人材育成の課題とは?企業が抱える人材育成の課題と対応策

2021.02.04 人材育成

人材育成の課題とは何か」
人材育成をしっかりと行うために企業はどんな対策を取るべきなのだろうか」
と気になりませんか。
人材育成の課題としては予算や時間の不足など様々な課題があります。
課題を解決するためには少ない予算で大きな効果を狙うなどの対応策が重要です。
この記事を読めば人材育成の課題について理解することができ、解決する方法を知ることができます。
人材育成の課題について気になっている方はぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

→人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

人材育成の課題は5つ

「人材育成の課題とは何?」と気になりませんか。
人材育成の課題としては、以下の5つの課題があります。
・予算不足
・時間不足
・スキル不足
・意欲不足
・経験不足
それぞれについて解説します。

→企業が人材育成を行う目的や人材育成の目標達成のために必要な考え方を知る
「どうして人材育成は必要なのか?企業が意識したい目的とは?」

予算不足

人材育成の課題としては予算の不足があります。
理由として、社員を学校などに通わせたり、教育のための設備を導入するには非常に大きな費用がかかるためです。
予算不足でなかなか思ったような教育ができないと悩んでいる企業は多いといえます。

時間不足

教育にかける時間が不足しているという課題があります。
人材育成をしている社員は当然、他の仕事を持っているためです。
人材育成だけの専任者がいない場合には、教育に割ける時間が減ってしまいます。

スキル不足

人材育成を行うにあたって教育を行うスキルが不足しているケースがあります。
人材育成を行うためのノウハウなどが蓄積していないという背景があるためです。
特にいまから本格的な人材育成を行う企業は経験が十分に蓄積されていない可能性があります。

意欲不足

そもそも部下の育成にあまり興味がないといった意欲不足という問題があります。
人材育成は自分の本来業務ではないという考え方をしている社員も存在しているためです。
社員が意欲的に人材育成に取り組めるような体制を構築する方法がベターです。

経験不足

人材育成を行うにあたって経験が不足しているケースがあります。
現在、部下の指導にあたっている人材がそもそも人材育成のための教育をあまり受けたことがないというケースがあるためです。
自分たちが教育を実施してもらっていないのでどのようにすれば人材育成ができるのかなど経験不足ということもあり得ます。

人材育成の課題解決策5つ

「人材育成の課題を解決するためにはどうすればいいのか」と気になりませんか。
具体的には、以下の5つの解決策があります。
・少ない予算で大きな効果を狙う
・人材育成のための時間を業務時間として確保する
・人材育成の担当者自身のスキルをアップさせる
・人材育成される側の意欲をアップさせるためにどんな教育が望ましいかアンケートをとる
・長期的な視野で経験を地道に積んでいく
それぞれについて解説します。

少ない予算で大きな効果を狙う

少ない予算で大きな効果を狙う工夫が必要です。
予算は有限なためです。
例えば、研修を実施する場合など講師に会社に来てもらって受講するのではなく動画を購入して教育研修が必要な社員に配布して見てもらうようにするなどの工夫です。

人材育成のための時間を業務時間として確保する

人材育成のための時間を業務時間として確保する工夫をするようにしましょう。
理由として、ある程度は教育研修にだけ集中できる時間がないと人材育成は難しいためです。
人材育成担当者に選ばれる社員は優秀なことが多く、ただでさえ忙しいことが多いです。
出来る限り人材育成にだけ集中できる時間を確保するようにしましょう。

人材育成の担当者自身のスキルをアップさせる

人材育成の担当者自身のスキルをアップさせることが重要です。
人材育成を行うスキルは新卒入社時など毎年必ず必要となってくるためです。
人材育成に関するノウハウが蓄積されるように記録を取ってもらい、スキルアップを促すようにしましょう。

人材育成される側の意欲をアップさせるためにどんな教育が望ましいかアンケートをとる

人材育成される側の意欲をアップさせるためにどんな教育が望ましいかアンケートを取るようにしましょう。
社員が望んでいる教育がどんなものかを知ることで、教育計画などをうまく立てることができるためです。
社員が望む人材育成教育をしっかりと行うことで社員からの信頼感なども得ることが可能です。

長期的な視野で経験を地道に積んでいく

長期的な視野で経験を地道に積んでいくことが重要です。
企業に人材育成スキルを蓄積することが重要なためです。
人材育成は一過性のものではなく何年も継続して効果を狙うものであり、地道に続けることが最も大切です。

社員の経験年数に応じて教育を実施しよう

社員の経験年数に応じて教育を実施するようにしましょう。
具体的には、以下のような階層で分けて教育を実施しましょう。
・新卒社員・20代の若手社員の人材育成課題
・係長等の準管理職の人材育成課題
・課長職以上の管理職の人材育成課題
それぞれについて解説します。

新卒社員・20代の若手社員の人材育成課題

新卒社員・20代の若手社員の教育課題としては、基礎的なスキルとマナーの習得が課題となります。
理由として、仕事のスキル習得も重要ですが、それ以上に基礎的なマナーを身に着けることが若者にとっては重要なケースも存在ためです。
取引先や社内の先輩に認めてもらえるような仕事を出来るように人材育成するようにしましょう。

係長等の準管理職の人材育成課題

係長等の準管理職の人材育成課題としては部下の指導ができるなどの将来、課長職以上の管理監督者になるための教育を実施することが課題となります。
課長職以上になると部下の労務管理から育成指導・難易度の高い仕事が増えるためです。
いきなり管理職になってから勉強をするよりも係長クラスの間に教育を受けた方が心構えができやすいともいえます。

課長職以上の管理職の人材育成課題

課長職以上の管理職の人材育成課題としては、経営者側の考え方を吸収するための経営方針の徹底理解などが課題となります。
理由として、課長職以上の社員は労働組合を外れて完全に経営者サイドの人材となるためです。
経営者サイドの考え方で仕事を推進できるように経営者の考え方などをしっかりと理解し、遂行することができるように教育する必要性があります。

人材育成の課題を解決した企業の事例

人材育成の課題を解決した企業として、以下の企業があります。
・旭電気株式会社
・株式会社協和精工
それぞれについて解説します。

旭電気株式会社

中小企業庁によると、旭電機株式会社では、教育体制の構築と女性が働きやすい環境整備を行っているとのことです。
→参考:中小企業・小規模事業者の人手不足対応研究会中小企業・小規模事業者の人手不足対応事例集

新規事業のための体制を作るためにワンポイントレッスンで知識を手に入れ、女性の働きやすさを改善することで女性が働きやすい職場という評判を得ることができ採用活動にも良い影響があったとのことです。
教育制度の実施が採用など他の部分に良い影響を及ぼした好例です。

株式会社協和精工

中小企業庁によると、株式会社協和精工では社内塾を開催し意識改革とプロセス改革を行っているとのことです。

また、品質管理についても力をいれており、品質保証を担当する人材育成も行っています。
人材を育てて活かすように工夫をしているとのことです。

人材育成の課題を解決し、自社の業績アップと社員の成長を狙おう!

人材育成の課題を解決し、自社の業績アップと社員の成長を狙うようにしましょう。
人材育成の課題をクリアし続けることで様々な課題を経営課題を解決することができるためです。
人材が成長すればできることが増えて企業の成長にもつながっていきます。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360_02

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。