資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

住宅手当とは?メリットとデメリット・代替案を知り、最適な福利厚生を!

⇒組織開発・人材開発・従業員満足度調査に欠かせない組織コンディション調査ツール
 「スマレビfor組織診断」の詳細はこちら

この記事をご覧の方は
住宅手当がどのようなものか知りたい」
「住宅手当のメリットやデメリットを知り、うまく導入したい」
そのようにお考えではないでしょうか。
住宅手当は福利厚生の中でも、注目されやすく、社員満足度や求人のPR効果を高める効果が期待できます。
この記事では住宅手当とは何か、メリットとデメリット、他の代替案との比較まで解説します。
この記事を読めば、住宅手当の内容が詳しくわかり、会社の状況に合わせた制度の検討ができるでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

住宅手当とは?

住宅手当は会社が家賃やローンなどを補助する目的で支給する手当です。住宅に関する福利厚生の一つですが、法律で義務づけられていないため、会社が手当の条件や金額を自由に決められます。会社によっては住宅手当が存在しないケースもあります。住宅手当とよく似た言葉が家賃補助です。家賃補助と住宅手当は法律上定義の違いはなく、同じ意味だと考えてもほぼ問題ありません。

住宅手当の支給条件の例

住宅手当は支給条件を会社で自由に決められますが、どのように決めればよいか迷う会社もあるのではないでしょうか。会社の中で定められる条件の例としては以下のものがあります。
・条件なしで一律で支給する
・持家か賃貸かで区分する
・扶養家族がいるかどうかで区分する
・勤務先からの距離や家賃の相場
設定の仕方によって、不公平にならないよう、企業の状況に合わせた条件設定をしましょう。

住宅手当は減額または廃止傾向にある

最近では、住宅手当は減額や廃止になる傾向にあります。その要因としては以下の点があげられています。
・同一労働同一賃金による待遇差の格差解消のため
・ライフスタイルの多様化による条件設定が難しくなったため
・企業の業績悪化のため
・福利厚生の中でも負担額が大きいため
・社有社宅の老朽化のため

参考:日本経済団体連合会「第63回 福利厚生費調査結果報告」

これらの影響により、住宅手当は減少傾向にあります。ただし、住宅手当は住宅の福利厚生の中でも導入ハードルが低く、社員の選択の自由を確保できる制度です。そのため、現在でも導入している企業は少なくありません。

住宅手当の相場は?

2018年一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)の調査によると、従業員一人あたりの平均金額は11,665円でした。

参考:日本経済団体連合会「第63回 福利厚生費調査結果報告」

また、2019年に東京都産業労働局が東京の社員10人から299人の会社を対象に行った調査によると、住宅手当の平均は17,788円です。

参考:東京都産業労働局

会社の場所や規模によって変わりますが、大まかに1万から2万円ほどが相場だといえそうです。

⇒運用ラクラク!専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!
 年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor組織診断」

住宅手当導入のメリット

住宅関連の福利厚生は他にも種類があります。それらの制度と比べた住宅手当導入のメリットは以下の通りです。
・他の住宅関連の福利厚生よりも導入しやすい
・従業員の満足度が上がる
・福利厚生の一つとして求人にPRできる
次で詳しく解説します。

他の住宅関連の福利厚生よりも導入しやすい

住宅手当は他の住宅関連の福利厚生と比べると、導入に手間がかかりません。他の制度の場合は、不動産会社との契約や社宅の運用の手間がかかり、管理の手間がかかります。そのため、管理の人員が不十分であれば導入は難しいでしょう。しかし、住宅手当であれば支給条件と金額を決めれば導入できます。他の福利厚生と比べると損失のリスクがなく、負担が安定している点もメリットです。

従業員の満足度が上がる

住宅手当は従業員の満足度に貢献しやすい福利厚生です。住宅手当は実質的な給与の増額であり、家賃負担は小さくないため、喜ぶ社員は多いでしょう。
また社員側から見ると、住宅の選択が自由にできる点もメリットです。住宅関連の福利厚生として、他には借り上げ社宅や社有社宅がありますが、それらの制度は選択できる住宅に制限があり、自由な選択ができません。

福利厚生の一つとして求人にPRできる

住宅手当は福利厚生の目玉としてPRしやすい手当の一つです。住宅手当や住宅関連の福利厚生を導入していない会社も多いため、住宅手当を導入していることで高いPR効果が期待できます。2019年に東京都産業労働局が東京の社員10人から299人の会社を対象に行った調査によると、住宅手当の支給がない会社は57.1%です。住宅手当を導入すれば、そのような会社と差別化ができるでしょう。

参考:東京都産業労働局

住宅手当のデメリット

⇒エンゲージメント調査システムなら「スマレビfor組織診断」

住宅手当は他の住宅関連の福利厚生と比べると、以下のデメリットがあります。
・企業の負担が大きい
・同一労働同一賃金にそぐわない場合がある
・条件設定で不満が出る可能性がある
・急な廃止は難しい
これらのデメリットによって、会社の負担が大きくなる可能性もあります。そのため、これらのデメリットをよく確認しておきましょう。

企業の負担が大きい

住宅手当のデメリットは企業の負担が大きい点です。住宅手当は法定外の福利厚生の中でも、費用負担が高額になります。法定外福利構成の中でも、住宅関連の費用は47.8%を占めており、費用負担の大きさが伺えます。

参考:日本経済団体連合会「第63回 福利厚生費調査結果報告」

また、住宅手当は給料として扱われるため、法人税や社会保険料の負担も増えてしまう点も注意が必要です。

住宅手当は、導入こそ簡単ですが、一度導入すると簡単に廃止できません。そのため、住宅手当を導入する場合は、事前によく検討しておきましょう。

同一労働同一賃金にそぐわない場合がある

住宅手当は働き方改革による同一労働同一賃金の考え方にそぐわない手当になるケースがあります。住宅手当の条件は本来会社で決められるものです。しかし、正社員と非正規雇用の社員で住宅手当の有無を決めるなどは、法改正によって認められなくなりました。
そのため、全社員に一律に支給するなどの方法で導入するか、手当を給与に置き換えるなどの方法が取られる場合もあります。

条件設定で不満が出る可能性がある

住宅手当は一律支給と、条件を設定する場合がありますが、条件によっては社員が不満に思う可能性があります。支給条件や支給金額は地域性や社員のライフスタイルに合わせ、適切に決めるようにしましょう。

急な廃止は難しい

住宅手当は会社の負担が大きい福利厚生費の一つですが、一度導入すると、簡単には廃止できません。急に廃止すると、実質的な賃金の切り下げになり、不満が出てしまいます。そのため、住宅手当の廃止や減額をする場合は代替案の提示などを行い、社員に配慮して進めることが大切です。

⇒「ハーズバーグの動機付け理論」「200社以上の調査導入実績」から構築された診断で
  200社以上の導入実績!

住宅手当の代替案はどのようなものがある?

住宅手当から他の選択肢を取る場合、以下の方法があります。
・別の名目の手当
・借り上げ社宅
・会社で社宅を保有する
それぞれの概要やメリットとデメリットを次で解説します。

別の名目の手当

住宅手当は社員の能力に関わらず支給される手当です。手当の条件によっては、同一労働同一賃金に反してしまい導入できません。また、住宅手当を廃止したい場合でも、代替案がなければ不満が出る可能性があります。
そのような場合に、手当の名目や支給条件を変え、支給する方法が選択肢になるでしょう。具体的には、在宅勤務(テレワーク)手当などが挙げられます。

手当の公正さを維持しつつ、会社の条件に合わせた手当を導入しましょう。

借り上げ社宅

借り上げ社宅とは会社名義で賃貸契約をした社員の住居です。会社が部屋を選び契約する方法と、社員が規約に合わせて決めた部屋を、会社が代理で契約する方法の2つに分かれています。
住宅手当と比べると給与扱いではないため、会社や社員の負担が税制面で少なくなる点がメリットです。その反面、空室や中途解約による違約金で余分な負担が発生する可能性がデメリットです

会社で社宅を保有する

会社で社宅を保有する方法もあります。この場合社宅は資産として扱われるため、税金対策が可能です。
しかし、管理維持や修繕の費用は負担する必要があり、管理も会社で行わなければいけません。社員の数が多く、資産にも余裕があり長期保有をする場合には、選択肢になります。

⇒従業員が会社に抱いている意識や課題を可視化する「スマレビfor組織診断」

まとめ

住宅手当は法定外福利厚生の中でも、従業員の満足度に貢献しやすい制度の一つです。他の住宅関連の福利厚生と比較すると、リスクが少なく、社員側でも住居選択の自由があり、導入もしやすくなっています。
この記事を参考に、会社の状況に合わせた住宅手当を整えてみてください。

  • 「スマレビ for 組織診断」で簡単&本格的なエンゲージメント調査!

    組織診断

  • 「スマレビ for 組織診断」で簡単&本格的なエンゲージメント調査!

    ■動機付け理論をベースにした設問を提供!
    ■満足度×重要度で課題の優先順位付けができる!
    ■組織別のレポート集計で部署や職種単位で課題発見!

組織診断ならスマレビ

スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。