資料請求
人事評価システム「スマレビ」はこちら
コラム
カテゴリ

テレワークは将来起こること

2021.03.05 海外HR情報

リモートハウ(Remote-how)実施の調査によると、テレワークチームのマネージャーの圧倒的多数がテレワークは将来起こること(87%)と考え、96%が今後自分の職務の中でテレワークを管理するようになるのは確実であるとしています。

テレワークチームのマネージャーの圧倒的多数がテレワークは将来起こること(87%)と考え、96%が今後自分の職務の中でテレワークを管理するようになるのは確実である、としています。

完全にテレワークチームを管理し、さらにチームとの定期的な顔合わせを減らしているマネージャー達は、卓抜した自分の管理スキルを大いに評価しています。当初からリモート管理ということであれば、分散型チーム全員にとって優れた戦略となるようです。

2020年は今までのところ、個人的な選択または新型コロナウィルスの感染爆発による選択を問わず、多くの従業員がオフィス外で働くことになった年です。初めてチームをテレワークへ移行したというケースすらあります。現在の世界的状況において、マネージャー達はテレワークを選択し、今後テレワークチームに対して今より頻繁に主導権の発揮が必要かどうか疑問を抱いています。

仕事の未来が握っているものとは

リモートハウによると、ザ・リモートマネージャーズ2020(The Remote Managers 2020)調査では、そうなる、としています。本調査では、圧倒的多数のテレワークマネージャー達(529人)がテレワークは将来起こることであると考えているということがわかりました(87%)。ほとんど全員が、テレワークチームの管理が今後の職務になると確信しています(96%)。また大多数が5年間のうちにテレワークが「新たな標準」になると予想しています。

企業がマネージャーの支援方法を見つけることは依然として必須

社内に公式なテレワークポリシーがあるかという問いには、37%にあたる相当数が「ない」と回答し、「わからない」という回答は9%でした。テレワークマネージャーの育成への投資については、企業はまだ十分な支援をしていないと思われます。社内研修および育成プログラムを利用できると回答したのはおよそ5人に1人、オンライン上に保存された情報の利用については、さらに少ない結果となっています。テレワークチームの管理について何らかの研修に取り組んだ人の62%は費用を自分で負担していました。学びや、孤立、孤独との戦い方について助言者またはコーチに指導を仰ぐことができるのは、おおむね半数(43%)のリモートマネージャーのみです。

テレワークチームに賭けてみましょう、そうすれば従業員はさらに幸せになるでしょう

多くの職場で確固たるテレワークプロセス、ポリシーがないという状況でさえ、マネージャーの報告によると今までのところ最大のメリットは、テレワーク世界で名だたる「従業員がより幸せになる」というものです(59%)。一層グローバルなタレントプール(人材の確保)(57%)とほぼ同数で、より生産性の高い従業員(52%)がこれに続きます。従業員の個人的利益と、会社から見ての従業員から得るメリットが混在しているのがわかります。

テレワークチームの管理に必要なスキル

本レポートは、テレワークマネージャーの成功には一連の特定のテレワークスキルが必要であることを示しています。本調査で最も重要なこととして、コミュニケーションが大きくリードし(69%)、まとめ上げる能力(37%)、自制力(35%)と続きます。

テレワークチームの管理の職務に関しては、独自のチーム文化の定義、育成をリモートで実施、が最も困難なこととして位置づけられ、リモート会議の主催、実施は最も容易なこととして挙がっていました。完全にテレワークに移行したチームを持ち、メンバーと定期的に会うのをさらに減らしているマネージャーが卓抜した自身のマネジメントスキルを大いに評価しているのは興味深いことです。当初からリモート管理ということであれば、分散型チーム全員にとって優れた戦略のようです。

準備はできていますか?

テレワークチームの管理は、ただ単に在宅勤務ができるという範囲を超えた重要なスキルです。実際のところ、企業レベル、個人的レベルの両方で必要となる一連の特性、技量、戦略は全く違うものです。

ザ・リモートマネージャーズ2020は、その経験レベルを問わず、マネージャーと監督者が今日世界で進行中の状況の理解を手助けすることを目的としています。Doist社、TaxJar社、GitLab社、Owl Labs社、Whereby社、Prezi(プレジ)社、WorkRemote社、Remoters社、Torre社、Toptal社、GrowthHackers社など複数のテレワークに配慮した、またテレワークのみの企業から得た主要な情報を用いて、読者は最高のテレワークマネジメントの実地が可能となり、2020年を通じて、またそれ以降もチームを成功に導くことができます。

リモートハウは分散型チームリーダー達のコミュニティによる、コミュニティのためのプラットフォームです。

そこでは世界中から集まったトップレベルのテレワークマネージャーに会うことができ、自ら成長することができるオンラインキャンパスと考えてみてください。どなたでもマネージングバーチャルチームで、マネージャー、人事労務プロフェッショナルのための資格プログラムを用いてスキルアップが可能です。

ご質問は、マグダ・ソヴィエルツェンコのWebサイト:magda@remote-how.com、またはリモートハウのWebサイトからどうぞ。
レポートの詳細は、こちらをクリックしてください。

→原文はこちら

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


HR Digital Today

起業家、投資家、人事に関する意思決定者をつなぐHRテックのためのハブおよびニュース情報ポータルです。
アジア太平洋地域で急成長しているHRテック情勢に焦点を当てており、『スマレビ HR ONLINE』は『HR Digital Today』と提携・記事翻訳をしています。