人材育成の方針の決め方は?理念の発信が重要!

2020.11.09 人材育成

「人材育成の方針はどのように浸透させれば良いのだろうか」
「社員に浸透しやすい人材育成の方針とはどんなものなのだろうか」
と気になっていませんか。
人材育成方針を決定して浸透させるためには文章化することや、フォローのためにしっかりと取り組みを継続する必要性があります。
この記事を読めば、人材育成方針を浸透させる方法について理解することができます。
人材育成方針の浸透について悩んでいる方は、ぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

→人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決!導入企業満足度90%以上を誇る「スマレビfor360」の詳細はこちら

人材育成方針とは?

人材育成方針とは、人材を育成する上で会社が決定すべき方針のことを指します。
具体的には、自分で考えて動くことが出来る人材が欲しいのか、それとも、会社の命令をしっかりとこなす社員が欲しいのかなどです。
人材育成の方針が定まっていないと、人材育成の方向性がブレるため失敗する可能性が高くなります。

人材育成の方針を浸透させるには?

「人材育成の方針を浸透させるにはどのような方法があるのだろうか」と気になりませんか。
具体的には、以下のような方法があります。
・人材育成方針を文言にする
・管理職へ展開する
・労働組合員や一般社員へと展開する
・定期的に見直しを行いながらも周知を続ける
それぞれについて解説します。

人材育成方針を文章にする

人材育成方針をまずは文章などの文字にするようにしましょう。
理由として、人材育成方針がうまく文章になっていないと方針を周知できないためです。
また、文章になっていれば「わが社の行動指針はこれだったな」と社員が何度も見ることが出来るので行動基準に迷ったときに判断する基準にすることもできます。
出来れば会社の共有フォルダや、会議室の卓上などに人材育成方針などに関連する文章を掲示していつでも見ることが出来る状態にしておきましょう。

管理職へ展開する

まずは管理職へ展開するようにしましょう。
理由として、まずは管理職が人材育成方針を理解していなければ、一般社員への指導が難しくなるためです。
出来るだけ管理職から展開して一般社員へとおろしていくようにしましょう。

労働組合員や一般社員へと展開する

管理職への人材育成方針の展開が終わったら、労働組合員や一般社員へと展開するようにしましょう。
管理職から直属の部下へ、直接説明する方法が出来れば望ましいといえます。
人事部等の管理部門から展開するよりも直属の上司とコミュニケーションを取りながら展開した方がより具体的で分かりやすくなる傾向にあるためです。
会社側の方針と一般社員の理解度にあまりに差異がある場合には人事からフォローを入れ、あとは現場に任せる方がより理解が深まります。

定期的に見直しを行いながらも周知を続ける

定期的に人材育成方針の見直しを行いながらも周知を続けるようにしましょう。
昨今では事業環境の変化が激しいため、適した人材像がすぐに変わることもあるためです。
ただし、1年間程度は同じ方針を貫くなど、社員からの信頼を損ねないスパンで見直しは行うようにしましょう。

他社はどんな人材育成方針を持っているのか

「他者はどんな人材育成方針を持っているのかな」と気になりませんか。
以下の企業の人材育成方針があります。
・トヨタ自動車
・パナソニック
それぞれについて解説します。

トヨタ自動車

トヨタ自動車の人材育成方針は「知恵と改善」「人間性尊重」にあるとされています。

→参考:詳細解説(トヨタの人材育成)

トヨタ自動車は従業員1人1人の考える力や創造力が大事な経営資源であると謳っています。
改善を行うことでしっかりと利益を出していくメーカーらしい人材育成方針であるといえます。

パナソニック

パナソニックの人材育成方針は、多様な人材の活用となっています。

→参考:パナソニック 人材育成・多様性:人材育成

グローバル企業を目指しており、従業員の個性を活かすダイバーシティの推進を行っているようです。
業績連動型の報酬体系の採用など、成果主義の考え方の取り込まれています。

人材育成方針を作成し、浸透させることでより人材育成が成功しやすくなる

人材育成方針を作成し、浸透させることでより人材育成が成功しやすくなります。
人材育成がしっかりと文章などによって浸透されていると、各社員が自己判断で仕事を仕事を進めやすくなるためです。
反対に、人材育成方針が固まっておらず周知徹底されていないと「どう行動すれば良いのか」が分からず、人材育成が阻害される可能性があります。
人材育成方針をしっかりと固めて周知徹底することで、人材育成の浸透を深めるようにしましょう。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360度評価支援システム「スマレビ for 360°」

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価支援システム「スマレビ for360°」


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。