ポストコロナとは?ポストコロナ時代に企業に求められる対応とは

ポストコロナという言葉はどんな意味なのだろうか」
ポストコロナの時代というけれど、企業は何をすれば良いのだろうか」
と気になっていませんか。
ポストコロナとは、コロナ禍のあとの世界を指す言葉です。
この記事を読めば、ポストコロナについて理解することができ、ポストコロナ時代にとるべき対策について理解することができます。
ポストコロナについて気になっている方はぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

→人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

ポストコロナとは?ポストコロナとは何か

ポストコロナとは、コロナ禍の後のことを指します。
アフターコロナと同意で使われることも多い言葉です。
コロナ禍の後でこれからどうするべきかなどの議論に際して、使われることもあります。

ポストコロナとはどのタイミングで使われる言葉なのか

「ポストコロナとはどのタイミングで使われる言葉なのかな」と気になっていませんか。
・ウィズコロナ
・アフターコロナ
・ポストコロナ
それぞれについて解説します。

ウィズコロナ

ウィズコロナとはコロナウイルスによる感染症が流行し、その流行の最中で生まれた言葉です。
コロナウイルスと共存してどう生活していくかという意味の言葉として使われることが多く、ウィズコロナの時代などという風に使われていました。
経済活動と感染症対策を同時にどう行うのかという議論の最中で最初に登場した言葉でした。

アフターコロナ

アフターコロナはウィズコロナを経てコロナ禍の後にどう日常生活を送っていくのかという議論の際に生まれた言葉です。
基本的にはポストコロナと同じ意味を持つ言葉です。
コロナ禍のあとにどうしていくべきかの対応を語る上で、ウィズコロナの後にアフターコロナという言葉ができました。

ポストコロナ

ポストコロナはコロナウイルスが社会に存在していることを前提として、これからどう共存していくのかというときに使われる言葉です。
ポストモダンやポスト資本主義などの言葉のニュアンスに近いものがありますが、コロナウイルスが社会に存在することが当たり前の状態においてこれからどうしていくべきなのかを語るときに登場する傾向にあります。
アフターコロナとほぼ同意義の言葉でもあります。

ポストコロナの時代にすべきことは何か

ポストコロナの時代にすべきこととしては、以下の4つがあります。
・3密を避ける
・手洗いうがいの徹底
・マスクの常時着用
・人との感覚を2メートル空ける
それぞれについて解説します。

3密を避ける

3密を避ける必要性があります。
3密とは、密集・密閉・密接のことを指します。
オフィスなどであっても出来るだけ人が密集することは避けるなどの配慮が必要となります。

手洗いうがいの徹底

手洗いうがいの徹底を求められます。
これまでも風邪予防として手洗いとうがいの重要性が説かれてきました。
ポストコロナの時代においてはより重要性が増し、コロナウイルスから自分自身を守る重要な対策となります。

マスクの常時着用

マスクの常時着用がポストコロナの時代では求められます。
口から飛ぶ唾液などの飛沫によって他人にコロナウイルスを感染させないために有効な手段とされています。
企業においてもマスクの常時着用は非常に重要となってきます。

人との感覚を2メートル空ける

人との間隔を2メートル空けることが重要となっています。
3密を回避するためです。
人との距離を空けておけば他人にウイルス感染をさせないようにある程度の対策を行うことができるとされています。

企業に求められるコロナ対策

「企業側にはどんなコロナ対策が求められるのだろうか」と気になりませんか。
具体的には、以下のコロナ対策が求められています。
・テレワーク
・成果主義制度導入
・エッセンシャルワーカーの賃金への対応
それぞれについて解説します。

テレワーク

テレワークによって3密を回避する努力を求められます。
テレワークを行うことによって人と人との接触を減らすことが出来るためです。
コロナウイルス感染拡大を防ぐために重要な仕事の進め方となります。

成果主義制度導入

テレワークの導入に伴って、成果主義制度導入が重要視されてきます。
理由として、テレワーク環境では仕事中の態度などが見えにくいためです。
出てきた成果物で人材の評価を行うようにすることでテレワークでも人材評価をしやすくなります。

エッセンシャルワーカーの賃金への対応

いわゆる製造現場や介護現場・接客業などの「出勤しなければならない職種」で働くエッセンシャルワーカーに対する賃金の向上が重要視されています。
理由として、テレワークを行うことができる人材である事務職の方が賃金が高い傾向にあるためです。
出勤が伴わないにも関わらず現場で労働しているエッセンシャルワーカーの方が賃金が低いということでは働き手も不足していく可能性があります。
賃金体系についてはしっかりと企業が見直しをしていく必要性があります。

ポストコロナを乗り切ろう

企業の努力でポストコロナを乗り切りましょう。
ポストコロナにおいては企業はしっかりと地道に制度改変などを行っていく必要性があります。
コロナウイルスで起こった変化は急激なものでしたが、コロナウイルスに限らずこれからもウイルスなどの脅威が起こった際に対応できるように災害対応をしっかりと行っていく必要性があります。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。