2019.07.16ストレスチェック・コンプラ調査・ハラスメント対策 , モチベーション・組織活性化 , 人材育成・能力開発

【従業員エンゲージメントとは】従業員エンゲージメント向上で定着率アップ!

従業員エンゲージメントとは
「社員の採用定着率をアップさせたいのだけれど、いい方法はないのだろうか」
「社員が何を求めているのか分からない。どうすれば満足度を高めて会社を信頼してもらい定着率をアップさせることができるのだろうか」
社員の採用定着率をアップさせたいと考えていても、なかなか有効な手段が取れず、不安になってしまいませんか。
採用した社員を定着させないと、採用経費がどんどん膨れ上がり、結果的には企業が損をしてしまう可能性が高いといえます。
社員の定着率をあげ、離職率をさげるには、従業員エンゲージメントを高めることで、対策を行うことができます。
今回は、従業員エンゲージメントの重要性を改めて認識し、従業員エンゲージメントを高めることで、採用定着率をアップさせる方法をご紹介します。

従業員エンゲージメントとは

従業員エンゲージメントとは、企業と従業員の間での信頼感から起こる、従業員から会社への貢献のことを指します。
会社と従業員の相互信頼をベースに従業員エンゲージメントは醸成されると考えられており、どちらか一方だけの信頼関係では成り立たないとされています。
会社側が一方的に従業員に対して信頼するように求めるのではなく、従業員に信頼してもらえる体制を作ることが大切です。
会社側も従業員を信頼できるような体制を整える必要があります。
従業員から信頼を得られる体制を構築した結果として、従業員に信頼され、モチベーションなどがアップするということです。

従業員エンゲージメントの詳細説明

従業員エンゲージメントが低いと起こる問題

従業員エンゲージメントが低く、従業員から会社が信頼を得られていない場合には、以下のような問題が起こりやすいです。
・せっかく採用した従業員が辞めてしまう
・社員のモチベーション管理ができない
・会社内の雰囲気が悪くなり、社員同士が険悪な雰囲気になる可能性もある
それぞれについて解説します。

従業員エンゲージメントが低いと起こる問題

せっかく採用した従業員が辞めてしまう

従業員エンゲージメントが低いと、採用した従業員が辞めてしまう可能性が高いといえます。
理由としては、社員から信頼を得られていない状態になっているためです。
社員が会社を信頼できる体制を作っていれば、会社を辞められてしまう可能性は低いといえます。
社員に信頼してもらえるような会社の体制づくりが大切であるといえます。

社員のモチベーション管理ができない

従業員エンゲージメントが低いと、社員のモチベーション管理ができない可能性があります。
理由としては、社員から求められていることを理解して対策を打たないと、従業員のモチベーションをアップさせることが難しいためです。
従業員エンゲージメントを高めて仕事へのモチベーションを高めるためには、従業員が何を求めているのかを知る必要があります。

会社内の雰囲気が悪くなり、社員同士が険悪な雰囲気になる可能性もある

従業員エンゲージメントが低いと、会社内の雰囲気が悪くなる可能性があります。
会社が社員から信頼を得られていない状態では、社員同士で評価などについて不満が渦巻く傾向にあるためです。
企業と社員間のコミュニケーションを円滑にして会社への信頼度を高めることが重要であるといえます。

エンゲージメントを高めることで得られるメリット

「従業員エンゲージメントを高めることで得られるメリットにはどんなものがあるのだろうか」と気になっていませんか。
従業員エンゲージメントを高めることで、社員からの会社への信頼度が高まる可能性があります。
具体的には、従業員エンゲージメントを高めることで、以下のメリットがあります。
・採用定着率が上がり、採用経費を抑えることができる
・従業員のモチベーションが上がる
・チームワークがアップして会社全体が活性化される
それぞれについて解説します。

エンゲージメントを高めるメリット

採用定着率が上がり、採用経費を抑えることができる

従業員エンゲージメントが高まることで、採用定着率をアップさせることができます。
従業員エンゲージメントが高まると、社員が会社のために貢献したいと考えて、自ら率先して会社の業務に全力投球してくれる可能性が高くなるためです。
結果的には社員の定着率がアップする可能性が高まります。

従業員のモチベーションが上がる

従業員エンゲージメントが高まることで、従業員の仕事へのモチベーションがアップします。
会社の評価制度や仕事の方針等に納得性があれば、仕事に打ち込みやすくなるためです。
仕事に自発的に打ち込みやすくなることで、従業員の仕事への真剣度も上がり、社員自らがモチベーションをアップしてくれます。
会社と従業員の信頼関係がしっかりと構築されることで、より従業員の会社へのコミットが強くなることが考えられます。

チームワークがアップして会社全体が活性化される

従業員エンゲージメントが高まることで、チームワークがアップして会社全体が活性化されます。
会社が社員からの信頼を勝ち取り、会社と社員の双方が納得するような状態になっていれば、社員同士で健全な競争を行う可能性が高いためです。
そのためには評価方法などをしっかりと整備する必要性があります。
従業員エンゲージメントが高くなることで、自然と従業員同士が仲良くなり、良い雰囲気の会社になることも期待できます。

従業員エンゲージメントを高める具体的な方法とは?

「従業員エンゲージメントの重要性はよく分かったけれど、具体的にどうすればよいの」と方法を知りたいという方もいらっしゃると思います。
従業員エンゲージメントを高める具体的な方法として、以下の方法があります。
・従業員に適切な人事評価の仕組みを提供する
・従業員満足度調査等のアンケートを行う
それぞれについて解説します。

エンゲージメントを高める具体的な施策

従業員に適切な人事評価の仕組みを提供する

従業員エンゲージメントを高めるために、適切な人事評価の仕組みを社員に提供することが大切であるといえます。
いくら頑張っても評価されないと社員が感じたり、明確な基準がないと社員がどう頑張れば良いのかが分からない状態になってしまいます。
従業員に適切な人事評価の仕組みを提供することで、社員が頑張る努力の方向性が見えるようになる可能性が高いといえます。
適切な人事評価制度を導入することで、従業員エンゲージメントを高めましょう。

従業員満足度調査等のアンケートを行う

従業員満足度調査等のアンケートを行うようにしましょう。
従業員が何に対して不満を持っているのか、会社のどんなところに魅力を感じているのかを従業員満足度調査を通して「見える化」を行うことができます。
従業員の仕事のやりがいと、不満を知ることで、対策を行うことができます。
従業員満足度調査を行うことで、従業員エンゲージメントを高めることができます。

従業員満足度調査と、360度評価で従業員エンゲージメントを高めよう

従業員満足度調査と、360度評価で従業員エンゲージメントを高めることが可能です。
従業員満足度調査を行うことで、企業は従業員が会社の何に不満を溜めているかを知ることができます。
また、360度評価を導入することで、管理職と一般職の垣根を超えた人事評価制度を実践することが可能です。
従業員満足度調査と、360度評価を導入して、従業員エンゲージメントを高め、社員に働きやすい環境を提供するようにしましょう。

360度評価でエンゲージメントを高める

「スマレビ for ES」で簡単本格的なES調査!

es_02【スマレビがES調査に選ばれる理由】
■動機付け理論をベースにした設問を提供!
■満足度×重要度で課題の優先順位付けができる!
■組織別のレポート集計で部署や職種単位で課題発見!
→「スマレビforES」について詳しくはこちら
ES調査ならスマレビ