資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

多面評価とは?導入のメリットとデメリット、注意点を徹底解説!

⇒【マンガでわかる】「360度評価」のメリットやデメリット、失敗しないための導入方法が詳しく学べる資料を1分でダウンロード

「多面評価とはどのような評価制度なのだろうか」
「多面評価を導入することによって、どのような評価をすることが出来るのだろうか」と気になりませんか。
多面評価を導入することで、上司と部下が双方に評価しあう体制を社内に作ることが可能となります。
この記事を読むことによって、多面評価制度とはどのような制度なのかということを理解することができます
多面評価制度について気になっている方はぜひ、最後まで読んでいって下さい。

多面評価とは?

多面評価とは、別名360度評価とも呼ばれる人材評価手法のことを指しています。
多面評価では上司と部下がお互いに評価を決定しあうため、評価の納得性が高くなります。
また、相互に評価し合うことで、信頼関係が生まれやすくなり、風通しの良い社風の実現を行うこともできます。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

多面評価を行う目的

多面評価を行う目的として、公平な評価の実現があります。
なぜなら、多面評価を行うことによって上司と部下が評価しあう環境になるためです。
お互いを評価しあうため公平な評価制度が実現できます。
また、多面評価を導入することによって管理監督者である上司が客観的に自分の評価を見つめなおし仕事手法などを改善できるようになります

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

多面評価が注目される社会的背景

「なぜ多面評価が注目されるようになったのだろうか」と気になりませんか。
多面評価が注目されるようになった社会的背景として、以下の背景があります。
・社員の価値観の多様化
・フィードバックが重要視されるようになってきた
それぞれについて解説します。

社員の価値観の多様化

多面評価が注目されるようになった背景には、社員の価値観の変化があります。
なぜなら、かつては当たり前だった終身雇用制度が限界にきているためです。
1社に就職して定年まで過ごすという状態が当たり前ではなくなった結果、社員の価値観が多様化し、会社に尽くすという考え方が失われています。

フィードバックが重要視されるようになってきた

昨今の潮流として、フィードバックが最重要視されるようになってきたという事情があります。
なぜなら、評価結果だけを伝える形で評価制度を実施すれば評価が低い社員はモチベーションを失うためです。
多面評価を実施すれば、細かくフィードバックできるため、社員が努力する方向性を見出せます。

多面評価を導入するメリット

「多面評価を導入するメリットは何なのだろうか」と気になりませんか。
多面評価を導入するメリットとして、以下のデメリットがあります。
・フィードバックを細かく行うことができる
・多方面から評価することが出来る
それぞれについて解説します。

フィードバックを細かく行うことができる

多面評価を導入することによって、フィードバックを細かく行うことが可能です。
なぜなら、多面評価はフィードバックをすることが大前提の制度となっているためです。
フィードバックを細かく行うことで上司と部下の仕事の評価ポイントや心情が理解できるため、必然的に深い信頼関係が出来ることになります。
フィードバックを細かく行うことが可能な点が多面評価のメリットであるといえます。

多方面から評価することが出来る

多面評価のメリットとして、多方面から社員を評価することが可能というメリットがあります。
なぜなら、多面評価は上司や部下、取引先など様々な関係者から仕事についてのフィードバックを受けることが可能なためです。
多面評価は文字通り、1人の社員を様々な角度から評価することになります。
結果、多方面から評価が集まり、仕事の改善が促されます

【マンガでわかる!「360度評価入門ガイド」を無料ダウンロード】
「360度評価の基本知識」を12ページのマンガ形式でわかりやすく解説。
今ならすぐに資料のダウンロードが可能!
・360度評価のメリットやデメリットを知りたい
・失敗しない導入方法を知りたい
⇒資料ダウンロードはこちら

多面評価を導入するデメリット

「多面評価を導入するデメリットは何なのだろうか」と気になりませんか。
多面評価を導入するデメリットとして、以下のデメリットがあります。
部下に忖度する上司が出る可能性がある
評価基準について疑義が生じる可能性がある
それぞれについて解説します。

部下に忖度する上司が出る可能性がある

多面評価を導入するデメリットとして、部下に忖度する上司が出る可能性があります。
なぜなら、多面評価では上司が部下を評価することになるためです。
上司には会社全体の動きを見て仕事の進め方を判断し、まずい仕事の進め方をすれば指導する義務があります。
上司の本分を果たさずに部下に取り入ろうとしてしまう上司が出る可能性があるのです。

評価基準について疑義が生じる可能性がある

多面評価では、評価基準について疑義が生じる可能性があります。
なぜなら、多面評価では上司や部下、取引先など様々な関係者が自分の立場から見て評価するためです。
ですから、評価基準に納得がいかないという事態が起こることがあり得ます。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

多面評価における評価項目

多面評価における評価項目として、以下のような項目があります。
・リーダーシップ
・コミュニケーション
・判断力
上記のような項目が評価項目としてあり、それぞれを上司や部下などが自分の立場で評価していきます。
詳細について気になる方はぜひ、以下の記事を参考にしてみてください。
⇒部下が上司を評価する!?360度評価の項目・サンプル|スマレビ HRコラム

多面評価システムの導入で効率的に多面評価を導入しよう

多面評価システムの導入で効率的な多面評価を導入しましょう。
多面評価システムは会社に合わせてカスタマイズ可能な設問例などが用意されており、便利なためです。
ぜひ当社の360度システムを活用にしてみてください。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

多面評価の事例

「他の企業はどのような多面評価を行っているのだろうか」と気になりませんか。
多面評価を行っている企業として、以下の企業があります。
・株式会社ディーエヌエー
・クレディセゾン
それぞれについて解説します。

株式会社ディーエヌエー

株式会社ディーエヌエーでは多面評価を導入しているとのことです。
参考:フルスイング 「“記名式”の360度フィードバックで改善サイクルを早める」社員を輝かせるDeNA人事のポリシー|フルスイングmeetup!! レポート
https://fullswing.dena.com/archives/122
人材をいかに埋もれさせずに輝かせるかを目標にしているとのことです。
多面評価のコメントを全体公開するなど思い切った改革をしています。

株式会社クレディセゾン

株式会社クレディセゾンでは、360度評価を導入しているとのことです。
参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)  クレディセゾンの多様な社員活用の取り組み
https://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20150312/houkoku/03_jirei2.html
株式会社クレディセゾンは社員の夢中力を磨くことを目的にしています。
社内ハイパフォーマー社員の特性から抽出した項目から評価をしているとのことです。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、多面評価について解説させて頂きました。
多面評価とは1人の人材を様々社員が評価する制度のことです。
特に注目して欲しいことは、本文中でも解説させていただいたメリットです。
多面評価には以下のメリットが存在しています。
・フィードバックを細かく行うことができ
・多方面から評価することが出来る
多面評価にはフィードバック中心で評価を行うという特徴があり、社内コミュニケーションが活発化する特徴があります。
注意しなければならないデメリットは以下です。
・部下に忖度する上司が出る可能性がある
・評価基準について疑義が生じる可能性がある
上司が部下に忖度してしまうことや、評価基準に納得がいかなくなる可能性があります。
しかし、評価を続けていくうちに改善されることもあります。
多面評価を導入し、風通しの良い会社を目指しましょう。


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。