資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

ホラクラシーとは?ヒエラルキー型にはないメリットデメリットを知ろう!

2021.07.13 その他

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

ホラクラシーとはどんな組織体系なのだろうか」
ホラクラシーとは何なのだろうか
と気になりませんか。
ホラクラシーとは上意下達のヒエラレルキー制度とは反対の性質を持つ組織のことを指します。
ヒエラルキー型組織とは異なりホラクラシーにおいては社内に階級や役職が存在しないためです。
この記事を読めば、ホラクラシーについて理解することができます。
ホラクラシーとは何かについて気になっている方はぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

ホラクラシーとは

ホラクラシーとは上司と部下のような組織内における肩書や地位がなく、上下のない平等な組織のことを指します。
各部署単位・プロジェクトを行うグループ単位で権限移譲が行われて各部署・各グループが各々意思決定を行います。
各部署・各プロジェクトごとに意思決定がなされるため社員個人の意見が仕事に反映されやすく自発的に仕事ができるようになるという効果もあります。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

ホラクラシー型組織とヒエラレルキー型組織の違い

ホラクラシー型組織とヒエラルキー型組織の決定的な違いは指揮命令系統の違いです。
ヒエラルキー型組織では経営者や管理職などの社内における上位者が一般社員などの地位が下の社員に対して命令を行い行動を促します。
一方でホラクラシー型組織においては社内に役職や階級などが存在しないため、自ら積極的に課題を探して仕事をしていく必要性があります。

ホラクラシー型組織のメリット

「ホラクラシー型組織のメリットとは何だろうか」と気になりませんか。
ホラクラシー型組織のメリットは以下の通りです。
・意思決定と組織改善スピードが上がる
・生産性向上
それぞれについて解説します。

意思決定と組織改善スピードが上がる

ホラクラシー型組織においては意思決定と組織改善のスピードが上がるというメリットがあります。
ホラクラシー型組織は上位者が存在しないため、自己判断で仕事を前に進めるしかないためです。
横のつながりでグループ同士が情報を交換しながら仕事を進めるため組織改善も積極的に行われます。
スピード感をもって組織改革を進めたいという場合にはメリットがある組織であるといえます。

生産性向上

ホラクラシー型組織では業務は効率化されるため、生産性向上に期待ができます。
ホラクラシー型組織ではグループ同士がフラットにつながって仕事を進めていくからです。
従来型の組織であるヒエラルキー型組織では上位者の意思決定判断をするまで待っている時間がありますが、ホラクラシー型組織では不安点などの解消をグループ同士で話し合いながら仕事を進めることができます。
タイムロスが少なく仕事を進めることができるので生産性向上をすることが可能です。

社員が自主性を発揮できる

ホラクラシー型組織では社員が自主性を発揮できるというメリットがあります。
ホラクラシー型組織においては意思決定や権限などが各社員や各グループに割り振られるため、社員個人のするべき仕事が周囲にも明確に見えるようになるからです。
上意下達で仕事をする組織とは異なり、積極的に社員が仕事に挑戦することができます。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

ホラクラシー型組織のデメリット

「ホラクラシー型組織のデメリットは何なのだろうか」と気になりませんか。
ホラクラシー型組織のデメリットとしては、以下のデメリットがあります。
・責任の所在が分かりにくくなる
・業務分掌が分からなくなる
・リスクヘッジが難しくなる
それぞれについて解説します。

責任の所在が分かりにくくなる

ホラクラシー型組織においては業務分掌が分からなくなるという事態も起こりえます。
ホラクラシー型組織においては仕事ごとにグループを作り権限移譲をしていく体制をとるためです。
以前はどこかの部署が独占していた業務をグループ単位に分けようとすると切り分けにくい仕事が出てくることがあります。
つまり、ホラクラシー型組織では「本来はどのグループがこの仕事をすべきだったのだろうか」という仕事が出てきてしまったときに一気に仕事が回らなくなる可能性があるということです。

業務分掌が分からなくなる

ホラクラシー型組織においては業務分掌が分からなくなるという事態も起こりえます。
ホラクラシー型組織においては仕事ごとにグループを作り権限移譲をしていく体制をとるためです。
以前はどこかの部署が独占していた業務をグループ単位に分けようとすると切り分けにくい仕事が出てくることがあります。
つまり、ホラクラシー型組織では「本来はどのグループがこの仕事をすべきだったのだろうか」という仕事が出てきてしまったときに一気に仕事が回らなくなる可能性があるということです。

リスクヘッジが難しくなる

ホラクラシー型組織のデメリットとして、リスクヘッジが難しくなるというデメリットがあります。
理由として、上位者が仕事を最後まで見届けられないからです。
失敗すると会社の経営者にダメージが及ぶような重要な仕事であっても大きなミスを出すまでに発見できなくなる可能性があります

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

ホラクラシーを導入するにあたっての注意点

「ホラクラシーを導入するにあたってはどのような点に注意すればいいの」と気になりませんか。
ホラクラシーを導入するにあたっては以下の2点に注意するようにしましょう。
・最終的に責任を取る社員は決定しておく
・各プロジェクトごとに仕事のゴールは決定しておく
それぞれについて解説します。

最終的に責任を取る社員は決定しておく

ホラクラシーを導入するにあたっては最終的に責任を取る社員は決定しておくようにしましょう。
誰がどのグループで最終責任を負うのかということをグループ作成段階で決定してくことで責任者不在という事態を避けることができるからです。
出来るだけグループ発足前に確定するようにしましょう。

各プロジェクトごとに仕事のゴールは決定しておく

各プロジェクトごとの仕事の進め方は各グループに任せて、仕事のゴールは決定しておくようにしましょう。
仕事のゴールさえ設定できていれば業務が前に進む可能性が高いためです。
出来るだけ仕事のゴールを決めてから仕事の割り振りを決定しましょう。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、ホラクラシーについて解説しました。
ホラクラシーとはフラット型の組織でありグループ同士で仕事を展開していく仕事の進め方を指します。
上位者が存在しないため自由度が高く効率的に仕事を進めることができる一方で責任者や仕事のゴールを決めておかないとうまく仕事が回らない可能性もあります。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。