人材育成を実践している企業とは?人材育成を実施している企業ランキングを紹介!

2021.02.01 人材育成

「人材育成を行っている企業の事例が知りたい」
「人材育成を企業が行う目的とは何?」
と気になっていませんか。
企業が人材育成を行う目的としては、社員の成長に伴い会社も成長させることです。
また、変化に強い人材を育成することも重要です。
この記事を読めば、人材育成を企業が行うべき理由を理解することができ、他の企業の人材育成について知ることができます。
人材育成を企業が行う目的や他社事例が知りたい方は、ぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

→人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

人材育成を企業がする目的とはなにか?

「企業が人材育成をする目的とは何か」と気になりませんか。
具体的には、以下のような目的があります。
・企業を持続的に成長させていくこと
・変化に強い人材を育成する
・自立型の人材を育成する
それぞれについて解説します。

→企業が人材育成を行う目的や人材育成の目標達成のために必要な考え方を知る
「どうして人材育成は必要なのか?企業が意識したい目的とは?」

企業を持続的に成長させていくこと

人材育成の目的は企業を持続的に成長させていくことです。
人材育成を企業が行うことによって企業を持続的に成長させることができるためです。
人材が成長しなければ新しい事業を立ち上げたいと考えてもすぐに立ち上げられないなど成長のチャンスを企業が失う可能性もあります。

変化に強い人材を育成する

人材育成の目的として変化に強い人材を育成するという目的があります。
理由として、現代は経営環境の変化が激しい時代のためです。
日本企業が海外進出していることから国内の景気動向だけではなく海外の景気動向の影響なども受けるため変化が激しく、前向きに変化を受け入れていくことができる人材の育成が望まれます。

自立型の人材を育成する

人材育成の目的として、自立型の人材育成が目的となっている企業もあります。
グローバル展開している企業などでは現場主導で仕事を進めて判断していく必要性があるためです。
自分で判断して仕事を遂行する能力がある社員が増えるほど企業の力が強くなる傾向にあります。

人材育成を行うことによって企業が得られるメリット

「人材育成を行うことによってどんなメリットを企業は得ることができるのか」と気になりませんか。
人材育成を行うことによって企業が得られるメリットとして、以下のメリットがあります。
・人材育成に力を入れることによって企業が採用活動を行いやすくなる
・人材育成に企業が取り組むことで企業研修などがより充実する
それぞれについて解説します。

人材育成に力を入れることによって企業が採用活動を行いやすくなる

人材育成に力を入れることによって企業が採用活動を行いやすくなります。
理由として、人材育成に企業が力を入れることによって「この会社に就職したい」と新卒に思ってもらえる確率がアップするためです。
教育制度を充実させることによって応募者増加に期待することができます。

人材育成に企業が取り組むことで企業研修などがより充実する

人材育成に企業が取り組むことで企業研修などがより充実する傾向にあります。
企業全体で業績アップやコンプライアンス体制強化のために人材教育をしている状態になると自然と社員の意識が向上するためです。
企業内で実施される中堅社員による新卒社員研修などの中身もグレードアップされる可能性もあります。

【厚生労働省の人材育成企業からピックアップ】変化に強い人材育成・自立型人材育成に力を入れている企業ランキングと企業の人材育成事例紹介

厚生労働省によると、変化に強い人材育成・自立型人材育成に力を入れている企業として以下の5社が紹介されています。
・株式会社山田製作所
・松下金属株式会社
・日本山村硝子株式会社
・株式会社板垣鉄工所
・株式会社ニトリホールディングス
それぞれについて解説します。

株式会社山田製作所

厚生労働省によると株式会社山田製作所では自ら考え行動する人材育成に力を入れているということです。

→参考:厚生労働省 人材育成事例 株式会社山田製作所

教育研修として階層別研修・専門性研修・選択型研修・目的別研修を実施しているとのことです。
階層別教育で各職位に応じて行うべき仕事のレベルなどに応じて研修を実施しているといえます。

松下金属株式会社

厚生労働省によると松下金属株式会社では、自立型人材の育成を掲げて社員教育を行っていると紹介されています。

→参考:厚生労働省 人材育成事例 松下金属工業株式会社

独自の階層別教育と評価表を作成し、年2回のフィードバックを行うことによって従業員の強み弱みを把握し、社員自身に自覚してもらい弱みを保管する研修を実施しているとのことです。
成果としては顧客クレーム0と能率10%アップを達成しているとのことです。

日本山村硝子株式会社

厚生労働省によると、日本山村硝子株式会社では社員の当事者意識を高めて自発的に行動できる自立型人材の育成を目指していると紹介されています。

→参考:厚生労働省 人材育成事例 日本山村硝子株式会社

階層別教育とキャリア教育を行い社員の自律と自立を促進するとのことです。
またジョブローテーションなども積極的に行っており、社員の総合力をアップさせる取り組みを行っています。

株式会社板垣鉄工所

厚生労働省によると株式会社板垣鉄工所では自立型人材の育成に力を入れているということです。

→参考:厚生労働省 人材育成事例 株式会社板垣鉄工所

自律型人材の育成と労務管理と健康管理の充実で従業員の活性化も目指しています。
また、新教育システムを立ち上げるなど積極的な教育研修拡充を行っているということです。

株式会社ニトリホールディングス

厚生労働省によると、株式会社ニトリホールディングスは配転教育などを実施しているとのことです。

→参考:厚生労働省 人材育成事例 株式会社ニトリホールディングス

配転教育によって様々な部署を経験し、そのことによってスペシャリストを育てるという考え方です。
また、労働生産性の向上にも成功しています。

自立型人材と変化に強い人材を育成することが重要!

自立型人材と変化に強い人材を育成することが重要です。
これからの時代はグローバル化による経営環境の変化が早い時代に突入していくためです。
変化の激しい仕事環境の中でもしっかりと正しい判断をして仕事ができる社員を育成することが大切です。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360_02

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。