資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

次世代リーダーの育成方法とは?育成方法を徹底解説

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビ for 360°」の詳細はこちら

次世代リーダーを育成するためには何が重要なのだろうか」
次世代リーダーを育成する上で注意すべき点は何なのだろうか
と気になりませんか。
次世代リーダーを育成する上で重要なことは経営視野を持ち、自発的に仕事ができる社員を育成することを意識することです。
なぜなら、これからの時代は自ら率先して仕事を自発的に行う人材が会社内にどれだけ存在するかが重要となるためです。
変化の激しい時代に指示待ちの社員ばかりが在籍している状況になれば、会社自体が立ちいかなくなる可能性もあります。
この記事を読めば、次世代リーダー育成の方法について理解することができます。
次世代リーダー育成について悩んでいる方はぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

次世代リーダーとは?

次世代リーダーとは、将来会社の幹部になる幹部候補生のことを指します。
将来的には会社のことを全て理解し、自ら実行する能力を身に着けることが求められるのが幹部候補生です。
そのため、自ら積極的に仕事から吸収し、自発的に行動できるような人材を育成する必要性があります。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

次世代リーダー育成が重要視される社会的背景

次世代リーダー育成が重要視される社会的背景には、変化の激しい時代になったという背景があります。
なぜなら、グローバル化に伴い経営が不安定な状態が常となっているためです。
日本が高度経済成長期のように右肩上がりで業績がアップし続ける環境ならば会社に在籍している社員の中でたまたま優秀な人材に育った社員を経営幹部にすれば良かったです。
しかし、グローバル化に伴い世界中の景気変動が日本企業に直撃する現状においては、これまでのやり方を変え積極的に仕事をこなせる人材を積極的に育成していく必要性があります。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

次世代リーダー育成方法・研修5選

「次世代リーダー育成方法や研修方法にはどんなものがあるの」と気になりませんか。
次世代リーダー育成方法として、以下の5つがあります。
・座学
・OJT
・グループワーク
・外部研修
・集合研修
それぞれについて解説します。

座学

座学は文字通り、机に座って学習をする知識習得型の研修となります。
座学を次世代リーダー育成に活用することで知識をしっかりと吸収することが出来るためです。
仕事をしながらのOJTよりも深く業務に必要な知識を身に着けることが可能です。
特に経営学や仕事の考え方などを学ぶ場合には有効です。

OJT

OJTは次世代リーダー育成手法の中でも多用されている教育手法の一つです。
優秀な社内の管理職や経営層などと一緒に仕事をすることで、経営者の考え方や仕事の進め方を学ぶことが可能なためです。
優秀な管理職や経営者の元で仕事をすることで、一層の能力アップが見込まれます。
次世代リーダーとして期待がかかっている人材には積極的に研修を行いましょう。

グループワーク

グループワークでは次世代リーダーとして期待している人材を集めて、議題を決めてディスカッション等を行う研修です。
企業内だけで行うケースだけではなく、研修を実施している会社に依頼して次世代リーダーとして期待している人材を参加させる方法もあります。
自社内だけで行うだけではなく、親会社やグループ会社と一緒に研修を実施することも有効であると言えます。

外部研修

外部研修は、次世代リーダー候補者を外部のプログラムに参加させる方法です。
外部の研修専門会社が実施を行うため、工数負担が低く済む傾向にあります。
また、外部研修には他の企業のリーダー候補者も参加します。
そのため、良い刺激となることもあります。

集合研修

集合研修は、会社内の有望な次世代リーダー候補者を集めて行う研修です。
集合研修では社内の人たちから刺激を受けることができるため、おすすめです。
普段コミュニケーションを取り合えない地方の支社の社員を参加させるなどして意見が活発化するようにすることで、参加者に良い刺激を与えることができます。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

次世代リーダー育成を行うメリット

「次世代リーダー育成を行うメリットって何なのだろうか」と気になりませんか。
具体的には、以下のメリットがあります。
・経営視野を持つ人材育成が可能
・社員のモチベーションアップが可能
・育成体系を確立できる
それぞれについて解説します。

経営視野を持つ人材育成が可能

次世代リーダー育成を行うことによって、経営視野を持った人材が育成可能となります。
なぜなら、次世代リーダーには自発的に仕事が出来るように教育を通して広い視野を得られる状態になるためです。
次世代リーダーの育成候補には管理職となっている方が対象者となることも多いですが、将来を見据えて社員の年齢が若い間から期待の人材を育てることが可能です。

社員のモチベーションアップが可能

次世代リーダー研修を行うことによって、社員のモチベーションアップが可能となります。
なぜなら、研修を受けることによって会社から期待されていると感じる社員が存在するためです。
期待されていると感じた社員は積極性を発揮する可能性があります。
ただし、プレッシャーに弱い社員にとっては仕事に辛さが出る可能性があります。

育成体系を確立できる

次世代リーダー育成を積極的に行うことで、育成体系を確立することができます。
思考錯誤しながら会社にとって重要な人材を育てるノウハウが蓄積されるためです。
人材育成を積極的に行うことで会社全体が活性化することもあります。
人材育成のノウハウを社内に貯めることでより良い人材育成体系を確立することが可能です。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

次世代リーダー育成を行うデメリット

「次世代リーダー育成を行うデメリットには何があるのだろうか」と気になりませんか。
次世代リーダー育成を行うデメリットとして、以下のデメリットがあります。
・短期では成果が見えない
・対象者選定が難しい
・あるべき姿を会社が示しにくい
それぞれについて解説します。

短期では成果が見えない

人材育成はすぐには成果が見えず、短期では費用対効果が見えにくい傾向にあります。
人材育成には時間と根気が必要となるためです。
会社側として積極的になって欲しい仕事の進め方などは徐々に社員が覚えていくものであるため、即効性には期待できません。

対象者選定が難しい

次世代リーダー育成の対象者選定が難しいという問題があります。
なぜなら、次世代リーダーの育成対象は管理職だけではなく比較的若手も対象となることがあるためです。
現在の管理職(課長職以上)や準管理職の係長クラスだけではなく将来経営を担う層の若者の選定基準などを固めなければ、社員間で「私は研修に呼ばれていないため、幹部候補ではないんだ」など社員から不安や不満が出ることもあります。

あるべき姿を会社が示しにくい

人材のあるべき姿を会社が示しにくいというデメリットがあります。
なぜなら、必要な人材像は時代によって変化するためです。
柔軟性を持ちつつ、社員を研修によって導く必要性があります。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、次世代リーダー育成について解説させていただきました。
特に本文中でも解説させていただいた次世代リーダー育成の方法については以下の方法があります。
・座学
・OJT
・グループワーク
・外部研修
・集合研修
自社に合ったやり方で人材育成を進めるようにしましょう。


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。