資料請求
人事評価システム「CBASE」はこちら
コラム
カテゴリ

360度評価のメリットとデメリットとは?社員と会社の成長を促す360度評価について分かりやすく解説

⇒【マンガでわかる】「360度評価」のメリットやデメリット、失敗しないための導入方法が詳しく学べる資料を1分でダウンロード

「360度評価のメリットとデメリットはどのようなものなのだろうか」
「360度評価のメリットとデメリットについて知りたい」
と気になっていませんか。
360度評価のメリットは部下が上司を評価するなど、会社全体で評価し合う風土を作ることが可能な点にあります
360度評価のデメリットはうまく趣旨が伝わっていないと部下同士で評価を良くするなど結託する動きが出てしまうことがあります
この記事を読めば、360度評価のメリットとデメリットについて理解することができます。
360度評価導入のメリットとデメリットについて知りたい方はぜひ、最後まで読んでいって下さい。

360度評価とは

360度評価とは、多面的評価制度といい、上司や部下、同僚といった様々な立場から人材を評価する制度のことを指しています。
人材育成を主眼において導入する企業もあれば、評価制度刷新などを目的にして導入する企業もあります。
360度評価はこれまでの上意下達の評価制度とは異なり、組織全体を改革する力を持っています。

360度評価を人事が効果的に運用するための重要なポイントについて、下記の記事も参考にしてみてください。
【関連記事】360度評価で期待できる効果とは?メリット・デメリットや導入するための5つのSTEPを解説

【マンガでわかる!「360度評価入門ガイド」を無料ダウンロード】
「360度評価の基本知識」を12ページのマンガ形式でわかりやすく解説。
今ならすぐに資料のダウンロードが可能!
・360度評価のメリットやデメリットを知りたい
・失敗しない導入方法を知りたい
⇒資料ダウンロードはこちら

360度評価のメリット

「360度評価のメリットはどのようなものなのだろうか」と気になりませんか。
360度評価のメリットは以下の通りです。
・社員全員が評価に参加することができ視野が広がる
・上司以外の評価者視点を知ることができる
・管理職自身の成長を促すことができる
それぞれについて解説します。

メリット1:社員全員が評価に参加することができ視野が広がる

社員全員が評価に参加することができ視野が広がることが360度評価のメリットです。
360度評価は上司や部下だけではなく取引先や他部署など様々な人が評価に参加可能なためです。
社員全員が評価に関わるため、お互いのことを知ろうとすることでコミュニケーションも生まれます。

社員が評価に参加することで社員の視野が広がります。

360度評価の職種別コメント例文については、下記の記事も参考にしてみてください。
参考:360度評価のコメント例文を紹介!部下から上司への評価方法とは?

メリット2:上司以外の評価者視点を知ることができる

360度評価を実施することにより、上司以外の評価者視点を知ることができます。
なぜなら、上司以外が360度評価では評価をする立場になるためです。
これまで上司が一方的に評価をしていては見落としてしまうような人材の良さを見抜くことができます。
上司以外の評価者視点を知ることができることは大きなメリットです。

メリット3:管理職自身の成長を促すことができる

360度評価では上司自身も評価の対象です。
そのため、管理職の成長を促すことができます。
自分自身が評価される立場になれば、仕事の進め方や部下への接し方などに変化が期待できます。

【CBASE 360 なら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「CBASE 360」の詳細を見る

360度評価のデメリット

「360度評価のデメリットはどのようなところにあるのだろうか」と気になりませんか。
360度評価のデメリットは以下の通りです。
・評価軸が曖昧になる
・従業員が過度に評価を気にするようになる
・従業員同士で評価を上げてしまう
それぞれについて解説します。

デメリット1:評価軸が曖昧になる

360度評価のデメリットとして評価軸が曖昧になるというデメリットがあります。
なぜなら、360度評価においては評価者が上司だけではなくなるためです。
上司がこれまでしてきた評価の付け方と大きく異なる評価方法となることが多く、統一感を出すことは難しくなります。

デメリット2:従業員が過度に評価を気にするようになる

360度評価のデメリットとして、従業員が過度に評価を気にするようになるというデメリットがあります。
なぜなら、従業員は自分自身を高く評価したいと考える傾向にあるためです。
自然と仕事をすることが難しくなり、評価に過敏になってしまう従業員が出る可能性もあります。

デメリット3:従業員同士で評価を上げてしまう

360度評価のデメリットとして、従業員同士で結託して評価を上げてしまう可能性があります。
なぜなら、360度評価では評価者同士がうまく意思疎通をすると高い評価を得られてしまうためです。
評価者が多様化する一方で、評価者同士が談合することも可能になります。
過剰なまでに評価の高い人材が多く出てきた場合は評価の運用方法などをみなす必要性があります。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

360度評価導入までの流れ

360度評価導入の流れは以下の通りです。

1. 導入する目的を決める
2. 実施前に特定部署でシミュレーション
3. 社員への説明会開催
4. 実施
5. 結果回収
6. 再度行う

360度評価を導入するにあたっては導入前に必ず説明会を開きましょう。
いつからスタートするのかを明確化して伝えないと混乱するためです。
しっかりと受け入れられるように準備を怠らないようにしましょう。

⇒CBASE 360 で自社の人事課題を解決する

360度評価導入の注意点

360度評価導入の注意点として、必ず目的を決めましょう。
なぜなら、導入する目的が曖昧になると一気に効果検証が難しくなるためです。
例えば人材育成を第一の目標とするのか、組織風土改善を目標とするのかなどです。
目的がしっかりとしていなければ運用にも影響します。
企業の狙いをしっかりと定めて導入しましょう。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「CBASE 360」

360度評価を導入するにあたって企業が行うべき工夫

「360度評価を導入するにあたってはどのような工夫が必要となるのだろうか」と気になりませんか。
360度評価を導入するにあたっては、以下のような工夫を行いましょう。
・評価項目は事前に目的を決めて決定する
・現場に受け入れやすいようにスケジュール調整をする
・細かくフォローする
それぞれについて解説します。

評価項目は事前に目的を決めて決定する

360度評価における評価項目は必ず事前に目的を決めて決定するようにしましょう。
なぜなら、目的から計算して質問項目を決定する必要性があるためです。
組織をどのような方向性に導きたいのかをしっかりと決め、評価項目を決めましょう。
事前に360度評価を行う目的を決定することが重要です。

360度評価の項目やサンプルに関して、下記の記事を参考にしてみてください。
参考:部下が上司を評価する!?360度評価の項目・サンプル

現場に受け入れやすいようにスケジュール調整をする

360度評価の導入にあたっては、現場に受け入れやすいようにスケジュール調整をしましょう。
現場が快く評価制度を受け入れなければ円滑に運用が出来ないためです。
例えば製造現場であれば生産負荷が高くなる時期は避け、現場が暇な閑散期を狙うようにしましょう。
いつもよりも時間的に余裕がある方がしっかりとした回答が返ってきます。

細かくフォローする

360度評価を導入するにあたっては、必ず制度についての説明やサポートをするようにしてください。
なぜなら、細かいフォローがなければ運用が頓挫する可能性があるためです。
現場で疑問点が出たらすぐに担当者が回答するなど、親切にするようにしましょう。

⇒「CBASE 360」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、360度評価のメリットとデメリットについて解説させて頂きました。
360度評価は多面的な評価制度であり、上司だけではなく部下や取引先、他の部署などの関係者も評価に参加する新しいタイプの評価制度です。

360度評価のメリットは以下の通りです。
・社員全員が評価に参加することができ視野が広がる
・上司以外の評価者視点を知ることができる
・管理職自身の成長を促すことができる

360度評価のデメリットは以下の通りです。
・評価軸が曖昧になる
・従業員が過度に評価を気にするようになる
・従業員同士で評価を上げてしまう
360度評価を導入するにあたっては、説明会を開催して、先にシミュレーションをするなどしておきましょう。

また、導入にあたっては以下のような工夫をすることが大切です。
・評価項目は事前に目的を決めて決定する
・現場に受け入れやすいようにスケジュール調整をする
・細かくフォローする

360度評価制度のメリットとデメリットを把握し、360度評価の導入を検討するようにしましょう。


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「CBASE 360」

    360度評価支援システム「CBASE 360」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「CBASE 360」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「CBASE 360」



CBASE 360 HRコラム編集部

「CBASE 360」は、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。