資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

トップマネジメントとは?経営戦略実現のためにマネジメントを行おう

2022.08.19 管理職育成

⇒【マンガでわかる】「360度評価」のメリットやデメリット、失敗しないための導入方法が詳しく学べる資料を1分でダウンロード

「トップマネジメントとはどのようなマネジメントなのだろうか」
「トップマネジメントとは具体的にどのようなことを指すの」
と気になりませんか。
トップマネジメントは経営陣が率先して企業をけん引するといったマネジメントスタイルのことを指します。
この記事を読めば、トップマネジメントについて理解することができます。
トップマネジメントについて気になっている方はぜひ、最後まで読んでいって下さい。

トップマネジメントとは

トップマネジメントとは、経営者や役員といった経営のトップ層が企業の経営や管理を行うことを指します。
日本においてトップマネジメント層は最高経営責任者層などと呼ばれます。トップマネジメントという言葉のトップには経営に関する最上位という意味があります。

isoにおけるトップマネジメントとは

トップマネジメントにおける規格として、isoにはトップマネジメントという言葉が出てきます。
isoでは様々な重要課題を最終的に決定や管理する最終責任者をトップマネジメントだとしています
つまり最終的な責任を取る社員がトップマネジメントだと言えます。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

トップマネジメントの役割

「トップマネジメントにおいてはどのような役割が存在するのだろうか」と気になりませんか。
トップマネジメントの役割として、以下の役割があります。
・危機管理への対応
・公的な地域行事への参加の可否
・経営戦略などの策定
・人材育成計画の策定
それぞれについて解説します。

危機管理への対応

トップマネジメントの役割として、危機管理への対応があります。
企業が経営上厳しい状態に陥った場合のリスクヘッジや自然災害などに対する対処法なども決めておく必要性があります
あらゆることに対するリスクヘッジを考えることが重要です。

公的な地域行事への参加の可否

トップマネジメントでは、公的な地域行事への参加の可否なども決定します。
なぜなら、公的な場に積極的に顔を出すことも重要な営業活動となるためです。
いざというときに助けてもらえるように信頼関係を築いておくことも大切です。トップマネジメントでは、公的な地域行事への参加の可否なども決定します。なぜなら、公的な場に積極的に顔を出すことも重要な営業活動となるためです。

経営戦略などの策定

トップマネジメントでは経営戦略を策定します。
なぜなら、これからどのような事業展開をしていくのかについて考える必要性があるためです。
特にトップマネジメントは会社の代表としてどのような仕事をしていくべきなのかを真剣に考えなければなりません。

人材育成計画の策定

トップマネジメントの仕事として、人材育成計画の策定があります。
しっかりとした人材育成計画を作成し、全社に展開する必要性があります
また、次のトップマネジメント層を育成するということも考える必要性があります。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

トップマネジメントにおける階層

トップマネジメントにおける階層として、以下の階層があります。
・トップマネジメント層
・ミドルマネジメント層
・ロワーマネジメント層
それぞれについて解説します。

トップマネジメント層

トップマネジメント層は会社の代表である社長や役員などの経営陣のことを指します。
isoにおいては組織を指揮・管理する人材だと定義されています。
日本では一般的に経営層と呼ばれることが多いです。

ミドルマネジメント層

ミドルマネジメント層は中間管理職のことを指します
トップマネジメント層が決定した事柄を、ミドルマネジメント層が指揮命令され動きます。
ミドルマネジメント層は部課長職といった現場を知っている人材であり、知識を前提として部下に仕事を采配していく存在です。

ロワーマネジメント層

ロワーマネジメント層は、仕事の現場で実際に働く従業員に指示を出す立場のマネジメント層です。
日本で言えば、係長などの役職者がロワーマネジメント層にあたります
命令を実際に進めていく存在であり、業務をしっかりと進めることを第一に求められる階層です。

【マンガでわかる!「360度評価入門ガイド」を無料ダウンロード】
「360度評価の基本知識」を12ページのマンガ形式でわかりやすく解説。
今ならすぐに資料のダウンロードが可能!
・360度評価のメリットやデメリットを知りたい
・失敗しない導入方法を知りたい
⇒資料ダウンロードはこちら

トップマネジメントに必要なスキル

「トップマネジメントに必要なスキルとはどのようなスキルなのだろうか」と気になりませんか。
トップマネジメントには以下のスキルを持つことが重要だと言われています。
・ヒューマンスキル
・コンセプチュアルスキル
・テクニカルスキル
それぞれについて解説します。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは人間関係をしっかりと円滑に回すことができるスキルのことを指します。
マネジメント層にとって最も重要なスキルだと考えられているスキルであり、どれだけ考える力を持っているのかといったところも重要です。
例えば、個人で仕事をする分には申し分のない人材であっても、他の社員の気持ちが理解できず、お互いに協力しあえる関係性を築けなければ仕事はし辛くなります。
また、トップの指示もうまく現場に伝わっていかないでしょう。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルは、複雑な問題を単純化できるスキルのことを指します。
物事の本質を見抜き、どのような行動をすれば問題解決が可能なのかという物事の本質を見抜くことができるようなスキルです。
基本的にはロジカルシンキングなどがベースにあり、どのようにすれば効率よく問題を解決できるのかといった視点を持ち合わせていることも重要です。

テクニカルスキル

テクニカルスキルとは、各部署で仕事を遂行するために必要な業務知識やスキルのことを指しています。
トップマネジメントを実践するにあたっては業界知識など膨大な知識が必要となります。
また、テクニカルスキルはその場その場で求められる技能を提供する必要性もあります。
企業が掲げる目標を達成するために必要なスキルなどに関して、現場を通してうまく活用することもトップマネジメントには求められているということです。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

トップマネジメントで組織力を強化しよう

トップマネジメントで組織力を強化しましょう。
なぜなら、トップマネジメントを実践することによって、会社全体がうまく機能する可能性があるためです。
例えば、トップマネジメントがうまく機能しなければ、企業が掲げる絶対に達成したい売り上げ目標などを達成することは難しくなる可能性があります。
また、企業はメンバーが入れ替わっていくことが常であり、次のトップマネジメント層に様々なノウハウを引き継ぐためにもトップマネジメントの方法論を残していくことが大切です。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

まとめ

今回は、トップマネジメントについて解説させて頂きました。
トップマネジメントとは、経営者や役員などのトップが企業の経営や管理を行うことを指しています。
特に本文中でも解説させて頂いた、トップマネジメントの役割について読んでみてください。
トップマネジメントは成果をあげるだけではなく、公的な行事への参加をするかどうかなど、非常に幅広い範囲で管理をされています。
単純な売上向上に向かうだけではなく企業全体の危機管理なども行っています。
とても重要なポジションであり、トップマネジメントがしっかりと機能していると会社全体が上手く機能する状態になります。
また、以下のようなスキルがトップマネジメントには重要です。
・トップマネジメント層
・ミドルマネジメント層
・ロワーマネジメント層
トップマネジメントをうまく現場に伝えるために各層が努力する必要性があります。
トップマネジメントを行い、会社をより機能させ、大きな成果を残すようにしましょう。


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。