資料請求
人事評価システム「CBASE」はこちら
コラム
カテゴリ

ダイバーシティマネジメントとは?実践して良い会社を作ろう

⇒【マンガでわかる】「360度評価」のメリットやデメリット、失敗しないための導入方法が詳しく学べる資料を1分でダウンロード

「ダイバーシティマネジメントとはどのようなことなのだろうか」
「ダイバーシティマネジメントとは何を指すのだろうか」
と気になりませんか。
ダイバーシティマネジメントは、企業のような集団の中において存在する多様性が競争力の源泉となり得るという考え方に立ったマネジメントのことを指します。
この記事を読めば、ダイバーシティマネジメントについて理解することができます。
ダイバーシティマネジメントについて気になっている方はぜひ、最後まで読んでいって下さい。

ダイバーシティマネジメントとは

ダイバーシティマネジメントとは、多様性のある人材を活かして企業の生産性をアップさせようという考え方をベースにしたマネジメント手法のことを指します。
例えば、日本企業において管理職は男性中心という傾向がありましたが、積極的に管理職に女性を登用する機運が高まっています。
新卒採用に関しても大企業を中心に新卒採用枠の半分を女性にするといった積極的な行動に出ている企業があります。
また、ダイバーシティマネジメントの考え方として少数派が多数派に合わせるといった排他的なマネジメントを戒める考え方もあります
様々な個性や特徴を持った人材が平等な条件下で活躍できることを目指し、その競争の結果、企業の生産性が向上することを目指しているのがダイバーシティマネジメントです。

ダイバーシティとは?

ダイバーシティマネジメントの前提となるダイバーシティとは多様性を指しています
例えば、年齢や性別、人種といった表層的で自分の努力では変えられない個性から深層的で目には見えない個性として宗教上の信仰や性格、趣味、職歴といった個性があります。
リンク:https://www.hrm-service.net/column/article240/
重要な点としてはダイバーシティとは様々な個性を持った人材が社内に存在しており、その個性に会社ができる限界まで寄り添う姿勢があることが重要ということです。

【CBASE 360 なら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「CBASE 360」の詳細を見る

ダイバーシティマネジメントが重要視される社会的背景

「なぜここまでダイバーシティマネジメントが重要視されるようになったのだろうか」と気になりませんか。
ダイバーシティマネジメントが重要視される社会的背景として、以下の背景があります。
・社会の変化
・人材定着のために多様性が重要
・少子高齢化への対応が必要
それぞれについて解説します。

社会の変化

ダイバーシティマネジメントが重要視される社会的背景として、社会の変化があります。
1986年に男女雇用機会均等法が実施され、2012年には女性活躍推進が叫ばれました。
日本では男性の正社員を中心とした採用を実施する企業が多かったのです。
しかし、法律が作られ社会が変化することを求められた結果、ダイバーシティマネジメントが注目されるようになりました。

人材定着のために多様性が重要

ダイバーシティマネジメントに注目が集まるきっかけとして、人材定着のために多様性が重要だとされている状況があります。
人材に定着してもらうためには、多様性のある人材が活躍することが重要なためです。
例えば過重労働の問題は従業員として活躍できる年齢や性別を企業が一方的に決めつけてしまっているため社内に人手がない状態に陥っていることも多いです。
多用な人材の活躍によって社員が働きやすい職場を形成する必要性があります。

少子高齢化への対応が必要

ダイバーシティマネジメントは少子高齢化対策としても注目されています。
なぜなら、日本は少子高齢化でこれまでのような男性中心の正社員採用では企業が維持できないためです。
女性や定年退職後のシニアなど、多様性のある人材を活用することで生産力を維持または向上することができます。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

ダイバーシティマネジメントのメリット

「ダイバーシティマネジメントのメリットはどのようなものなのだろうか」と気になりませんか。
ダイバーシティマネジメントのメリットは以下の通りです。
・企業のイメージが良くなる
・採用力が強化される
・イノベーションを起こすきっかけとなる
それぞれについて解説します。

企業のイメージが良くなる

ダイバーシティマネジメントを推進することで企業のイメージが良くなります。
なぜなら、多様性のある人材を活用することで魅力的な企業に見えることが多いためです。
雇用に関して柔軟性のある企業として注目される可能性もあります。

採用力が強化される

ダイバーシティマネジメントを行うことで採用力が強化されます。
なぜなら、これまでよりも採用できる人材の幅が広くなるためです。
これまで正社員は男性で40代までと決めていた企業が女性やシニアを採用するようになれば人手不足が解消されます
採用基準も変わるため、採用時の判断基準が刷新されることで変化が起こります。

イノベーションを起こすきっかけとなる

ダイバーシティマネジメントを行うことによって、イノベーションを起こすきっかけを得ることができます。
なぜなら、多様な人材がアイデアを出す状態になるためです。
これまで着手が難しかった仕事なども前に進むようになります。

⇒CBASE 360 で自社の人事課題を解決する

ダイバーシティマネジメントのデメリット

「ダイバーシティマネジメントのデメリットはどのようなものなのだろうか」と気になりませんか。
ダイバーシティマネジメントのデメリットは以下の通りです。
・変化に時間がかかる
・社内に受け入れられる体制を作る必要性がある
それぞれについて解説します。

変化に時間がかかる

ダイバーシティマネジメントの浸透には時間がかかります。
これまでと社内の雰囲気が変わるためです。
例えば多数派の男性に考慮した仕事場であった状態が少数派の女性社員が働きやすい環境に変化することで戸惑いが生じます。
受け入れるまでには時間を要します。

社内に受け入れられる体制を作る必要性がある

社内の変化を受け入れられる体制を作る必要性があります。
なぜなら、基本的に人間は変化を嫌うためです。
例えば、女性が主に行っていた仕事を男性社員にも任せることやその逆の変化です。
誰もが平等に力を発揮できる体制を作るために業務分掌ごと見直します。

【マンガでわかる!「360度評価入門ガイド」を無料ダウンロード】
「360度評価の基本知識」を12ページのマンガ形式でわかりやすく解説。
今ならすぐに資料のダウンロードが可能!
・360度評価のメリットやデメリットを知りたい
・失敗しない導入方法を知りたい
⇒資料ダウンロードはこちら

ダイバーシティマネジメントを実践するコツ

「ダイバーシティマネジメントを実践するにあたってはどのようなコツがあるのだろうか」と気になりませんか。
ダイバーシティマネジメントを実践するにあたっては以下のコツがあります。
・粘り強く社内に理解を求めるために説明会や研修を行う
・会社の現状を把握する
・就業規則改定や評価基準の明確化を行う
それぞれについて解説します。

粘り強く社内に理解を求めるために説明会や研修を行う

ダイバーシティについて理解を深めるために、粘り強く説明会や研修を実施しましょう。
定期的に研修会が開かれることで意識が高まります
出来るだけ社員全員に参加してもらうようにしましょう。

会社の現状を把握する

ダイバーシティマネジメントを推進するためには会社の現状把握が重要となります。
なぜなら、現状把握がなければ改善の仕方が分からないためです。
社内の年齢構成や男女比など様々なデータを集めてください。

就業規則改定や評価基準の明確化を行う

ダイバーシティマネジメントを行うにあたっては、就業規則改定や評価基準の明確化をしてください。
評価軸がなければどのように行動すれば良いのか社員は分かりません
必ず社員が動きやすい労働環境を作ってください。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「CBASE 360」

ダイバーシティマネジメントを実践する企業の事例

ダイバーシティマネジメントを実践する企業として以下の企業があります。
・株式会社日立ハイテク
・株式会社足立商事
それぞれについて解説します。

株式会社日立ハイテク

経済産業省によると株式会社日立ハイテクはダイバーシティ実践企業となっています。
参考:経済産業省 令和2年新・ダイバーシティ経営企業100選
https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/diversity/kigyo100sen/r2besupura.pdf
働き方やキャリアパスの選択肢を増やした結果、増収増益を達成したとのことです。

株式会社足立商事

経済産業省によると、株式会社足立商事はダイバーシティを実践しているとのことです。
参考:経済産業省 経済産業省 令和2年新・ダイバーシティ経営企業100選
https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/diversity/kigyo100sen/r2besupura.pdf
完全フリーフレックス制度を導入し多様な人材が仕事をできるようにした結果、人手不足を解決したとのことです。

⇒「CBASE 360」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、ダイバーシティマネジメントについて解説させて頂きました。
ダイバーシティマネジメントで重要なことは多様性のある人材に競争してもらい生産力を強化することです。
ダイバーシティマネジメントで企業の生産力をアップさせましょう。


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「CBASE 360」

    360度評価支援システム「CBASE 360」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「CBASE 360」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「CBASE 360」



CBASE 360 HRコラム編集部

「CBASE 360」は、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。