人材育成計画の立て方と計画書の作成方法

2020.08.27 人材育成

人材育成の計画を立てたいのだけれど、どうすれば良いのだろうか」
「人材育成の計画を具体的に立てるにはどんなことが必要なのだろうか」
と気になっていませんか。
人材育成計画を立てる場合には、まずは求める人材像を明確にする必要性があります。
求める人材像がハッキリとしないと人材育成をどのように進めるのかなどが明確化せずにうまく計画を立てられない可能性があるためです。
この記事を読めば、人材育成の計画を立てる方法について理解することができます。
人材育成計画の立て方について悩んでいる方はぜひ、最後まで読んでいって下さいね。

人事評価の課題をラクラク解決 スマレビ

人材育成計画作成前に人材像を明確にしよう

人材育成計画を立てる前に求める人材像を明確にするようにしましょう。
理由として、どのような人材に社員が育つのが理想なのかなどの人材像を確定させておかないと教育計画を組みにくくなるためです。
仮に自発的に動ける人材が欲しいといっているのに机に座ってひたすら教本を読むタイプの人材育成を行っても効果は薄いといえます。
どんな人材が望ましいのかは必ず確認するようにしましょう。

人材育成計画を立てよう

「人材育成計画を立てるにはどうすれば良いのだろうか」と気になりませんか。
具体的には、以下のようにして人材育成計画を作成していきましょう。
・会社の理念の明確化
・現状を把握する
・段階的な目標設定を行う
それぞれについて解説します。

会社の理念の明確化

会社の理念を必ず明確化しておきましょう。
会社の理念が明確化していないとどのように人材を育成して良いかハッキリしないためです。
できれば文章化するなどして、誰が見ても分かる状態に理念を可視化出来るようにしましょう。

現状を把握する

社員の現状を把握するようにしましょう。
社員の現状を把握できていないと人材育成のレベルの決定ができません。
「正直、そこまでのレベルを求められるなら他の会社に行くな」と社員がプレッシャーを感じてしまうレベルの人材育成計画を立てるとかえって逆効果になります。
社員がどこまでのレベルであれば人材育成方針を受け入れられるのかは必ず事前にチェックしましょう。

段階的な目標設定を行う

いきなり高い目標を掲げることは避けましょう。
突然、高いレベルの人材育成計画を立てると社員は「ついていけない」と拒絶反応を示す可能性があるためです。
段階的にクリアできそうなレベルの目標を立てて人材育成計画を立てるようにしましょう。

人材育成計画を人材育成計画書に落とし込む

人材育成計画が出来たら必ず人材育成計画書を作成しましょう。
書面に落とし込むことが出来なければ、目標を達成することが難しくなるためです。
出来るだけ文章に落とし込めるように人材育成計画は具体的に作成しましょう。

人材育成計画表を作成する

人材育成計画表を作成するようにしましょう。
入社何か月後までにどれだけの目標を達成できたのかなどで人材育成計画の目標が決まります。
目標を定めて、達成するためにどんなフォローが出来るのかなどを含めて人材育成計画書を作成しましょう。

人材育成計画書の例

人材育成計画書の例として、以下の例があります。
・入社1年以内に出来ておいて欲しいことと計画を立てる
・入社3年後までに出来て欲しいことと計画を立てる
・入社5年後に達成すべきレベルについて確認できようにする
それぞれについて解説します。

入社1年以内に出来ておいて欲しいことと計画を立てる

入社1年以内に出来ておいて欲しいことをベースに計画を立てるようにしましょう。
具体的には、入社1年後までに営業先に先輩同行無しで回ることができるなどの項目です。
達成できていれば次のステップへ進み、達成できていない場合には営業周りについて自信を持たせるなどのマインド面での指導を先輩社員が行うなどのフォロー計画を立てましょう。

入社3年後までに出来て欲しいことと計画を立てる

入社3年後までに出来て欲しいことと計画を立てるようにしましょう。
具体的には、単独で営業先の新規開拓や既存顧客に対して提案営業できるなどの項目です。
項目をクリアできるようにしっかりと育成計画を立てましょう。

入社5年後に達成すべきレベルについて確認できようにする

入社5年後に達成すべきレベルについて確認できようにしましょう。
単独での営業活動はもちろん、売掛金の回収漏れがないかや取引先からのクレーム対応ができるなどの項目を設けましょう。
達成できている場合には新たな目標を立て、達成できていない場合にはしっかりと指導を行い目標達成を目指せるようにしましょう。

人材像を明確にして、人材育成計画を立てよう

求めている人材像を明確にして、人材育成計画を立てましょう。
自社の求めている人材像が明確になることで人材育成の計画が作成できます。
目標を設定し、達成できるように育成計画を立てるようにしましょう。

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360_02

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価ならスマレビ 人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決。


スマレビHR ONLINE 編集部

スマレビ人事評価・サーベイナビは、人事や評価制度などに関するお役立ち情報をコラムでご紹介します。
360度評価に関することはもちろん、人材育成・能力開発や採用など、さまざまな人事関連の情報を発信しています。