2020.05.13その他 , 採用

WEB面接に切り替えた企業の採用への影響は?

WEB面接
コロナウイルスの影響で、
「WEB面接を導入しようと考えているけれど、うまく行くのだろうか」
「仮にWEB面接を導入する場合、どんな課題があるのだろうか」
と不安になりませんか。
WEB面接は、応募者が自宅から面接に参加できる便利なシステムです。
この記事を読めば、WEB面接を導入するにあたって注意すべき点や課題を理解し、自社にスムーズにWEB面接を導入することができます。
WEB面接の導入に悩んでいる方は、ぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

【重要】WEB面接業務の影響で合格率が下がった企業もある

MONOistによると、WEB面接業務の影響で合格率が下がった企業もあるというニュースが出ています。
→参考:MONOist増えるWeb面接、合格率下降ぎみ――新型コロナウイルスで採用現場にも変化 (1/2)

WEB面接になったから合格率が下がったというよりも、コロナウイルスの影響で採用に関して企業が採用に慎重になっているという傾向が見えるということです。
実際のWEB面接となると、身振り手振りといったパフォーマンスなどが伝わりにくく、言語でのみ判断されるので、合格率が下がっている可能性もあります。
上手く面接官に言葉だけで伝わるような話し方をする必要性があります。

WEB面接とは?オンラインで面接を行うシステムのこと

WEB面接とは、オンラインで面接を行うシステムのことを指します。
SkypeやZOOMといった無料のビデオチャットツールを活用するなどして、応募者が自宅から面接ができるシステムです。
非常に便利ですが、懸念点があり、うまく運用するにはテクニックが必要です。

WEB面接の課題

「WEB面接は便利そうだけど、どんな弊害があるのだろうか」と気になっていませんか。
具体的には、以下のような課題があります。
・WEB面接の場所の確保
・WEB面接におけるスマホの通信状態の問題
・WEB面接における服装は何が良い。イヤホンはどうすればよい。企業がしっかりと指示を出す必要性がある
・WEB面接に適したツールやシステムは何か
それぞれについて解説します。

WEB面接の場所の確保

WEB面接の場所の確保が難しいという課題があります。
企業側は会議室を用意するなどの対応策がとれますが、応募者側は自宅をカメラでのぞかれる状態になります。
プライバシーを尊重するため、壁紙設定をできる機能を搭載したビデオチャットツールを活用するなどして、最大限配慮しましょう。

WEB面接におけるスマホの通信状態の問題

WEB面接におけるスマホの通信状態について懸念点があります。
自宅ではなく出先で応募者が面接してくる場合など、通信状態が良くない可能性もあります。
通信が断絶しても評価には影響しないなどのアナウンスを事前に行うようにしましょう。

WEB面接における服装は何が良い。イヤホンはどうすればよい。企業がしっかりと指示を出す必要性がある

WEB面接における服装は何が良いのかなど、出来れば企業側から情報と指示を出すようにしましょう。
イヤホンの使用は可能なのか、出来ればスーツが良いのかなどを事前に伝えないと、応募者が戸惑うためです。
出来るだけ応募者に悩みを与えないような体制を取りましょう。

WEB面接に適したツールやシステムは何か

WEB面接に適したツールやシステムは、自社に最も適したものを選ぶようにしましょう。
無料で活用できる会議用のツールで、採用に応用できるツールもあれば、採用面接に特化したツールもあります。
また、応募者が出来るだけ簡単に活用できるものを選ぶことも大切です。

WEB面接の流れはどんなもの

WEB面接の面接の流れとしては、以下のような流れとなります。
1.応募を採用担当者が受け付ける
2.応募者に対してメールで日程調整をお願いする
3.日程を確定したら、ログインすれば面接できるようなツールのリンクにログイン時間を指定してお願いする
4.面接時間にお互い、ログインする
出来るだけ情報を細かく指定するようにしましょう。
特に実際の面接開始時間にログインしようとすると、どちらかが待っている状態になる可能性があります。
面接開始の3分前にはログインをお願いするなど、配慮するようにしましょう。
面接官が早くログインしすぎるのも応募者にプレッシャーを与えることになる可能性があります。

WEB面接で録画面接など便利なものもある

WEB面接でも、録画面接など便利なものがあります。
応募者に対して質問を設定しておき、録画で質問に答えてもらい、録画したものを送ってもらいます。
時間の制約がなく、いつでも面接を受けてもらえるなどのメリットがあります。

WEB面接の注意点

「WEB面接を企業が実施するにあたっては、どのような注意点があるのだろうか」と気になりませんか。
具体的には、以下のような注意点があります。
・面接マナー違反にならないように事前に応募者にアナウンス
・明らかにカンペを使用している場合、自分の言葉で話すようにお願いする
それぞれについて解説します。

面接マナー違反にならないように事前に応募者にアナウンス

面接マナー違反にならないように、事前に応募者にアナウンスをしましょう。
出来るだけ画面に見られたくないものが映らないようにする、通信状況が良い場所で面接に臨んでもらう等の簡単なアナウンスでも安心感を与えられます。
応募者に「これは絶対に辞めて欲しい」ということを事前に伝えるようにしましょう。

明らかにカンペを使用している場合、自分の言葉で話すようにお願いする

明らかにカンニングペーパーのようなものを読んで面接に来ている応募者がいたら、出来るだけ自分の言葉で話すようにお願いするようにしましょう。
明らかにスラスラと言葉が出すぎている、感情がこもっていないなど、注意して応募者の話を聞く必要があります。
出来るだけ応募者の方の言葉と熱意を引き出すようにしましょう。

WEB面接で合否を出すことに慎重になりすぎず、普段の合格判定ラインを大切にしよう

WEB面接で合否を出すことに慎重になりすぎず、普段の合格判定ラインを大切にするようにしましょう。
WEB面接で「実際に会っていないから」ということで、細かな点が気になって不採用にしてしまうのはNGです。
面接の場所が会社の一室から応募者の自宅に変わっただけのことなので、場所が変わっただけで判定が変わるような面接の仕方は会社自身が何か面接手法に問題を抱えている可能性があります。
面接マナーなどは応募対応の際に本人に、メール送信で気を付けて下さいと一言告げておくだけで対策しやすくなるため、出来るだけ配慮をするようにしましょう。