ポータブルスキルとは?種類や活用方法、重要性、鍛え方

2021.09.14 人材育成

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

ポータブルスキルとは、会社や業界を問わず、求められている能力です。社員の成長には経験やスキル以上にポータブルスキルの有無が重要視されるようになりつつあり、注目度が高まっています。
ポータブルスキルとはどのようなものか、具体的な定義や活用方法、スキルの磨き方まで解説します。選考や社員研修にぜひご活用ください。

ポータブルスキルとは

ポータブルスキルとは、厚生労働省では、業種や職種が変わっても通用する「持ち運び可能な能力」と定義されています。大まかには、仕事のし方と人との関わり方に分けられており、社会人基礎力とも深い関連があるスキルです。
社会人基礎力とは、「職場など社会で多種多様な人と仕事をするために、必要なスキル」です。社会人基礎力についてはこちらもご覧ください。ポータブルスキルとは関連性が高いものの、社会人基礎力は個人のスキルにフォーカスされている点が特徴です。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

ポータブルスキルの種類

ポータブルスキルは仕事のし方と人との関わり方の2種類に分けられます。ここでは、それぞれどのようなものか解説します。

仕事のし方

仕事のし方は以下の3つに分けられます。
・課題発見力:現状の課題分析や情報収集を行い、適切に課題を設定できる力
・計画を立てる力:計画的に期間や関係者と事前に調整し、準備を整えられる力
・実行する力:実際の課題遂行や状況に柔軟に合わせて対応できる力
これらを複合的に身につけていることで、たとえ、スキルや経験がないような社員であっても、仕事に貢献しやすくなります。

人との関わり方

ポータブルスキルでは、人との関わり方を3つに分けています。それぞれの内容と、具体的なポイントをまとめると以下の通りです。
・社内対応:社内の指示に適切に従う、求められている役割を果たすなど
・社外対応:顧客との関係を継続して維持する、新しく関係を構築するなど
・部下マネジメント:部下の指導や育成を行う、評価する
組織の中でどのような役割が果たせるのか、円滑にコミュニケーションを進める能力が必要です。人をうまく巻き込み協働するできるスキルがあると、業務遂行がスムーズになるでしょう。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

ポータブルスキルがなぜ重要なのか

ポータブルスキルの重要性が高まっているのは、採用後の社員の成長に深く関わっているためです。以前の採用活動では、スキルや経験、資格をもっているかどうかが重要視されていました。しかし、実際のところはスキルがあっても、ポータブルスキルが十分ではない場合、成長に時間がかかるケースが多々見られます。

しかし、スキルや経験、資格がなくても、会社のビジョンとマッチし、ポータブルスキルを持っている社員は成長が早く、比較的早い段階で成長し戦力になる可能性が高いです。スキルや経験が重要ではないとわけではありません。しかし、スキルや経験に加え、ポータブルスキルの観点から評価すると、選考でもよりマッチングの可能性が広がります。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

人事がポータブルスキルの考え方を活用する方法

人事がポータブルスキルを活用する場合、選考時または、人事評価に活用する方法があります。ここでは具体的にどのように活用するのか、解説します。

選考時の評価基準に取り入れる

選考時の採用基準として、ポータブルスキルを有無を評価基準に取り入れると、採用面でメリットがあります。企業のビジョンとマッチし、ポータブルスキルを持っている社員がいると、成長が早く、短い時間で戦力になれる可能性が高いです。
ポータブルスキルの有無を見極めるためには、性格や仕事の進め方、同僚や関係者との関わり方が重要視されます。どのような人物を求めているか明確になり、採用後のミスマッチも減るでしょう。

人事評価に活用する

ポータブルスキルは人事評価にも活用できます。ポータブルスキルの観点から社員を見ると、会社でどのような関わりができるか、性格や能力が具体的に見極めやすく、適材適所の人材配置がしやすい点がメリットです。
また、ポータブルスキルの観点を評価制度に取り入れ、社員がポータブルスキルを身につけることで、部署や業種に囚われず、社員が活躍しやすくなります。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

ポータブルスキルの鍛え方

ポータブルスキルは社会人基礎力や人間力と深く関わっています。そのため、一朝一夕では身につけられず、継続した取り組みが必要です。どのように身につける方法があるのか

次で解説します。

研修に参加する

ポータブルスキルは、厚生労働省などで研修システムが組まれています。もともとは40〜50代を対象にした研修でしたが、年齢問わず受講可能です。詳しくは「参考:ミドル層のキャリアチェンジにおける支援技法」からご覧ください。テキストも公開されているため、まず概要だけでも学びたい場合にもおすすめです。
他にも一般企業で、ポータブルスキルの研修は行われています。社員研修としてポータブルスキルの研修を導入するのも選択肢です。

日々の業務から改善する

ポータブルスキルを磨くためには、毎日の業務で意識的に行動することが大切です。しかし、日々の業務で具体的に何を意識すればよいか、分かりにくいと感じられるのではないでしょうか。そのような場合は、以下のような取り組みがおすすめです。
・自分の能力を客観的に把握する
・7:2:1の法則で日々の業務から改善する
・フィードバック
ポータブルスキルを磨くためには、自分の能力を客観的に把握することが大切です。客観性が高い評価をする方法としては360度評価などがあります。
日々の業務の中に、これらの観点を取り入れると、より効率的に社員のポータブルスキルは磨かれるでしょう。社員が客観的に能力を把握し、上司から適切にFBを行ってもらうことが大切です。
日々の取り組みによるスキルの鍛え方は「社会人基礎力とは?なぜ必要なのか、求められる理由や鍛え方まで解説」にも記載しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

まとめ

今回はポータブルスキルとはどのようなものか、重要視される理由や、具体的な鍛え方、活用方法まで解説しました。ポータブルスキルは会社の業種を問わず重要視されるスキルで、ポータブルスキルを磨くことで、会社の生産性にも大きく貢献します。
会社でポータブルスキルを磨く具体的な方法として、360度調査もご検討ください。360度調査では一人の社員を上司、同僚、部下など複数人の視点から評価するため、より客観性が高い評価ができます。
「スマレビfor360°」であれば、セミオーダー型のシステムと、専任のサポートシステムにより、労力をかけずに360度評価の運用が可能です。詳しくは下記の記事をご覧ください。

参考:360度評価とは?多面評価を採用するメリットとデメリット


  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。