MBOで重要な目標設定の方法とは?目標設定と達成までの重要なポイント7つ

2021.01.27 評価制度

MBOにおける目標設定はどのようにすれば良いのだろうか」
「MBOにおける効果的な目標設定はどんなものなのだろうか」
と気になりませんか。
MBOは目標管理型の人事制度のため、具体的に数値目標を決定することで効果的な目標設定を行うことができます。
この記事を読むことで、MBOにおける目標設定の方法について知り、目標設定を行うことができます。
MBOにおける目標設定について悩んでいる方は、ぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

→人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

MBOとは?目標管理制度であるMBOの特徴

MBOとは、目標管理型の人事制度のことを指します。
MBOの特徴として、会社全体の目標はある程度考慮されますが、個人単位または部署単位で設定した目標を達成することが求められるという点があります。
OKRが会社全体で個人目標を共有するのに対してMBOは個人単位・部署単位で設定した目標を個人が達成するという点で異なる点があります。

MBOの目的と効果

MBOの目的として、本来は従業員が自主的に目標を設定し、目標を達成するために行動することでモチベーションをアップさせることでした。
しかし、日本企業においては成果主義の人事制度の際に導入した企業もあり、会社の業績向上のために個々人が努力しインセンティブを与えることでモチベーションアップを期待した制度となっていることも多いです。
MBOの効果としては年功序列的な賃金制度を脱して職種によっては成果で人材を評価することができるなどの効果があります。

MBOの目標設定の重要なポイント3つ

MBOの目標設定で重要なポイントはどんなポイントなのだろうか」と気になっていませんか。
具体的には、以下の3つのポイントがあります。
・目標の難易度設定をよく考える
・必ず目標には期限を設定する
・会社全体目標と個人の目標を連動させる
それぞれについて解説します。

目標の難易度設定をよく考える

目標の難易度設定について、社員とよく話し合いをする必要性があります。
目標の難易度設定が難しすぎても、簡単すぎても効果が出ない可能性があるためです。
努力して届くか届かないかのレベルの目標を設定するようにしましょう。

必ず目標には期限を設定する

必ず目標には期限を設定するようにしましょう。
理由として、期限がなければ効果測定が難しいためです。
いつまでに売り上げ目標等の数字を達成できれば評価されるのかなどを明確にしましょう。

会社全体目標と個人の目標を連動させる

会社全体の目標と個人の目標をある程度は連動させるようにしましょう。
理由として、会社の目標と個人の目標が連動していることで個人のモチベーションがアップする可能性があるためです。
自分が注力している仕事が本当に会社で役立っているのかなどを確認することにもつながるため、やりがいを感じやすくなる可能性が高まります。

設定した目標を達成するためのポイント4つ

「設定した目標を達成するためにはどんなポイントがあるのだろうか」と気になっていませんか。
具体的には、以下の4つのポイントがあります。
・効果測定を細かく行う
・フィードバックを定期的に行う
・従業員のモチベーションを維持するための施策を行う
・全社または部署で意識を共有する
それぞれについて解説します。

効果測定を細かく行う

効果測定を細かく行うようにしましょう。
理由として、効果測定の頻度があまりに少ないと目標を達成できているかどうかを確認できないためです。
出来るだけ効果測定は月1回は行うなどして、成果を確認するようにしましょう。

フィードバックを定期的に行う

フィードバックは定期的に行うようにしましょう。
理由として、フィードバックが少ないと上司と部下の間で目標設定当初のことを忘れてしまう可能性があるためです。
定期的にフィードバックを行うことで、上司と部下の間での仕事に対する目標や求める成果、会社全体として現在重視していることなどを伝えるようにしましょう。

従業員のモチベーションを維持するための施策を行う

従業員のモチベーションを維持するための施策を行うようにしましょう。
モチベーションを維持するための施策がなければ目標達成することが難しいケースも存在するためです。
部下が目標達成するために必要なサポートがどんなものかをアンケートしてみて、実行できるものであれば実行していきましょう。

全社または部署で意識を共有する

全社または部署単位で意識を共有するようにしましょう。
会社全体の目標を最初に設定しているため、あまりにも意識がズレていると最終目標達成が難しくなる可能性があるためです。
出来るだけ全社または部署で目標達成に向けての意識を共有するようにして、目標達成できる社員を増やすようにしましょう。

MBOは目標設定と達成までの道程をしっかりと考えるようにしよう

MBOは目標設定と達成までの道程をしっかりと考えるようにしましょう。
理由として、目標設定と達成までの道程を考えておかないと、後になって軌道修正が効かないばかりか、成果の確定の時期になってほとんどの社員が目標達成できていないという事態にもなりかねないためです。
目標を設定して制度をスタートしたら、目標を達成できるように社員をサポートしていきましょう。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。