の限界を指摘する声もあがっています。 今回は、職能資格制度のメリットと問題点をまとめてご紹介します。

2016.08.23その他 6631-00104-1

役割等級制度・職務等級制度を構築するときの基準と事例

役割等級制度・職務等級制度を構築するときの基準と事例 「役割等級制度」「職務等級制度」は、社員一人一人の働きに応じて賃金を決定する等級制度です。職務等級制度の職務とは1人が担当する仕事を対象とした営業職や採用職などを指し、各社員が遂行する仕事のレベルや質により職務給が決定されます。一方役割による格付けが役割等級制度です。同一職務の社員でも担う役割によって役割給は変化します。 今回は役割等級制度・職務等級制度を構築する際の基準と事例についてご紹介します。

18件中 1~15件を表示