資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

マネジメントとは?マネジメントを通して経営を改善しよう!

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

「いつも何気なく使っている言葉だけど、マネジメントとはどんな意味なのだろうか」
マネジメントとは具体的にはどんなことを指すのだろうか」
と気になっていませんか。
マネジメントとは、経営や管理のことを指します。
企業が円滑に経営を行うために重要なのがマネジメントです。
この記事を読めば、マネジメントについて理解することができます。
マネジメントについて気になっている方はぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

マネジメントとは何か。簡単に解説

マネジメントを簡単に解説すると、経営に必要な資源であるヒト・モノ・カネを適切に管理して企業を経営していくことを指します。
企業にとって非常に重要な考え方であり、マネジメントがしっかりとしていないと経営に行き詰まる可能性が高いです。
管理と経営のことを指すのがマネジメントということです。
ただし、昨今では単純に数値を管理するだけではなく社員が積極的に仕事をすることができるように環境を整えていくことも人事マネジメントとして重要視されています。
数値だけではなく経営資源として最も重要な人の管理運営が企業の業績を左右するといえます。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

ドラッカーの定義するマネジメントとは

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーという著名な経営学者によるとマネジメントとは、以下のように定義されています。
・マネジメントとは、組織に成果を上げさせるための機関や道具
・マネージャーとは、組織の成果に対して責任を持つ人材
つまり、マネジメントとは会社組織そのものを指しており、マネージャーは成果に責任を持つ人のことを指しているということです。
マネジメントが会社そのものの機能性を指しており、マネージャーは会社という機能性の高い道具を駆使して利益を上げて責任を果たすことが望まれるということです。
どちらも概念的に重要であり、会社組織が弱ければ人が上手く利益を上げることができません。
会社と人の両方が機能して初めてマネジメントが達成できるといえます。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

マネジメントの意味と目的

マネジメントの目的は設定した目標を計画に沿って忠実に達成することです。
経営計画そのものが利益の最大化を目指したものが多いため、マネジメントをしっかり行うことによって企業の経営状態が良くなることになります。
マネジメントをしっかりと行うことによって企業の業績が左右されるということです。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

マネジメントとは仕事の中でどう活かされるのか

マネジメントは仕事の中で以下の場面で活かされます。
・通常業務の中に不要な仕事が紛れていないか
・顧客満足度を下げてしまうような仕事はないか
・業務に必要な人員は過剰なのかそれとも不足しているのか
上記のような状況でマネジメントが活かされます。
適切な人員配置や仕事の進め方など多岐にわたる事項に対してマネジメントが機能していれば対応できます。
数値をしっかりと取り、どのような体制で仕事をすれば経営が改善されるのか、顧客を満足させることができるのかなどを知ることが重要です。
また、マネジメントにおいては数値を知り具体的にどうすることが最も経営上良い効果を生むのかを具体化していくことも重要です。
経営資源を最大限活用するという考え方を持ち、自社に最適なマネジメントを考えるようにしましょう。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

マネジメントの先にある評価の重要性

マネジメントの対象は経営状況だけではなくヒトの評価にも及びます。
経営資源の中で最も重要であるヒトのモチベーションをアップさせることが出来なければ高い目標を掲げたとしても頓挫する可能性が高いためです。
企業が経営目標を立てる際には、昨年度の業績など過去をベースにしてさらに高い目標を立てることが一般的です。
昨年度よりも高い目標を達成しようと考えたとき、ヒトの意識が改善していなければついていけない可能性もあります。
そのため、積極的に評価制度を改善したり新たな評価制度を導入するなどして人材にテコ入れする必要性があります。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

マネジメントを変えるきっかけになる新しい評価制度

「社員の評価マネジメントを変えるにはどうすれば良いのだろうか」と気になりませんか。
マネジメントを変えるきっかけになり得る新しい評価制度として、以下の評価制度があります。
・360度評価
・OKR
それぞれについて解説します。

360度評価

360度評価はマネジメントを改善する可能性が高い評価制度です。
360度評価は上司部下共に評価をつけあい、お互いのフィードバックをすることがメインの評価制度となっているためです。
特に経営マネジメントの中でもフォローのための時間を確保しにくい評価のための時間を経営計画の中に盛り込むことが可能です。
経営計画を達成するための一環として評価制度を導入することによって、評価をしっかりと運用することが可能になります。
「マネジメントで達成すべき目標は何か」というフィードバックを上司部下共にできるため経営計画の達成にも寄与します。

360度評価につきましては、下記の記事をご参照ください。
参考:360度評価とは?多面評価を採用するメリットとデメリット

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

OKR

OKRとはObjectives and Key Resultsの略称です。
社員の個人目標と会社の経営目標を結びつける評価制度であり、マネジメント目標を達成するために導入すると良い効果を期待できます。
会社の目標と個人の目標設定を上手にリンクさせることができればマネジメント上の良い効果を期待できるだけではなく、社員のモチベーションをアップさせることも可能です。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、マネジメントとは何かについて解説させていただきました。
マネジメントとは経営資源を管理し、適切に運用して経営目標を達成することを指します。
マネジメントがしっかりとしていなければ期初に設定した経営目標の達成が難しくなります。
特に本文中でも解説させていただいた評価制度の導入はマネジメント達成に大きく貢献する可能性があります。
ヒト・モノ・カネの中で最も難しい評価マネジメントが経営目標とうまくリンクする可能性があるためです。
360度評価やOKRは経営目標とうまく融和して、最終的にはマネジメント目標を達成する助けになる可能性もあります。
マネジメントの定義を知り、うまく制度を活用することで高い経営上の効果を生みましょう。


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。