マトリクス組織とは?具体例と組織形態について徹底解説!

2021.06.14 その他

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

マトリクス組織とは何なのだろうか」
「マトリクス組織とはどんな組織を指しているのだろうか」
と気になりませんか。
マトリクス組織とは、従来の上意下達の組織ではなく事業部・プロジェクトなど複数の単位で構成された命令系統に社員が所属することで複数の目的達成のために1人の社員が仕事を出来る組織のことを指します。
複雑なプロジェクトを達成できる一方で、命令系統が混乱するなどすべての企業に良い効果が期待できる組織ではありません。
この記事を読めばマトリクス組織について理解することができます。
マトリクス組織について知りたい、という方はぜひ最後まで読んでいってください。

マトリクス組織とは

マトリクス組織とは、1人の社員がプロジェクト単位・事業部単位・職能単位・エリア単位で仕事を行う組織体系のことを指します。
複数の単位からの指揮命令を受けるため、社員は様々な仕事をこなすことができます。
そのため、指揮命令系統は複雑化する一方で組織が抱えている難しい課題などに参加することができるようになります。
社内の様々な仕事に精通している人材が1人いれば複数の単位の仕事を指揮命令することも可能になります。

1960年のアポロ計画がベースになっている

マトリクス組織は1960年のNASAのアポロ計画がベースになっています。
アポロ計画においては従来型の組織体系に加えてプロジェクトマネージャー制が導入されており、各プロジェクトごとにマネージャーが存在するという体制でした。
指揮命令を受ける側の社員にとっては2つの指揮命令系統が存在するという状態です。

⇒「スマレビfor360°」について詳しくはこちら

日本企業特有の上意下達型組織とマトリクス組織の違い

日本企業特有の上意下達型組織とマトリクス組織の違いとして、日本企業では上意下達の指揮命令系統があるのに対してマトリクス組織では複数の指揮命令系統があります。
上意下達型の組織では上から流れてきた命令を下の従業員が聞いて解釈を行い仕事を進めていくためトップとボトムの間で仕事の認識に大きなズレがありません。
一方でマトリクス組織においては指揮命令系統が2つ以上あるためトップの意思表示ではなく各部門のトップの命令を聞いて遂行していくため密なコミュニケーションを取らないと仕事が複雑化して前に進まない可能性があります。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

マトリクス組織のメリット

「マトリクス組織のメリットって何だろうか」と気になりませんか。
マトリクス組織のメリットとして、以下のメリットがあります。
・仕事の処理スピードが上がる
・部門間の連携が良くなる
・トップダウン型の組織から脱却することができる
それぞれについて解説します。

仕事の処理スピードが上がる

マトリクス組織のメリットとして仕事の処理スピードが上がるというメリットがあります。
マトリクス組織では特定の上司の指示を受けるのではなく、複数の上司の命令を部下が聞いて仕事を行うためです。
トップの意見をいちいち伺うのではなく臨機応変に仕事を進めていくため仕事のスピードはアップしていきます。

部門間の連携が良くなる

マトリクス組織のメリットとして部門間の連携が良くなるというメリットがあります。
単一の指揮命令系統だけを頼りに仕事をするわけではないので、情報を取り合わないと仕事を進められないためです。
部門間で様々な仕事が決定していくため急にマトリクス組織を導入するといままでは他の部署の仕事にはタッチしないというスタンスでいられた社員でも他の部門の社員と連携を深めないと仕事が立ちいかなくなります。

トップダウン型の組織から脱却することができる

マトリクス組織を導入するメリットとして、トップダウン型の組織から脱却可能な点があります。
命令を待つ指示待ちの状態では社内で取り残されるため社員が積極的に動いて仕事を進めていきます。
指示をするトップ側も負担が軽減されていままで以上に仕事を進めるスピードを上げることができます。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

マトリクス組織のデメリット

「マトリクス組織のデメリットとは何だろうか」と気になりませんか。
マトリクス組織のデメリットとして、以下の2点があります。
・仕事の責任所在がはっきりしない可能性がある
・経営方針を示し社員から理解を得る必要性がある
それぞれについて解説します。

仕事の責任所在がはっきりしない可能性がある

トップダウン型の組織と比較するとマトリクス組織では仕事の責任所在がはっきりしない可能性があります。
トップダウン型の組織においては社長を頂点として上位から流れてきた情報をベースに部下が仕事をしていくため責任の所在がはっきりする一方で、マトリクス組織においては各プロジェクトリーダーが自分なりの視座から業務を指示をするためです。
しっかりと仕事を進めていく体制を作れなければ混乱し「一体どのプロジェクトリーダーがこんな指示を出して、部下は命令を聞いていたのだろうか」という状態にもなりかねません。

経営方針を示し社員から理解を得る必要性がある

マトリクス組織を導入する場合には経営方針を示し社員から理解を得る必要性があります。
いきなりトップダウン型の組織から生まれ変わるためかなり大きなストレスが社員にかかる可能性が高いためです。
これまでの上からの命令を忠実に実行していくという組織ではなく自分自身が責任と裁量権を持って仕事をしていくという意識の変化を促していく必要性があります。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

マトリクス組織とは?事例を紹介

「マトリクス組織を実際に導入している企業はあるのだろうか」と気になりませんか。
実際に導入している企業として以下の企業があります。
・村田製作所
・花王株式会社
それぞれについて解説します。

村田製作所

日経XTECHによると、村田製作所はマトリクス組織を導入しているということです。
参考:日経XTECH
https://xtech.nikkei.com/it/article/Keyword/20070329/266906/

セラミックス・コンデンサーなどを生産している事業部の中で、製品と製造工程でマトリクス組織を採用しています。
コンデンサーや圧電部品などの製品と成形や調合といった製造工程でマトリクス組織を実現しています。

花王株式会社

花王株式会社の自社ホームページによると、花王ではマトリクス組織を導入しているということです。
参考:花王株式会社
https://www.kao.com/jp/corporate/research-development/basic-concepts/management/

花王株式会社においてはビジネスユニットと機能ユニットにおいてマトリクス組織が導入されており、両社の知見をうまく融合しているとのことです。
ビジネス部門が持っている情報をもとに研究開発部門が改良や開発を行うことでより良い製品作りを目指しているということです。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

まとめ

今回は、マトリクス組織について解説させていただきました。
特に注目して頂きたいのはマトリクス組織における事業スピードの向上です。
トップダウン型の組織よりも早く意思決定を行い仕事を進める必要性があるため仕事のスピードがアップします。
一方で、トップダウン型組織よりも仕事の責任所在が明確化しないという事態も起こりえます。
メリットとデメリットを踏まえて自社でも導入できるのかどうかについて検討してみてください。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。