2016.08.22360度評価 , 人事制度・評価

360度評価のテンプレート作成に利用できる評価項目サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

360-evaluation-item-sample

360度評価のテンプレートに使える評価項目サンプル

「課題思考力」や「コミュニケーション」、「リーダーシップ」や「プレゼンテーション力」など、360度評価の評価項目は多岐にわたります。360度評価を受ける社員の役職によっても質問内容は異なるため、課題と目的を明確にした上で評価項目を選択することが大切です。
以下に、評価項目と評価項目に関する行動目標(質問)の一例をご紹介します。360度評価のテンプレートとして利用いただければ幸いです。

【1】 課題思考力

challenge-thinking

  • 新しい情報を素早く取り入れて、活用している
  • 常にビジネス環境の変化を観察し、会社やチームが解決すべき課題を考えている
  • チームや部門が果たすべき使命や強み、弱みを理解している
  • 自分の考えやアイディアを積極的に提案している

【2】 業務遂行力

business-execution-capabilities

  • 適切な時間配分で作業を行っている
  • 他者や他の部門と協力し合って業務を遂行している
  • 業務の進捗状況を常に把握し、問題が発生したときにも素早く対処を行っている

【3】 目標達成志向

goal-oriented

  • 意欲的な目標を持ち、達成に向けて前向きに取り組んでいる
  • チームや部門全体に目標達成への強い意識を持たせている
  • 部下の目標達成に適切な支援をしている

【4】判断力

  • 適切な情報に基づき、合理的な意思決定を行っている
  • 必要とされるタイミングに判断を行っている
  • 判断に客観性が保たれている

【5】リーダーシップ

  • 常に、目標とする方向性や方針を部下に説明している
  • 部下や周囲の人からリーダーとして支持されている
  • 部下や周囲の人が困っていることを察知し、素早くフォローしている

【6】コミュニケーション

  • 気軽に話しかけられる雰囲気を作り、円滑なコミュニケーションを心掛けている
  • 会社の方針を理解し、部下や組織内に伝達している
  • 周囲の人に好意的な態度で接している
  • 他部門の人とも積極的に交流し、相互理解のもとに助言を行っている

【7】人材育成

  • 部下の仕事ぶりを観察し、必要に応じて適切にフォローしている
  • 部下に指示するばかりではなく、部下自身に考える機会を与えている
  • 部下の能力や性格を把握した上で、計画的に後継者の育成を行っている

【8】組織の動機づけ

  • 組織の士気向上に努め、参画意識を高めている
  • 地位に関わりなく、他者の意見を認めている
  • 部下に幅広く、意欲的な仕事を与えている

【9】経営理念理解

  • 会社の経営理念や方針をよく理解している
  • 担当部門の方向性を具体的に打ち出している
  • 自身や部下が会社理念に沿った行動を取れているか、常に確認している

おわりに

360度評価のテンプレート作成に利用できる評価項目サンプルをご紹介しました。360度評価は、自己理解や他者への理解を通して、社員の自発的な成長を促す評価制度です。効率的な評価が可能となる一方、評価の経験がない社員が評価者となることにより、直接的な批判コメントが記載されたり、主観的で偏った評価がされたりする恐れもあります。

導入の際は事前に社員への説明会や研修などをきちんと行い、360度評価への理解を深めた上で実施することが大切です。また、評価者として負担を担う社員に不満を与えないよう、評価後のフィードバックやフォローもしっかり行ってください。

ASP型360度評価支援システムならスマレビfor360°

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
人事評価ナビ編集部

人事評価ナビ編集部

人事考課の評価基準や人事面談や多角的な360度評価など、人事評価に関するお役立ち情報を発信しています。