人材マネジメントとは?人材マネジメントで企業を強化しよう!

2021.05.26 人材育成

経営者や人事をしていると、
人材マネジメントとは何だろうか」
「人材マネジメントとはなぜ重要なのだろうか」
と気になりませんか。
結論から申し上げますと、人材マネジメントは社員の力を有効に活用する非常に重要な戦略です。
人材マネジメントを適切に行うことによって組織が一枚岩となって課題を解決する強さを持つことができるほか、社員の仕事への意欲向上などの効果を狙うことができるためです。
この記事を読めば、人材マネジメントの重要性について理解することができ、自社で人材マネジメントを推進することができるようになります。
人材マネジメントをどうしようかと悩んでいる方はぜひ、最後まで読んでいってください。

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

人材マネジメントとは

人材マネジメントとは、自社の課題を企業がクリアするために人材を育てて企業の競争力をアップするために以下のようなアプローチを行うことを指します。
・人事評価制度の制定または改革
・人材育成制度の制定または改革
・採用基準の明確化または基準変更
人材マネジメントは上記以外にも様々なアプローチがありますが、根本から会社の状況を良くするため積極的にこれまでのやり方を見直すことが重要となります。

人材マネジメントとは英語ではHRMを指す

英語では人材マネジメントとはHUMAN RESOURCE MANAGEMENTの頭文字をとってHRMといいます。
HRMには人材を貴重な資源として考えて最大限経営に活かすという考え方があります。
適切な人員配置や採用計画など主にHRMは海外でも人事部門の仕事とされています。

人事における人材マネジメントの意味とは

人事における人材マネジメントの意味としては、人事労務管理ではカバーしきれていない領域をカバーするという意味があります。
人材マネジメントという言葉には自社における人材の能力を最大限発揮できるように積極的に能力を開発するという意味が含まれているためです。
単純な管理ではなく社員の能力を引き出すようなマネジメントを行う必要性があるということです。

人事労務管理と人材マネジメントの明確な違い

人事労務管理と人材マネジメントの明確な違いとして、人事労務管理が給与などの画一的な業務を行うのに対して人材マネジメントは柔軟性があり様々なアプローチを行う必要性があるということです。
人事労務管理においては給与計算や配属などの一律に管理するという部分が大きいですが、人材マネジメントにおいては会社全体を見て最適化するという経営目線が必要となってくるためです。
人材の適材適所だけではなく採用段階から会社全体の効率がアップするように視座を上げて人材マネジメントをする必要性があるため、会社全体の能力がアップするだけではなく人事部門が単なる管理部門ではなく経営戦略を実現できるハイレベルな人事を行える集団にレベルアップすることも可能です。

人材マネジメントを行うメリット

「人材マネジメントを行うメリットはどこにあるのかな」と気になりませんか。
人材マネジメントを行うことによって会社全体がレベルアップするというメリットがあります。
具体的には、以下のようなメリットがあります。
・適材適所の実現
・企業の採用力強化
・生産性がアップ
それぞれについて解説します。

適材適所の実現

人材マネジメントを積極的に行うことによって適材適所を実現することができます。
人材マネジメントで本人の意向をしっかりと把握し、配属先などを普段よりもシビアに考える機会を得ることができるためです。
それまで部門長の要請をメインに人材配置を行っていたという企業も本人の志向など従来よりも情報を多く得てより会社全体が良くなるように人材配置を行うことができるため会社全体のパフォーマンスがアップする可能性があります。

企業の採用力強化

人材マネジメントを行うことによって企業の採用力を強化することができます。
人材マネジメントで様々な人事戦略を行うことになるため、求人広告に様々な取り組みをアピールできるようになるためです。
例えば、社員が働きやすい環境を整えるために360度評価を導入していますといった会社独自のアプローチを求人紙面に載せることによって注目される可能性がアップします。
自社ならではの独特の取り組みによって採用力強化が実現します。

生産性がアップ

人材マネジメントを実行することによって生産性がアップする可能性があります。
例えば適材適所の一環である人事異動などにおいて本人の希望をしっかりと聞くというスタンスがあれば社員は「うちの会社はちゃんと社員の意見を聞いてくれる」とより仕事にコミットできるためです。
人材マネジメントに本気で取り組むことによって社員から会社への信頼性がアップして生産性がアップする可能性があるということです。

人材マネジメントを行うデメリット

「人材マネジメントを行うデメリットは何なのだろうか」と気になりませんか。
人材マネジメントを行うデメリットは以下のことです。
・リソースを大量に割く必要性がある
人材マネジメントを行うデメリットについて解説します。

リソースを大量に割く必要性がある

人材マネジメントにおいてはリソースを大量に割く必要性があります。
ただでさえ忙しい人事業務が複雑化するためです。
目の前の人事労務管理業務が単なる管理業務ではなく会社全体を最適化するマネジメント業務に生まれ変わります。
人材採用に関しても「本当にこの人材採用基準で良いのか」と思考することになりますし、人事異動に関しても経営者や各部門長との調整だけではなく異動する本人のこれまでの仕事実績や意向・意欲をしっかりと見て判断する必要性が出てきます。
リソースを大量に割く必要性がありハードな仕事になりますが、それだけ人事部門としての成長というメリットを得ることもできます。

フレームワークが重要

人材マネジメントを行うにあたってはフレームワークを設定しておくことが非常に重要となります。
フレームワークを先に設定しておくことで会社としての目標からそれずに目標達成にまい進することができるためです。
会社の理念等をしっかりと考えてフレームワークを設定し、会社としてどのような人材マネジメントを行うのかを決定しておきましょう。

まとめ

今回は、人材マネジメントについて解説させていただきました。
特に本文中でも解説した人材マネジメントの定義とはこれまでの人事労務管理のような一律管理ではなく会社全体を最適化することが人材マネジメントでは重要となります。
経営者目線をこれまで以上に活かした戦略を考えることが重要です。
人材マネジメントについて悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。