効果が出るフィードバック方法とは?

2021.06.28 評価制度

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

フィードバック方法とは何だろうか。どんなやり方が正しいのだろうか」
フィードバック方法とは?どのような方法で行うことが望ましいのだろうか」
と気になりませんか。
フィードバック方法とは相手が行った行動を自分なりの言葉で意見するということです。
フィードバック方法にはポジティブフィードバックやネガティブフィードバックなどの方法に種類があります。
この記事を読めば、フィードバック方法とは何かについて理解することができ、自社でも適切なフィードバック方法を運用することができます。
正しいフィードバック方法とは何かを気にしている方はぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

【重要】正しいフィードバック方法を実践すると評価制度の運用効果がアップする

正しいフィードバック方法を実践すると評価制度の運用効果がアップする可能性があります。理由として正しいフィードバックが返ってくると考えれば評価される社員は仕事で評価が高くなるように創意工夫して仕事に取り組むようになるためです。フィードバックなしで評価制度を運用するのと比較すれば、定期的に評価面談などでフィードバックされる方が緊張感や高い意識をもって仕事に取り組むこともできます。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

フィードバック方法とは

フィードバック方法とは、行った行動に対する評価を伝えて次の行動を促していくことを指します。行った行動に対して適切なコメントや評価を行う、企業の掲げる経営理念などと合致させていくことも重要です。特にフィードバックを念入りに行うことで最終的な評価の認識違いなども防ぐことができます。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

フィードバックを行う目的とは?

「フィードバックを行う目的とはどんなものなのだろうか」と気になりませんか。フィードバックを行うことによって以下の目的を達成することができます。
・社員のモチベーションアップ
・人材育成
・組織を挙げての目標達成
・社員のパフォーマンスの向上
それぞれについて解説します。

社員のモチベーションアップ

フィードバックを正しく行うことによって社員のモチベーションがアップする可能性があります。
フィードバックが行われることによってどうすれば上司に評価されるのか、会社に評価されるのかが分かりやすくなって積極的に仕事をすることが可能となるためです。
どう動けば良いのかが分かりやすくなるので仕事に対して打ち込みやすくなります。

人材育成

正しくフィードバックを行うことで人材育成を行うことが可能です。
フィードバックを通して「経営理念を参考にして仕事をして欲しい」ということを伝えることができるからです。
また、フィードバックを通して社員が「こういう風な弱点が自分にはあるな。会社の望んでいるのはいまフィードバックされたような仕事の進め方なのか」と理解して仕事をすることもできます。
結果的にはフィードバックを通して良い人材が育つ可能性があります。

組織を挙げての目標達成

フィードバックを行うことによって組織を挙げての目標達成を行うことができます。フィードバックのたびに「今期の目標はこれだ」ということを面談などで伝えていくことが可能なためです。特に年度初めに立てた目標などは期中にもなると目標を忘れがちになることもあります。意識をすることで目標達成をすることができる確率が大幅にアップします。

社員のパフォーマンスの向上

フィードバックを行うことによって社員のパフォーマンスの向上が可能です。

仕事に思い切り取り組んでいる最中にはなかなか自分自身の振り返りは難しいですが、一定の仕事が終わった後に評価などをフィードバックされると自分自身の仕事ぶりを見直し次に行動改善できる可能性があるためです。

フィードバックで仕事を振り返り内省を促すことで社員のパフォーマンスを向上させることができます。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

フィードバックにおける2タイプのフィードバック方法とは?

「フィードバックにおいてはどんな方法があるの」と気になりませんか。
フィードバックには前向きなものとあえて後ろ向きな言葉で振り返る以下の2種類があります。
・ポジティブフィードバック
・ネガティブフィードバック
それぞれについて解説します。

ポジティブフィードバック

ポジティブフィードバックは前向きな言葉で部下の行動を評価する手法を指します。
部下の行動を否定せずに肯定的にとらえることでより積極的になってもらい成果を上げられるような行動を促す効果があります。
一方でミスを起こすと致命的な職種においてはポジティブすぎるフィードバックが合わないというケースもあり得ます。仕事に自信を持たせて積極性を持たせることが重要な新入社員や若手社員に効果的なフィードバック手法であるといえます。

ネガティブフィードバック

ネガティブフィードバックは後ろ向きな言葉を使い、部下に対して否定的な言動で評価を行う手法を指します。
ポジティブフィードバックに比べると「あまりしない方がいい」とも言われる手法ですが、職種や対象者によっては効果があります。
職種でいえば品質管理などは一つでも不良品を見逃し、見逃した製品を元に事故が起これば会社は二度と復活できないほどのダメージを受ける可能性があるのでネガティブに批判されてしかるべきと言えます。
また、管理職候補性などの会社に期待されている人材などは後に管理職になったことを考えると若い年齢の段階から厳しく指導された方が良いとも言えます。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

効果的なフィードバックを行うために重要なこと

「効果的なフィードバックはどうすれば可能なのだろうか」と気になりませんか。効果的なフィードバックを行うために重要なこととして、以下の5つがあります。
・前段階として本人の行動に関する理由を聞いておく
・出来るだけ早く行う
・具体的な行動について言及する
・態度は誠実に
・信頼関係を普段から構築しておくことも重要
それぞれについて解説します。

前段階として本人の行動に関する理由を聞いておく

前段階として本人の行動に関する理由を聞いておくようにしましょう。
いきなりフィードバックするよりもまずは「どんな思いで仕事をしたのか」を把握することで、フィードバックする相手の気持ちに寄り添うことができるためです。
いきなり評価に突入するのはしっかりとした信頼関係ができている場合にしましょう。
信頼関係もなくいきなり仕事の評価の話をしても反発されてしまい効果が出ない可能性が高くなります。

出来るだけ早く行う

出来るだけ早くフィードバックを行うようにしましょう。
フィードバックを早く行うことによって、評価された社員が改善を早くするができるからです。
評価提出のギリギリの段階になって慌てて評価面談を行うことは避けるようにしましょう。

具体的な行動について言及する

評価を行うにあたっては具体的な行動について言及するようにしましょう。
具体的な仕事内容に対する評価がないとどのように行動した方が良いのかが理解できないためです。
具体的な行動に対する評価と合わせて「もっとこの仕事に力を入れて欲しい」などの期待を込めたコメントをするようにしましょう。

態度は誠実に

フィードバック面談は誠実な態度で行うようにしましょう。
理由として、いい加減な態度で臨むと反感を買うだけではなく評価に対しても信頼がなくなってしまうためです。
出来るだけ誠実な態度で部下の目を見てしっかりとフィードバックを行うようにしましょう。

信頼関係を普段から構築しておくことも重要

上司と部下の間で信頼関係を普段から構築しておくことも重要です。
信頼関係がないとどれだけ良いフィードバックをしたとしても「あの人の言うことは信用できない」などと反発されてしまうためです。
フィードバックが部下の心にしっかりと届くようにすることも上司にとっては重要な仕事です。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

まとめ

今回は、フィードバック方法とは何かについて解説させていただきました。
特に本文中でも解説させていただいた正しいフィードバックをすることで評価制度の運用がより効果的に出来るという点に注目してください。
フィードバックを行うことによって評価された社員はより仕事に打ち込めるようになります。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。