2016.08.22360度評価 , 人事制度・評価

【人事制度改革】人事評価の再構築と360度評価の組み込み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6631-00074-1

会社を継続して発展させていくためには、人事制度をしっかりと整備することが重要です。中でも人事評価制度は、経営インフラの基盤ともなる重要な制度です。しっかりとした人事評価制度がないことは、社員のモチベーションの低下や離職率の上昇につながり、会社の健全な発展は見込めません。また、年功序列の考え方のみで人事評価を行うことは、若い人材をつなぎとめられないばかりか、賃金コストの負担も大きくなります。

今回は、人事評価制度の再構築におけるポイントと、近年注目を浴びている人事評価制度「360度評価」を導入する場合の注意点をご紹介します。

人事評価制度の見直しポイント

【1】年功序列を廃止する

6631-00074-2人事評価制度を改革する場合は、まず年功序列の考え方を捨てる覚悟が必要です。年功序列をベースにした制度は若い社員のやる気をそぐだけでなく、高年齢の社員の間にも「やってもやらなくても同じだ」という悪い風潮を生じさせる原因になります

 

 

 

 

 

【2】客観的な評価基準を設定する

人事評価では、評価の基準を明確に設定することも大切です。具体的で明確な基準がなければ、正確に人材を評価することができません。評価の基準がずさんなまま改革を進めた場合、評価される社員は納得せず、モチベーションの低下にもつながるでしょう。

【3】考課者を教育する

6631-00074-3人を「評価」するためには、スキルが必要です。人事評価制度を改善していくためには、人材を評価する考課者も訓練を積む必要があります
考課者は、個人的な人間関係や感情に左右された評価を下してはなりません。また、事実をもとに、適切な評価をすることが求められます。

 

 

 

 

 

【4】社員の理解を得る

社員に対してブラックボックスになっているような制度では、改革をする意味がありません。事前にしっかりと人事評価制度の再構築の目的と内容を説明し、社員の理解を得る努力が必要です。社員に納得してもらって初めて、効果のある評価制度を構築できます

 

人事評価に360度評価を導入するときの注意点

6631-00074-4人事制度を再構築するための有効な方法として、「360度評価」が注目されています。360度評価とは、上司からだけでなく同僚、部下、取引先など仕事で関係するさまざまな人から評価を受ける方法で、「多面評価」とも呼ばれています。

日本でも、人事評価制度の改革を目指して360度評価を導入する企業が増えました。

 

360度評価は、客観的な評価を集めるに効果的な方法です。しかし、考課者の多くは人事評価の特別な訓練を受けていないため、あいまいな評価が行われる場合もあります。

360度評価を導入する際は、導入目的をしっかり説明し、評価者に対して、客観的な評価を下すよう丁寧に説明や教育を行いましょう。

人事評価制度に360度評価を導入することは、旧態依然とした人事制度を改革する上で非常に効果的な手法です。しっかりと満遍なく意義や効果を周知することにより、360度評価のポジティブな効果が現れやすくなるでしょう。

おわりに

人事制度の改革を進めるためには、社員の協力がなによりも重要です。何も説明することなく、いきなり新制度を進めては、社員間に不安が生じ、新制度への移行もスムーズにいきにくくなるでしょう。特に、360度評価のような革新的な評価方法を導入する際は、どのように運用するのか、どのようなメリットがあるのか、社員全員に十分理解させる必要があります。

会社を発展させる原動力は社員1人1人の活力です。社員のモチベーションが上がるような評価方法で、目に見える成果を出していきましょう。会社の利益に寄与してくれる社員を正しく評価するためにも、正しい過程を踏みながら360度評価を導入することが大切です。

ASP型360度評価支援システムならスマレビfor360°

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
人事評価ナビ編集部

人事評価ナビ編集部

人事考課の評価基準や人事面談や多角的な360度評価など、人事評価に関するお役立ち情報を発信しています。