2016.08.23360度評価 , 人事制度・評価 , 人材育成・能力開発

評価者研修は必要?360度評価の考課者訓練と教育について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6631-00101-1

勤続年数や年齢によって評価する年功序列に代わり、現在は実力や成果によって評価する成果主義が浸透しています。人事評価の重要性が以前よりも高まり、多面的に人材を評価できる手法が求めらていることが現状です。そんな現在で注目されている評価方法の1つに、「360度評価」があります。

そこで今回は、360度評価の考課者訓練についてご紹介します。

人材を多面的に捉える「360度評価」

6631-00101-2これまでの一般的な人事評価は上司1人によって行われてきました。360度評価は部下や同僚、時には取引先の担当者など、複数の人が評価し、人材を多面的に捉える評価方法です。

複数の人がさまざまな角度から人材を評価することによって、今後の育成方針の決定や本人のモチベーションアップに役立てることができます。

ビジネスパーソンには個人の資質や適性のみならず、責任性や協調性、リーダーシップなどのプロジェクト遂行に欠かせない能力も求められます。ビジネスで要求される幅広い能力を正確に評価するためには、360度評価による複数の視点が必要です。1人の視点では人材の一面しか見ることしかできません。

人事評価では「評価のブレ」が起きやすい

6631-00101-3人事評価に関わったことのない人が評価者となる可能性がある360度評価では、評価者の主観が入り込むことによって、「評価のブレ」が生じる可能性があります。

360度評価に限らず、人事評価の重要なポイントは客観性です。自分の部下を甘く評価すること、好き嫌いやステレオタイプに基づいた評価をすること、仕事以外の面まで評価に入れること、一個人の経験や価値観だけで評価することなどは避ける必要があります。

客観的な評価結果のフィードバックは各社員の気付きや成長を促します。自分の能力や会社への貢献度について、適切な評価結果のフィードバックを与えることにより、初めて人事評価が意味を持ちます。

しかし、人事評価の経験が浅い場合、客観的な評価は容易ではありません。誤ったフィードバックは何も成果を生まないばかりか、被評価者に不安を感じさせてしまいます。

したがって、360度評価の精度を高めるためには、考課者の教育が不可欠です。

360度評価の効果を最大限に引き出す「考課者訓練」

6631-00101-4考課者訓練としてよく実施される内容が、評価制度の仕組みに対しての理解を深める研修です。評価する側と評価される側の双方が評価の仕組みを理解することが、360度評価成功につながります。

考課者訓練では、評価エラーについての知識も学びます。評価エラーとは、さまざまな要因によって人事評価上起きるエラーのことです。

評価中は、評価者による意図的なエラーから、意図せず犯してしまいがちな評価エラーまでさまざまなエラーが起こりえます。

代表的な評価エラーには、学歴や性別などによる先入観によって評価が歪む「先入観エラー」や、特定の評価項目についての印象が強すぎて他の評価項目にまで影響が及ぶ「ハロー効果」、評価者の能力を基準に評価してしまう「対比誤差」、自分の評価に自信がないため高い評価や低い評価を付けることを避ける「中央化傾向」などがあります。

あらかじめ起こりやすいエラーを把握することにより、エラーの発生を防ぐことが可能です。また、その他の訓練内容として、ケーススタディによる演習やフィードバックの方法についての研修などが挙げられます。

おわりに

今回は360度評価における考課者訓練の内容と必要性についてご紹介しました。360度評価は人材育成や社員のモチベーションの向上に欠かせないツールです。精度の高い評価を行うために評価者の教育が必要であることを会社全体で理解することによって、360度評価を正しく活用することができます。

ASP型360度評価支援システムならスマレビfor360°

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
人事評価ナビ編集部

人事評価ナビ編集部

人事考課の評価基準や人事面談や多角的な360度評価など、人事評価に関するお役立ち情報を発信しています。