インテリジェントテクノロジー(ディープラーニング)へ向けて 驚愕の変化を遂げたリクルーティング

2020.07.29 海外HR情報

RChilli Inc. CEOヴィネイ・ジョハール

HR(人事)テクノロジーが進歩し、採用プロセスが大きく改善されていることには驚くばかりです。AI(人工知能)、マシンラーニング(機械学習)、およびディープラーニング(深層学習)の概念に見る新たな進歩には目を見張るものがあります。インテリジェントテクノロジーを採用プロセスに導入することは、現行のプロセスを簡略化するだけでなく、優秀な人材の採用にも役立ちます。

ところで、これらのIT用語の違いをご存じでしょうか?
ほとんどの人が、これらの概念を新たな技術用語として理解していますが、各々違う意味を持っています。AIは話すこと、または文字データに基づく会話の処理ができますが、コンピューターシステムがタスクの実行にアルゴリズムを利用する場合はマシンラーニングと言います。
一方、ディープラーニングはマシンラーニングというくくりのひとつであり、アーティフィシャルニューラルネットワーク(人工神経ネットワーク)を基にしています。
ムーア・インサイツ・アンド・ストラテジーは、「ディープラーニングではプロセッサーにデータの供給を待たせることなく、大量のデータを供給する必要があります」としています。

採用プロセスで良い結果を得られるよう、HRテクノロジー業者はディープラーニングテクノロジーを取り入れています。RChilliはディープラーニング履歴書解析モジュールを発売します。

以下もご参照ください。パワフルディープラーニング・レジュメパーシングモジュールの発売

人事評価の課題をラクラク解決 スマレビ

ディープラーニング-リクルーティングの革新的な進化で優秀な人材獲得を

ディープラーニングは、HR、ヘルスケア、金融サービス、小売りなど、ほぼ全ての業界のゲームチェンジャーと言えます。
採用活動では、高精度で完璧に履歴書を解析するには、最新かつ最高クラスのテクノロジーが必要であり、ディープラーニングの重要性が増すのは、まさにこの分野なのです。

活用法は?

満足な結果を得るために、実際にこの最新テクノロジーをどう活用できるのか、興味をお持ちですか?
ディープラーニングは履歴書解析の有効範囲を広くし、アルゴリズムを用いた大量のデータ処理の結果、一層履歴書データの識別精度を増し、エラー率をさらに少なくします。
また、ディープラーニングが自動的にデータ内のパターン(特徴)を発見する能力は、新たなマイルストーンに達したことの現れで、履歴書解析プログラムにおける、より急速な改良と進化の始まりを示しています。
ディープラーニングが行う新しい知識の追加プロセスの簡略化は、これまで手作業で知識を集め行ってきた履歴書解析プロセスの自動化を意味しています。

解析機能の構築にどう取り入れるのか?

履歴書解析機能の構築には、バックエンドで包括的にテクノロジーを使用する必要があります。RChilliのチームは、AI、NLP(自然言語処理)、およびマシンラーニングが採用活動をどう改善するかの解析に向け長年リサーチしてきました。
RChilliのテクノロジースタックがどういったものか興味をお持ちでしたら上記画像をチェックしてみてください。

→原文はこちら

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    360_02

  • クラウド型360度評価支援システムなら
    「スマレビ for 360°」

    ■わかりやすいレポートで自己分析!
    本人評価と他者評価のギャップから、対象者の強みと課題を明確にします。
    ■フィードバック業務の負担も大幅削減!
    自動リマインドで徹底管理!改善計画の確認や振り返りの失念を防止します。

360度評価ならスマレビ 人事評価(360度評価)の課題をラクラク解決。


HR Digital Today

起業家、投資家、人事に関する意思決定者をつなぐHRテックのためのハブおよびニュース情報ポータルです。
アジア太平洋地域で急成長しているHRテック情勢に焦点を当てており、『スマレビ HR ONLINE』は『HR Digital Today』と提携・記事翻訳をしています。