資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

人材育成を行う上で重要なマネジメント力の向上方法について徹底解説!

2021.03.24 管理職育成

⇒人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

人材育成のマネジメントはどのようにすることが正解なのだろうか」
「人材育成のマネジメントを行う上で注意すべきことは何なのだろうか」
と気になりませんか。
結論から申し上げますと、人材育成のマネジメントで注意すべきことは目標を設定し、目標を達成しようと努力することです。
目標がないと人材育成のマネジメントをどうすれば良いのかに迷いが出てしまい、ゴールが見えずに途中でうまく人材育成が進まなくなる可能性が高いためです。
この記事を読めば、人材育成のマネジメントについて理解することができます。
人材育成のマネジメント手法について悩んでいる方はぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

マネジメントとは?

マネジメントとは、企業内にある資産や資源などの管理を行い経営効率を最大化する経営方法のことを指します。
いわゆる経営資源であるヒト・モノ・カネの管理を行うこと全般をマネジメントともいいます。
人材育成におけるマネジメントでは経営資源の中で最も重要となる「ヒト」を効率的に育成し能力を最大化して会社の成長への貢献度を向上をすることが目的となります。

【スマレビなら、担当者の負担になっていた360度評価運用の課題をすべて解決】
自社の課題に合わせたカスタムオーダーに対応することで、
高い回答回収率、自動グラフ化機能による課題解決への即効性が期待できます。
  • 〇目的に合わせたセミオーダーメイド設計
  • 専任スタッフのサポートでとにかくカンタン手間いらず!
  • 〇企業の持続的成長を目的とした改善サイクルを実現

⇒「スマレビfor360°」の詳細を見る

人材育成のマネジメントで達成すべき目標

「人材育成のマネジメントで達成すべき目標には何なのだろうか」と気になりませんか。
人材育成のマネジメントで達成すべきこととして、以下の5つがあります。
・社員の積極的な成長を促す
・経営理念と会社のあるべき姿の共有
・社員のモチベーションをアップさせる
・意識と組織文化を時代に合わせて変化させていく
・自立型人材育成
それぞれについて解説します。

社員の積極的な成長を促す

人材育成のマネジメントにおいて重要な目標としては、社員の成長を促すことが重要です。
理由として、社員の成長によって経営資源である「ヒト」の業務効率が最大化し、結果的には業績向上に結び付く可能性があるためです。
出来るだけ社員が会社の望む能力を身に着け活躍できるような人材育成をする必要性があります。

経営理念と会社のあるべき姿の共有

人材育成のマネジメントにおいては、社員が経営者の掲げる経営理念と会社のあるべき姿を共有することが重要です。
理由として、経営理念と会社のあるべき姿を社員と共有できていないと進むべき方向性が見えなくなるためです。
仮に会社の方針として「法令順守を行いコンプライアンス違反なく社会から信頼を得る」ということを掲げている一方で社員が法律違反をして社会からバッシングを受けるようなことになれば経営理念が社員に浸透できていないということにもつながります。
経営理念の浸透のために経営理念と会社のあるべき姿を社員と共有することは非常に重要です。

社員のモチベーションをアップさせる

人材育成のマネジメントを行うにあたっては社員のモチベーションをアップさせる必要性があります。
理由として、社員のモチベーションが低ければ人材育成で行う教育研修などの効果も薄れてしまうためです。
社員のモチベーションをアップできるような人材育成を行う必要性があります。

意識と組織文化を時代に合わせて変化させていく

人材育成のマネジメントは意識と組織文化を時代に合わせて変化させていくことが重要です。
理由として、あまりにも時代遅れな人材育成方針を取ってしまうと思わぬ批判を受けかねないためです。
必ず意識と組織文化を時代に合わせて変化させ、人材育成は時代に合ったもの育成方法として選択するようにしましょう。

自立型人材育成

これからの人材育成のマネジメントを行うにあたっては自立型人材の育成を意識するようにしましょう。
自ら課題を発見し、積極的に仕事を見つける能力が大切となるためです。
指示待ちではなく自分から仕事を積極的に提案できるような社員を育てるようにしましょう。

⇒初めての360度評価導入でも安心!専任担当のサポートでカンタン導入・運用~改善も手間いらず。

人材育成に必要なマネジメントスキルとは

人材育成に必要なマネジメントスキルとしては、以下のスキルがあります。
・リスクを管理する能力
・経営理念の徹底理解とその浸透のために発信する能力
・人を細かく観察し、適切に導ける能力
・現状把握できる能力
それぞれについて解説します。

リスクを管理する能力

人材育成のマネジメントスキルとしては、リスクを管理する能力が非常に重要です。
新聞等のメディアから情報収集をし、インターネットリテラシーを持ち企業が行っている業務や仕事の進め方が現在の社会規範から外れていないかどうかを把握する能力がなければ、間違った人材育成をすることにつながっていく可能性があるためです。
また、人材育成についても「すでに現在の価値観からは古くなっていないかどうか」なども把握する必要性があります。

経営理念の徹底理解とその浸透のために発信する能力

人材育成のマネジメントスキルとしては、経営理念の徹底理解とその浸透のために発信する能力が重要となっています。
理由として、発信する力が弱ければ経営理念を部下などに行き渡らせることができないためです。
自分自身がしっかりと経営理念を理解した上で、部下などに理念を行き渡らせることができなければ経営理念の浸透ができず現場と経営層で仕事に関する分断が起きる原因となります。

人を細かく観察し、適切に導ける能力

人材育成のマネジメントスキルとしては、人を細かく観察し、適切に導ける能力が必要です。
人を細かく見ることができなければ人材育成がうまくいっているかどうかを見極められないためです。
また、適切なタイミングで目標を再度認識させるなど適切に導くことができる必要性もあります。

現状把握できる能力

人材育成に必要な能力として、現状把握できる能力があります。
職場の現状などを把握できなければ、うまく人材育成をマネジメントできないためです。
適切にフォローを入れたり部署内で部下の話を聞いてみて自分なりにできることをして部下の育成を手伝っていくなどの現状把握する能力があれば非常に良い状態で人材育成を行うことができます。

⇒スマレビで自社の人事課題を解決する
  https://www.hrm-service.net/lp/360_feedback/

人材育成に必要なマネジメントスキルを伸ばすための方法とは?

「人材育成に必要なマネジメントスキルを伸ばすための方法にはどんな方法があるのだろうか」と気になりませんか。
具体的には、以下のような方法があります。
・現状分析能力を高める
・フィードバック能力を高める
・決断力を高める
それぞれについて解説します。

現状分析能力を高める

人材育成のマネジメントスキルを伸ばすためには、現状分析能力を高めることが重要です。
現状分析能力が高ければ先手を打って部下の人材育成に役立つことを思いつけるためです。
現状分析能力を伸ばすために様々なことを数値化するなどのトレーニングをしてみましょう。

フィードバック能力を高める

人材育成に必要なマネジメントスキルを伸ばすためには、フィードバック能力を高めるようにしましょう。
理由として、細かなフィードバックがなければ人材育成がうまく回っていかないためです。
なんとなく面談などのフィードバックをするのではなく「仕事で部下が伸び悩んでいるな」などの状況を察知して適切なタイミングで良いフィードバックを送るようにしましょう。

決断力を高める

人材育成のマネジメントスキルを伸ばすにあたっては決断力を伸ばすようにしましょう。
理由として、決断力のあるところを部下に示すことも人材育成につながっていくためです。
「判断が難しい場面でもこんな切り口で答えを出す方法があるのだな」という風に部下に対して自ら手本となって決断を行う方法を示すことで適切な決断を出来るように部下が育つ可能性があります。

⇒万全のセキュリティ・専任担当者の徹底サポートで担当者の負担軽減!年間80万人以上が利用、顧客満足度91.1%の「スマレビfor360」

まとめ

今回は、人材育成のマネジメントについて解説しました。
特に本文中で紹介させていただいた人材育成の目標を決めることと、達成のために努力することは非常に重要です。
目標設定と目標達成のために人材育成を行うことによってより人材育成の効果が確認できるためです。
良い人材育成を行うために心がけてみてください。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビ HRコラム編集部

スマレビは、株式会社シーベースが提供するHRクラウドシステムです。経営を導く戦略人事を目指す人事向けのお役立ち情報をコラムでご紹介します。