2019.02.05ストレスチェック・コンプラ調査・ハラスメント対策 , その他 , モチベーション・組織活性化 , 従業員満足度調査

はじめての従業員満足度調査(ES調査)!方法と実施のポイント

725f9fdcde9c362ff32dcfaf496a51a7_m
従業員満足度(ES=Employee Satisfaction)とは「従業員が組織で働く上での居心地の良さ」を示す従業員満足度です。従業員満足度は、報酬、福利厚生や労働環境、上司や部下との人間関係を要因とする数値で表します。従業員満足度が上がれば、顧客満足度も上がり、業績アップにつながるといわれています。従業員が報酬、福利厚生や労働環境、人間関係に満足感を得ていれば、自社や自社製品への愛着心が生まれます。従業員が会社に対し愛着を持つことで、顧客に満足してもらえる対応を自主的に行うようになっていきます。
ここでは、初めての従業員満足度調査の手順や気を付けるポイントをご紹介します。

従業員満足度調査を行う目的とは?

従業員満足度調査は社員意識調査のひとつです。従業員の会社に対する意識や問題点を把握し、人事制度、評価、福利厚生、労務管理などのさまざまな環境改善の資料とするために活用することができます。

072_02

自社の課題を定量的に把握できる

部署内でのチームワークの問題点や、他部署との協力体制の相互理解など対面のコミュニケーションでは明らかになりづらい従業員の生の声が数値として可視化できます。相互理解ができていないと意見対立による生産性の低下を招きます。対立を解消するためにも、未然に防ぐためにもES調査の実施は重要です。

離職率低下・採用コストダウン

仕事やキャリアなどに関する志向や希望を把握することができるので、それを活かした人事配置につなげることができます。このような人事配置を行うことは従業員に意欲を持って仕事に取り組んでもらうことができるため、従業員定着率の向上に繋がりますし、離職率を抑え、優秀な人材を確保することもできます。

顧客満足度の向上

従業員が仕事に対するモチベーションを上げることで、会社や自社製品に対する愛着心も上がっていきます。従業員が会社や自社製品に対する愛着心を持つことで顧客に対しても満足してもらえる対応を自主的に行うようになっていきます。
従業員満足度が高まることで、顧客満足度も相乗的に高くなり、業績向上が見込まれます。

→はじめてでも高品質な従業員満足度調査(ES調査)ができる!「スマレビforES」について詳しくはこちら

従業員満足度調査(ES調査)の実施手順

従業員満足度調査の実施手順には大きく3つのステップがあります。
準備・アンケートの設実施、分析のそれぞれの流れを解説していきます。

072_03

アンケートの準備

会社の方針や制度を見直すため、社員の意欲を向上させるためなど、まず、何のために従業員満足度調査を実施するのか、目的を明確にしましょう。その後、調査の目的に応じ、調査対象とする社員の範囲を定めます。また、無記名にする/記名にする、アンケート用紙で行う/Webツールを利用する、自社で行う/外部コンサルティング会社に委託するなど、調査方法の細部を固めていきます。

アンケートの設計

従業員満足度調査の目的に合わせての設問設計が重要です。設問数が多すぎると回答途中で集中力が切れてしまい正確なデータが取れない恐れがあるため設問数には配慮が必要です。また、質問項目に組み入れられていない内容は、集計も分析もできないので設問数と合わせて内容の選定にも注意しましょう。設計が難しい場合は、標準設問を揃えているシステムを利用すると簡易に根拠ある従業員満足度調査が可能です。

アンケートの実施と分析

従業員満足度調査のアンケートは10日~2週間程度の期間を設けて実施します。アンケート回答期間の終了後、集計した結果は以下のような手法を用いて、比較や分析を行っていきます。

・対象者全体の平均と、組織、属性別の平均値を比較
・同一回答をした組織、属性別の割合を比較
・項目間の相関関係を分析
・項目の平均値、偏差値を集計
・前回調査時との比較

こうしたアンケート結果の分析を行うことにより、従業員満足度の状況がわかるだけではなく、改善するべき点がある部署など、企業が抱えている見えない課題を明確にすることができます。

その後、分析結果を経営幹部や管理部門で検討し、各部門にヒアリングを行って内容の裏付けをとったうえで、今後の対策や改善方針を決定します。

→はじめてでも高品質な従業員満足度調査(ES調査)ができる!「スマレビforES」について詳しくはこちら

やりっぱなしはNG!調査後の対策と継続が大切

従業員満足度調査(ES調査)は実施しただけでは意味がありません。目的に応じた回答を集計し、目的に応じたレベルでの対策が必要となります。また、顕在化した課題に対してPDCAをまわしてかなければなりません。

調査の実施を目的にしない

従業員満足度調査(ES調査)は実施しただけでは意味がありません。回答を受けて企業としてどのような行動につなげ、どんな結果につなげていきたいのかを設計の時点で考えておきましょう。
従業員満足度調査の実施後、浮き彫りになった課題に対策を行った企業にはさまざまな効果が現れます。対策は「個人」「チーム」「組織」のレベルによって異なりますので目的に応じた対策を取りましょう。

調査の継続実施で対策の効果測定を

調査を単発で行うと、「あのアンケートはなんだったのか?」と従業員のやる気やモチベーションを逆に下げてしまう恐れがあります。
調査の意図、運用ルールをしっかりと周知すること、対策の実施とともに定期的に調査を実施することで改善サイクルが回り、効果に表れてくるようになります。

「スマレビ for ES」で簡単本格的な従業員満足度調査(ES調査)!

es_02【スマレビが従業員満足度調査(ES調査)に選ばれる理由】
■動機付け理論をベースにした設問を提供!
■満足度×重要度で課題の優先順位付けができる!
■組織別のレポート集計で部署や職種単位で課題発見!
→「スマレビforES」について詳しくはこちら
ES調査ならスマレビ
(2019.02.05追記)