2018.12.18モチベーション・組織活性化 , 人事制度・評価 , 人材育成・能力開発

意外に簡単!目標達成のコツは3つだけ!

076_01
目標達成と聞くと「きつい」「難しい」と思い浮かべていませんか?
「目標を設定し、行動を変え、達成する」というプロセスをスムーズに辿ることができるのは100人に3人とも言われていますので、そう思ってしまうのは仕方のないことかもしれません。しかしながら、目標設定→未達成→挫折に陥るのは現状を把握できていないことが大きな原因です。この負のサイクルから抜け出す方法をご紹介します。

目標が達成できない理由とは

自分なりに目標達成に向けて努力しているのに成果が出ず、自己嫌悪に陥ったり挫折したりしてしまうのはなぜでしょうか。
目標が達成できない理由は、目標を決めた時のやる気が持続しない、目標を決めっぱなしになってしまうなどがありますが、これは目標と本当の自分との間にズレがあったり、自分の本音に耳を傾けられていなかったりということに起因します。「達成できない」という問題に対して精神論でアプローチしても仕方ありません。

076_02

目標が高すぎる

目標を設定したとき、モチベーションがあがらないということはありませんか?
心のどこかで「そもそも無理…」と思っているような高い目標を設定してしまうとモチベーションがあがらず、思うような成果も出ず負け癖がついてしまいます。いきなり大きな目標を設定すると、何から始めてよいかわからなくなり、目標達成のためにもっとも必要な「行動を起こす」という意欲すらわかず挫折を繰り返す負のサイクルを引き起こします。

実は自分の本当の目標ではない

企業に所属していると、上司や会社の方針などから「しなければならない」目標(達成目標)が与えられることがあります。上司が会社から降りてくる目標を部下に押し付けるといった上司が一方的に指示して動かすといったスタイルは本人の欲求や望みに基づくものではない、他人に与えられた目標のため、行動の自発性が下がり、気力もわかず、達成率が下がります。

→クラウド管理で目標設定・管理がラクラク!「スマレビforアクション」について詳しくはこちら

目標達成への3ステップ

目標を達成するためには「行動を起こす」ことが必須です。どのような行動を起こすにしてもモチベーションが維持できなければ、行動は継続化されません。どうすればモチベーションを高め、維持することができるのでしょうか。
日々のモチベーションを維持しながら目標に取り組むために必要な目標の立て方と実行方法をご紹介します。

076_03

Step1:目標は定量で、具体的に

数字によって数値化した目標を「定量目標」と言います。数字で表すと達成したか、しなかったが自分を含め、誰が見ても達成できたかどうかが明らかになります。「数値や数字で表せるもの」で決めることは目標として最適と言えます。
達成できる見込みがまったくない目標に意味はありません。まったく見当がつかない場合にも「数値を仮で置く」ことで見込みと予測が立てられます。数値を仮で置く→細かい数値に落とす→具体的な行動がイメージできる、となります。

Step2:目標を細分化する

定量目標を達成するためには行動(アクションプラン)に落とし込む必要があります。いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように、いくらかかるかの5W2Hの各項目を明確にして具体的な行動計画を用意して目標を設定しましょう。目標を達成するために何をすればいいのかが細分化され、目標達成のために必要な様々なステップがわかりやすくなります。

Step3:目標達成を「イベント」にしない

目標達成はイベントではありません。1つの目標が達成されたら、次の目標設定が必要です。「目標設定とそこから得られるフィードバックのサイクルを日常に落とし込む→目標への取り組みとフィードバックを素早く行って、達成へのプロセスを習慣化させる」ことが重要です。目標達成の瞬間こそがさらなる向上をもたらすか、向上をとどまらせるかの大きな岐路となっていることを心に留めておきましょう。

→クラウド管理で目標設定・管理がラクラク!「スマレビforアクション」について詳しくはこちら

納得できる目標を立てるために

納得できる目標を設定するには、周囲の期待や、具体的な改善ポイントが可視化でき、自らの成長のヒントが得ることが重要です。360度評価など、多方面からフィードバックを集められる施策を事前に行うことでそれらを得ることができます。さらに継続して定期的に実施することで、自身の行動改善の確認ができ、成長を実感することができるでしょう。

360度評価と組み合わせて目標設定・管理を楽に!
「スマレビforアクション」

360_02【スマレビが選ばれる理由】
■納得性の高い人事施策「360度評価」が簡単に!
■得られた結果から行動改善計画を目標設定・管理や振り返りもシステムで工数削減!
→「スマレビforアクション」について詳しくはこちら
360度評価ならスマレビ