HRテックとは?人事の仕事の生産効率をアップさせる必要不可欠なツール!

2021.05.06 その他

HRテックとは何なのだろうか」
「HRとはどんなものを指すのだろうか。最近話題になっているけれど具体的なことが分からない」
と気になっていませんか。
HRテックとは、ITやAI(人口知能)などの技術を駆使して人事部門の生産性をアップすることが可能な新しい技術のことを指します。
これまでは解決が難しいとされていた様々な課題を解決することができると期待されているのがHRテックです。
この記事を読めば、HRテックとは何かについて理解することができ、HRテックを活用するかどうか検討することができます。
HRテックについて気になっている方はぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

HRテックとは?

HRテックとは、英語の人材(HR:Human Resource)と技術(Technology)を掛け合わせた言葉です。
HRテックは人事部門の取り扱い業務である採用・教育・評価などの多岐にわたる業務をITや人工知能(AI)などを活用することでより効率的にこなせるシステムのことを指します。
HRテックの出現によりこれまで時間がかかった業務を効率的になすことができ、経営戦略を実現しやすくなると言われています。

HRテックとこれまでの人事管理システムとの違いをわかりやすく解説

HRテックとこれまでの人事管理システムの違いとして、HRテックはITとAI(人工知能)等を活用しており従来の人事管理システムとは異なる部分があります。
従来の人事管理システムは基本的に人事部の社員のサポートだけで終了していましたが、HRテックでは実務上の問題解決まで行えるためです。
また、データの蓄積なども行えるため、仮に人事部の社員が他の部署に異動したとしても同じように仕事が行えるなど画期的な効果を期待することができます。
人事部門の社員に特有の「社員個人が仕事を抱え込んでしまっており、特定の担当者でないと解決できない業務ができてしまう」というリスクを回避することができます。
仕事の属人性をなくして業務を平準化することで業務効率を改善することが可能です。

HRテックが注目される理由とは

「なぜHRテックが注目されているのだろうか」と気になりませんか。
HRテックが注目される理由とは、以下の点です。
・終身雇用や新卒一括採用の廃止の流れなどでこれまで通りの人材管理システムでは対応が困難になる
・かつてのような正社員一辺倒の採用ではなく様々な雇用形態の従業員が社内に存在することによって管理の複雑化
日本企業の雇用慣習が少しずつ複雑化していくのに従って管理業務も煩雑になっていくため、HRテックを活用する必要性があり注目されているといえます。
例えば労務管理一つをとってもどんな雇用形態の社員が正確にどの場所で働いているかなどの可視化をHRテックで行うことができます。
また、採用管理に関してもどの雇用形態の採用候補者がどの段階まで進んだのかなどが分かるようになるだけではなく、AIのサポートなどによって採用担当者ごとの評価基準のズレなども指摘されるようになります。
他にも、HRテックが浸透することによって社員の評価方法についても見直しが加えられるなど様々な可能性があります。

企業がHRテックを活用するメリットは業務効率化

企業がHRテックを活用するメリットは業務の効率化にあります。
HRテックを導入することによって労務管理においては給与計算の一本化や、評価管理なども行えるようになります。
これまでエクセルなどに評価表をつけて管理していたいたという場合や、給与計算をいまだに紙ベースでこなしているといった場合には大きな変化となります。

HRテックの活用される人事領域

「HRテックは具体的にどんな場面で活用されるのだろうか」と気になりませんか。
HRテックの活用される人事領域として、以下の領域があります。
・採用管理
・労務管理
・人材評価・人材育成管理
・人事配置管理
それぞれについて解説します。

採用管理

HRテックが導入されることによって採用管理には以下のような変化が期待できます。
・応募者のデータの一本化
・採用経路の把握
HRテックの活用場面としては採用管理という仕事において、これまでは紙ベースで管理していた応募者の氏名や年齢などのデータを同じシステムで一本化して見ることが可能となり業務効率化が期待できます。
また、採用経路などが分かることで次の採用業務においても業務効率化がなされ改善が期待できます。

労務管理

HRテックが労務管理に導入されることによって以下のような変化が期待できます。
・給与計算業務などの標準化
・勤怠管理の簡素化
労務管理に関しては給与計算や賞与計算といったルーチンワークを統合して一本化することに期待ができます。
また、給与計算だけではなく管理の難しい有給取得状況などの勤怠管理も出来るようになります。

人材評価・人材育成管理

HRテックを導入することによって人材評価・人材育成管理について以下のような変化が期待できます。
・人材評価の管理を効率的に行える
・人材育成システムを整備し、進捗などを確認することができるようになる
HRテックを導入することによって人材評価の管理を効率的に行えるようになります。特定の社員の評価データをすぐに取り出すことができるなど欲しい情報をすぐ手に入れることも可能になり非常に便利です。
また、人材育成システムを整備して人材育成の進捗状況などを確認することができるようになり効率的に人材育成を行うことができます。

人事配置管理

HRテックを導入することによって人事配置管理ができるようになります。
社員を採用したとしても本社から離れてしまうとなかなか社員の本当の所在地が分からないといったケースが大企業ではありますがシステムで把握することで改善することができます。
人事配置管理がしっかりすることによって人員表作成や人事戦略作成がスムーズに出来るようになります。

まとめ

今回はHRテックについて解説させていただきました。
HRテックとはこれまでの人事管理システムとは異なり、ITやAI(人工知能)などを活用して人事の課題解決を行ってくれるシステムです。
HRテックを導入することによって業務効率化が可能なだけではなく、課題解決もできるようになるなどこれから注目の技術です。
雇用慣習が変化し、人材が多様化する時代に欠かせないシステムとなる可能性があります。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。