若手社員育成のコツとは?現代の若者育成を企業がうまくする方法を公開!

2021.01.28 人材育成

「若手人材の育成について悩んでいる。どうすればうまく出来るのだろうか」
「若手人材の育成にはどんな方法がベストなのだろうか」
と悩んでいませんか。
若手人材の育成は非常に難しい課題となっており、どの企業も頭を悩ませている問題です。
この記事を読めば、若手人材の育成方法について理解することができ、若手人材の育成方法でより良い方法を実践することができます。
若手人材の育成について悩んでいる方は、ぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

若手人材の育成は実は非常に難しい課題となっている!

若手人材の育成は実は非常に難しい課題となっています。
具体的には、以下の理由があります。
・ゆとり世代への接し方の難しさ
・困難な目標を克服することにあまり共感を覚えてくれない
・リモートワーク下でなかなかコミュニケーションがとれない
それぞれについて解説します。

ゆとり世代への接し方の難しさ

ゆとり世代は傷つきやすく、あまり競争を好まないため、接することが難しいと言われています。
過度に競争で勝つことに固執ないためです。
ただし、大企業ではゆとり世代への接し方などはすでにある程度熟知している段階にあります。
「ゆとり世代だからうまく育たない」というのは「自分たちには時代に合わせた若手人材への育成教育が出来ない」ことに対する言い訳だと他の企業に受け取られる可能性があります。

困難な目標を克服することにあまり共感を覚えてくれない

昨今の若手に関しては、困難な目標を克服することにあまり共感を覚えてくれないという傾向にあります。
そのため、難しい課題や大きな理想を掲げて教育するよりも、出来そうなレベルの仕事からコツコツと覚えてもらう方が共感されやすいです。
若手がついてこれるような適度な難易度で教育計画を立てる必要性があります。

リモートワーク下でなかなかコミュニケーションがとれない

リモートワーク下でなかなかコミュニケーションが取れないという事態が起こっています。
普段であれば同じ会社の中で話ながら出来るようなOJTなども機能しなくなっているためです。
適切に対応しなければ新人教育がまったくできないという状態にもなりかねません。

昨今の新入社員の性格の傾向

昨今の新入社員の性格の傾向として、以下の傾向があります。
・失敗を過度に恐れる
・仕事よりもプライベート重視
・第二新卒でもっと良い企業に転職を狙う傾向もあり、定着しにくい
それぞれについて解説します。

失敗を過度に恐れる

昨今の新入社員の性格の傾向として、失敗を過度に恐れる傾向にあります。
失敗をすることが恥ずかしいという気持ちが強すぎるためです。
新人なので失敗しても良いからトライさせるのではなく失敗をしないようにうまく見守っていく必要性があります。

仕事よりもプライベート重視

仕事よりもプライベートを重視する傾向にあります。
仕事に思い切り打ち込むよりも余力を残して遊びたいという考え方の若手が増えているためです。
ワークライフバランスを重視する時代なので悪いことではありませんが、仕事を早く覚えられるようにしっかりと指導していく必要性もあります。

第二新卒でもっと良い企業に転職を狙う傾向もあり、定着しにくい

あまり厳しく接しすぎると早期離職を招く可能性があります。
第二新卒枠での採用があるためです。
定着を重視する場合には厳しく接しすぎないことも重要です。

若手育成指導の計画・研修で重要なポイントは個性に合わせて指導すること

若手育成指導の計画・研修で重要なポイントは個性に合わせて指導することです。
具体的には、以下の点を重視しましょう。
・1人1人違うことを指導役が理解することが大切
・過度にプレッシャーを与えない
・古い価値観を押し付けない
・小論文等の文章を書かせるタイプの研修は減らそう
・セミナー等への参加などで他社の若手と交流する機会も持とう
それぞれについて解説します。

1人1人違うことを指導役が理解することが大切

1人1人個性があることを指導役が認識する必要性があります。
一気に同じ内容を教えて同じような社員を育成することを求める時代ではなくなりつつあるためです。
企業のカラーにある程度、社員が染まることも大切ですが、まずは社員の個性を尊重するようにしましょう。

過度にプレッシャーを与えない

過度にプレッシャーを与えないようにしましょう。
プレッシャーに弱い若手社員が増えているためです。
出来るだけプレッシャーをかけないように指導するようにしましょう。

古い価値観を押し付けない

年配者の価値観を若者に押し付けるのは避けましょう。
離職の原因となる可能性もあるためです。
「俺の時代はこうだった」という風な指導は避けるようにしましょう。
若手は「いまの時代に対応してくれない古い人だ」と苦手意識を持つ傾向にあります。

小論文等の文章を書かせるタイプの研修は減らそう

小論文等の文章を書かせるタイプの研修は減らすようにしましょう。
文章を書けない若手が非常に増えているためです。
苦手意識の強い課題を与えてもあまり効果を発揮しない可能性が高いです。

セミナー等への参加などで他社の若手と交流する機会も持とう

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360_02

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。

セミナー等への傘下などで他社の若手と自社の若手が交流する機会を持つようにしましょう。
あまり新卒採用で人数が確保できなかった場合にはかなり有効なためです。
自社以外の若手とはなんでも相談できるため、非常に良い効果を生むことに期待できます。

個性を尊重して若手育成に取り組もう

個性を尊重して若手育成に取り組むようにしましょう。
時代の変化に合わせて教育手法を変える柔軟性が企業に求められているためです。
しっかりと若手人材に合わせて教育を実施するようにしましょう。